水素水を飲んではいけない・ダメな人の特徴は?逆におすすめの人も紹介!

水素水を飲んではいけない・ダメな人がいるのを知っていますか?今回は、〈腎臓が悪い人・幼児〉など水素水を飲んではいけない人を紹介します。逆に水素水を飲むのにおすすめの人や、効果的な飲み方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 水素水を飲んではいけない・ダメな人がいるって本当?
  2. 水素水を飲んではいけない・ダメな人の特徴は?
  3. 【前提】そもそも水素水は商品によって水素の含有量が異なる
  4. ①腎臓・胃に持病がある人
  5. ②無酸症・低酸症の人
  6. ③幼児・乳児
  7. ④薬の服用時
  8. 逆に水素水を飲むのがおすすめな人は?どんな効果がある?
  9. ①美容・美肌効果
  10. ②ダイエット効果
  11. ③健康維持・体質改善
  12. 水素水の効果的な飲み方も知っておこう
  13. 水素水の1日の摂取量は300〜600ml
  14. 水素水を飲むおすすめのタイミング
  15. ただし水素水は商品によって飲み方が異なるので要確認
  16. 水素水を飲んではいけない人について知っておこう

水素水を飲んではいけない・ダメな人がいるって本当?

水素水には高い抗酸化作用があり、飲み続けると免疫力や記憶力を高める効果や、美容やダイエット効果などさまざまな健康効果が期待できます。そのため、健康づくりの一環として日常的に水素水を飲んでいる人も多いです。今回は、水素水を飲んではいけない人の特徴や、水素水の効果的な飲み方などについて紹介します。

水素水を飲んではいけない・ダメな人の特徴は?

健康のために水素水を飲んでいる人は多いですが、安全に飲むためには自分の体質や水素水の成分についてきちんと知っておくことが重要です。ここでは、水素水を飲んではいけない人の特徴について紹介します。なお、専門的な内容については外部サイトより引用しています。

【前提】そもそも水素水は商品によって水素の含有量が異なる

水素水には、水素水生成器を使用して水道水を電気分解することによって作られるものや、アルミボトル等に入れて販売されているものなど、さまざまな種類があります。水素水の水素の含有量には正式な規定はないため、商品や水素水生成器の種類によって水素の含有量はそれぞれ異なります。

また、水素水を飲むことで生じる健康被害の可能性や程度は、その人の生まれ持った体質や体調などによる個人差も大きいです。そのため、水素水を飲んではいけない人の特徴は一概には言えないとされています。持病などがあり、水素水による悪影響が出ないか不安がある場合は、必ず主治医やかかりつけ医に直接確認するようにしてください。

①腎臓・胃に持病がある人

水素水は、水道水を電気分解することにより発生する水素を含んだアルカリ性の飲用水であり、ナトリウムやカリウムなどのミネラル分を通常の水よりも多く含んでいます。そのため、腎臓や胃に持病があり摂取する水分量やカリウムに制限がある人は、水素水を飲むと健康被害が生じる恐れがあります。

1)腎不全・カリウム排泄障害などの腎疾患で水分量が制限されている方、カリウムを摂取してはいけない方
還元水素水は水道水よりカルシウムやミネラルが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。

よくある質問/お客様サポート

②無酸症・低酸症の人

無酸症や低酸症の人は胃液中に塩酸が無いか、あるいは極端に少ないため、摂取した食物を分解し体に取り入れる力が不足しています。そのため、無酸症や低酸症の人がアルカリ性の水素水を飲むと胃内のpH値がさらに上がり、より深刻な健康被害につながる恐れがあります。

2)無酸症・低酸症の方
胃には、食物を取り入れると栄養を吸収し、カスを作るためpH1.8前後の強い胃酸が必要です。
無酸症などの方は、胃液に塩酸が無く、食物を分解する力がありません。
還元水素水を飲むと、さらにpHが上がり、事故に繋がる場合があります。

よくある質問/お客様サポート

③幼児・乳児

幼児や乳児に水素水を与えても、特に健康上の問題はありません。ただ、幼児や乳児は体が成長過程にあるため、胃腸の働きが未発達で大人とは異なるので注意が必要です。幼児や乳児に水素水を与える際は、まずは弱アルカリ性のものから始めて徐々に慣らしていくようにしてください。

3)赤ちゃんのミルクや乳幼児食品

胃腸が未発達で腸の働きが大人と異なるため、浄水の飲用をおすすめします。
大人と同じものが食べられるくらいになったら、pH8.5から徐々に慣らしてください。

よくある質問/お客様サポート

関連する記事