ゴーヤの食べ過ぎはどれくらい?毒性で下痢に?1日の量や効果的な食べ方も紹介!

ゴーヤの食べ過ぎはどれくらいか知っていますか?どうなるのでしょう?今回はゴーヤの食べ過ぎによる〈下痢・腹痛〉など悪影響の例を原因とともに紹介します。ゴーヤの食べ過ぎにならない1日の摂取量の目安や、適量食べた場合の効果・効能も紹介するので参考にしてみてください。

目次

  1. ゴーヤの食べ過ぎに注意?
  2. ゴーヤを食べ過ぎるとどうなる?
  3. ゴーヤの苦味成分は毒性で下痢・腹痛の原因になる
  4. ゴーヤの食べ過ぎはどれくらい?1日の摂取量の目安は?
  5. ゴーヤは1日100g程度が摂取量の目安だと言われる
  6. ゴーヤを食べ過ぎない程度に多く食べる方法は?
  7. ゴーヤを調理前に水にさらして苦味を抜こう
  8. ゴーヤの食べ過ぎによる症状の対処法・防止策は?
  9. ゴーヤの食べ過ぎによる腹痛・下痢が止まらないようなら病院へ行こう
  10. ゴーヤを適量食べた場合の効果・効能は?栄養が豊富?
  11. ①免疫力の向上
  12. ②消化促進作用
  13. ゴーヤの効果的な食べ方・レシピを紹介!
  14. ①ゴーヤサラダ
  15. ②ゴーヤとベーコンの卵とじ
  16. ゴーヤは適度な量を食べよう

ゴーヤの食べ過ぎに注意?

ゴーヤは沖縄で古くから食べられてきた野菜で、独特の苦味があり、夏野菜として今では全国でもよく食べられるようになりました。夏バテ防止やさまざまな健康効果があるゴーヤですが、食べ過ぎるとどのような症状がでるのでしょうか。ここでは、ゴーヤの食べ過ぎによって起こる悪影響やどのくらい食べるのが適量なのかについて解説していきます。

ゴーヤを食べ過ぎるとどうなる?

ゴーヤはにがうりとも呼ばれ、苦味が特徴的な野菜ですが、食べ過ぎはよくないと言われています。ゴーヤの食べ過ぎが原因で起こる症状はいったいどのようなものでしょうか。

ゴーヤの苦味成分は毒性で下痢・腹痛の原因になる

ゴーヤの種に含まれる苦味成分のモモルデシンは、消化を助け胃の働きを良くする効能があります。しかし、苦味成分であるモモルデシンを過剰摂取すると毒になり、胃酸過多で胃に負担がかかり、下痢や腹痛を引き起こしてしまいます。

ゴーヤの食べ過ぎはどれくらい?1日の摂取量の目安は?

ゴーヤの食べ過ぎは腹痛や下痢を引き起こす原因にもなりますが、どの程度食べるとよくないのでしょう。ここではゴーヤの1日の摂取量の目安を説明します。

ゴーヤは1日100g程度が摂取量の目安だと言われる

ゴーヤの1日の推奨摂取量の明確なものはありませんが、OZmallの「おいしい美活習慣Vol.019 1日100gの「ゴーヤ」習慣【基礎知識編」の中で以下のような記述があります。

100g程食べれば、1日に摂りたい緑黄色野菜120gを1食でほぼカバーできるので、食欲が落ちがちな夏に効率よく栄養補給もできる。体型が気になる夏に旬のゴーヤを取り入れ、ビタミンや栄養素を摂りながらダイエットにも役立てよう。

ゴーヤ100gは大きさにもよりますが、標準サイズの大きさが大体250gあるので、約1/2~1/3本が100gの目安になります。具体的な摂取量の目安がないため、食べ過ぎてしまうと下痢や腹痛を引き起こしてしまうことがあるので、適量を取ることが大切です。

ゴーヤを食べ過ぎない程度に多く食べる方法は?

ゴーヤには健康によい栄養素がたくさん含まれていますが、食べ過ぎない程度に多く食べるにはどのような方法があるのでしょうか。ここではゴーヤの健康に良い食べ方や下処理について説明します。

ゴーヤを調理前に水にさらして苦味を抜こう

ゴーヤの苦味成分をとるには、色々な方法がありますが、水にさらして苦味をやわらげることができます。手順はゴーヤの種とわたをとった後、薄くスライスし塩もみします。その後10程度水にさらします。

関連する記事

×