水素水を飲んではいけない・ダメな人の特徴は?逆におすすめの人も紹介!

水素水を飲んではいけない・ダメな人がいるのを知っていますか?今回は、〈腎臓が悪い人・幼児〉など水素水を飲んではいけない人を紹介します。逆に水素水を飲むのにおすすめの人や、効果的な飲み方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 水素水を飲んではいけない・ダメな人がいるって本当?
  2. 水素水を飲んではいけない・ダメな人の特徴は?
  3. 【前提】そもそも水素水は商品によって水素の含有量が異なる
  4. ①腎臓・胃に持病がある人
  5. ②無酸症・低酸症の人
  6. ③幼児・乳児
  7. ④薬の服用時
  8. 逆に水素水を飲むのがおすすめな人は?どんな効果がある?
  9. ①美容・美肌効果
  10. ②ダイエット効果
  11. ③健康維持・体質改善
  12. 水素水の効果的な飲み方も知っておこう
  13. 水素水の1日の摂取量は300〜600ml
  14. 水素水を飲むおすすめのタイミング
  15. ただし水素水は商品によって飲み方が異なるので要確認
  16. 水素水を飲んではいけない人について知っておこう

水素水を飲んではいけない・ダメな人がいるって本当?

水素水には高い抗酸化作用があり、飲み続けると免疫力や記憶力を高める効果や、美容やダイエット効果などさまざまな健康効果が期待できます。そのため、健康づくりの一環として日常的に水素水を飲んでいる人も多いです。今回は、水素水を飲んではいけない人の特徴や、水素水の効果的な飲み方などについて紹介します。

水素水を飲んではいけない・ダメな人の特徴は?

健康のために水素水を飲んでいる人は多いですが、安全に飲むためには自分の体質や水素水の成分についてきちんと知っておくことが重要です。ここでは、水素水を飲んではいけない人の特徴について紹介します。なお、専門的な内容については外部サイトより引用しています。

【前提】そもそも水素水は商品によって水素の含有量が異なる

水素水には、水素水生成器を使用して水道水を電気分解することによって作られるものや、アルミボトル等に入れて販売されているものなど、さまざまな種類があります。水素水の水素の含有量には正式な規定はないため、商品や水素水生成器の種類によって水素の含有量はそれぞれ異なります。

また、水素水を飲むことで生じる健康被害の可能性や程度は、その人の生まれ持った体質や体調などによる個人差も大きいです。そのため、水素水を飲んではいけない人の特徴は一概には言えないとされています。持病などがあり、水素水による悪影響が出ないか不安がある場合は、必ず主治医やかかりつけ医に直接確認するようにしてください。

①腎臓・胃に持病がある人

水素水は、水道水を電気分解することにより発生する水素を含んだアルカリ性の飲用水であり、ナトリウムやカリウムなどのミネラル分を通常の水よりも多く含んでいます。そのため、腎臓や胃に持病があり摂取する水分量やカリウムに制限がある人は、水素水を飲むと健康被害が生じる恐れがあります。

1)腎不全・カリウム排泄障害などの腎疾患で水分量が制限されている方、カリウムを摂取してはいけない方
還元水素水は水道水よりカルシウムやミネラルが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。

よくある質問/お客様サポート

②無酸症・低酸症の人

無酸症や低酸症の人は胃液中に塩酸が無いか、あるいは極端に少ないため、摂取した食物を分解し体に取り入れる力が不足しています。そのため、無酸症や低酸症の人がアルカリ性の水素水を飲むと胃内のpH値がさらに上がり、より深刻な健康被害につながる恐れがあります。

2)無酸症・低酸症の方
胃には、食物を取り入れると栄養を吸収し、カスを作るためpH1.8前後の強い胃酸が必要です。
無酸症などの方は、胃液に塩酸が無く、食物を分解する力がありません。
還元水素水を飲むと、さらにpHが上がり、事故に繋がる場合があります。

よくある質問/お客様サポート

③幼児・乳児

幼児や乳児に水素水を与えても、特に健康上の問題はありません。ただ、幼児や乳児は体が成長過程にあるため、胃腸の働きが未発達で大人とは異なるので注意が必要です。幼児や乳児に水素水を与える際は、まずは弱アルカリ性のものから始めて徐々に慣らしていくようにしてください。

3)赤ちゃんのミルクや乳幼児食品

胃腸が未発達で腸の働きが大人と異なるため、浄水の飲用をおすすめします。
大人と同じものが食べられるくらいになったら、pH8.5から徐々に慣らしてください。

よくある質問/お客様サポート

④薬の服用時

一般的な医薬品は、基本的に浄水で飲むことを想定して製造されています。水道水を電気分解して作られる水素水はアルカリ性であり、浄水よりも溶解力が高いため、体内での薬の溶け方に影響が出る場合があります。その場合、本来の薬の効果が失われてしまう恐れがあるので、薬の服用時には水素水ではなく浄水を使うようにしてください。

4)薬服用時
薬は浄水で服用されることを想定して作られています。
薬を服用する場合は、「浄水」をお使いください。

よくある質問/お客様サポート

逆に水素水を飲むのがおすすめな人は?どんな効果がある?

水素水をより効果的に飲むためには、水素水のもたらす健康効果について具体的に知っておくことが重要です。ここでは、水素水の健康効果について、水素水を飲むのがおすすめな人の特徴と合わせて紹介します。

①美容・美肌効果

加齢により肌が乾燥したり、シワやシミが増えてしまったりする原因の一つとして、体内の活性酸素の発生量が過剰になってしまうことが挙げられます。水素水に含まれる水素にはこの活性酸素を抑制する働きがあるため、水素水を継続して飲むと美容や美肌に効果があると評判です。

また、電気分解により生成された電解水素水は特に還元力が高いため、酸化した肌をアルカリ性にすることで毛穴を引き締める効果があります。同時に角質層を柔らかくし肌を滑らかにする効果もあるため、飲むだけでなく洗顔時に使用するとより高い美容効果を期待できます。

②ダイエット効果

水素水を飲むと体内の細胞が活性化し代謝が良くなるため、ダイエットにも効果があります。ダイエットを目的とした運動や食事制限をしている人は多いですが、基礎代謝が低い場合はすぐにリバウンドしてしまう可能性が高いです。その点、水素水を飲み続けると体の内側から痩せやすい体質を作ることができるため、効率よくダイエットしたい人には特におすすめです。

③健康維持・体質改善

水素水の効果の一つに、体内の活性酸素を除去するという働きがあります。活性酸素とは通常より活性化された状態の酸素のことで、体内で過剰に発生すると癌や動脈硬化などの現代病、あるいは老化の原因になると言われています。そのため、水素水を継続して飲むとさまざまな現代病の予防や、健康維持、体質改善などの効果が期待できると評判です。

水素水を飲み続けた結果は?美肌に?口コミや効果的な飲み方を紹介!

水素水の効果的な飲み方も知っておこう

水素水には高い抗酸化作用があり、持続的に飲み続けることでさまざまな健康効果を得ることができます。ただ、飲み過ぎてしまうと胃腸や腎臓に負担がかかってしまうため注意が必要です。ここでは、水素水をより効果的に飲む方法について紹介するので参考にしてください。

水素水の1日の摂取量は300〜600ml

水素水の1日あたりの摂取量の目安は、300~600mlとされています。水素水は、一度に大量に飲むと内臓に負担がかかったりお腹が緩くなったりすることもあるため注意してください。水素水を飲む際は、一度にまとめて飲むのではなく、少量ずつをこまめに飲むようにしましょう。

水素水を飲むおすすめのタイミング

水素水を飲むおすすめのタイミングは、以下の通りです。

・起床時
・運動前
・食事前
・入浴後

水素水をより効果的に摂取するためには、上記のようなタイミングで飲むのがおすすめです。朝起きたばかりの時間帯や、運動や食事の前、入浴の後などは、他の時間と比べると水素が体内に吸収されやすいため、より効率よく健康効果を得ることができます。

ただし水素水は商品によって飲み方が異なるので要確認

水素水は、商品によって水素濃度や飲み方などがそれぞれ異なるため、事前にきちんと商品情報を調べておく必要があります。通常は、水素水に含まれる水素は開封すると少しずつ空気中に抜けると言われていますが、開封後何日もつかは商品によって違います。また、高濃度の水素水を一気に飲んでしまうと体に負担がかかることもあるため注意が必要です。

水素水を飲む際は、購入時に水素濃度についてきちんと確認した上で、健康に害のない量を少しずつ摂るようにしてください。

水素水を飲んではいけない人について知っておこう

水素水には高い抗酸化作用があるため、美容やダイエット効果、病気の予防や健康維持などさまざまな健康効果が期待できます。ただ、誤った飲み方をしてしまうと深刻な健康被害につながる恐れもあるため注意が必要です。水素水を飲む際は、事前に正しい飲み方についてきちんと知った上で、自分に合った量を摂るようにしましょう。

関連する記事

×