ナツメグの致死量は小さじ2杯!食べ過ぎで死亡事故も?毒性・中毒症状など紹介!

ナツメグの実の致死量を知っていますか?小さじ2杯(12g)で危険と言われています。今回は、ナツメグの致死量を食べ過ぎ・大量摂取による死亡事故例とともに紹介します。ナツメグの毒性成分や〈幻覚・後遺症〉など中毒症状も、正しい使い方・適量と紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ナツメグの実は致死量がある?食べ過ぎで死亡・事故例も?
  2. ナツメグの致死量は12g(小さじ2杯)以上と言われている
  3. ナツメグの大量摂取による死亡・事故例①
  4. ナツメグの大量摂取による死亡・事故例②
  5. ナツメグの危険な毒性と中毒症状は?幻覚も?
  6. ナツメグの危険成分と過剰摂取による中毒症状
  7. ナツメグによる中毒症状が起きた場合の対応
  8. ナツメグの正しい使い方・適量は?そのままはNG?
  9. ナツメグの適量は1日1g程度
  10. ナツメグをそのまま使うのは問題ない
  11. ナツメグは正しく使えば良い効果もある!
  12. ナツメグの実の致死量について知っておこう

ナツメグの実は致死量がある?食べ過ぎで死亡・事故例も?

世界四大スパイスの1つに名前を連ねるナツメグは、日本人にとってもなじみ深い香辛料です。しかし原料であるナツメグの実には毒性があり、過剰摂取すると中毒症状が出ることはあまり知られていません。ここではナツメグの致死量や、大量摂取による事故例を紹介します。

ナツメグの致死量は12g(小さじ2杯)以上と言われている

スパイスとして使われるナツメグの致死量は12g、小さじ2杯以上と言われています。スパイスで料理の香りづけをすることを目的に、ナツメグを何振りも入れると過剰摂取につながる可能性があるので注意が必要です。ハンバーグやコロッケを作る際にナツメグを使う場合も、致死量を超えないように計算して使うとよいでしょう。

ナツメグの大量摂取による死亡・事故例①

ナツメグの大量摂取による死亡例として、8歳の男の子が6gのナツメグの実を2つ食べたケースが挙げられます。子供の場合は体重が軽い分、大量のナツメグを摂取すると中毒症状が現れる確率が高いです。スパイスになったナツメグでも致死量は変わらないので、子供の手の届かないところに置くように配慮しましょう。

ナツメグの大量摂取による死亡・事故例②

ナツメグの大量摂取による事故例として、嫁が作ったハンバーグを食べて男性が病院搬送されたケースもあります。手作りのハンバーグにナツメグ10gが使用されており、動悸や浮遊感などの中毒症状が表れての来院でした。男性は7時間後に症状が軽減して退院できたものの、量によっては死に至るリスクも十分にあったと考えられます。

ナツメグの危険な毒性と中毒症状は?幻覚も?

ナツメグをスパイスとして使う料理も多いので、なぜ過剰摂取が危険なのかの理由と症状を知っておく方が対処しやすいかもしれません。ここではナツメグに含まれる危険な成分や過剰摂取による中毒症状、対処法について詳しく説明するので覚えておきましょう。

ナツメグの危険成分と過剰摂取による中毒症状

ナツメグに含まれる危険な成分と、過剰摂取によってみられる中毒症状は以下の通りです。

【危険な成分】
・ミリスチシン
・エレミシン

【ナツメグの過剰摂取による中毒症状】
・頻脈
・胸部の圧痛
・血圧低下
・ショック症状
・早く不規則な呼吸
・長時間のめまい
・興奮
・不安感
・頭痛
・幻覚
・多幸感
・四肢の脱力感
・口の渇き
・嘔吐
・瞳が収縮する

ナツメグに含まれている揮発性油成分であるミリスチシンとエレミシンによって、神経物質の伝達を遮断されることで中毒症状が起こります。ナツメグを過剰摂取することで、臓器が正常に機能しなくなるリスクも高いのです。ミリスチシンとエレミシンに毒性があると言うより、抗コリン作用によって副作用が出ると考える方がわかりやすいでしょう。

ナツメグによる中毒症状が起きた場合の対応

ナツメグによる中毒症状が起きた場合の対応として、自宅の場合は水やぬるま湯を飲ませて嘔吐させるのが基本です。そのうえで病院を受診し、診察を受けましょう。ナツメグを過剰摂取しても適切に処置すれば、24時間以内に回復するのが一般的です。しかし重症だった場合は、回復に2~3日かかるケースも報告されています。

ナツメグを過剰摂取すると多幸感があることから、合法ドラック代わりにキメる人もいるようですが、大変危険な行為です。また適量を超えた摂取を続けるとナツメグ中毒になるなどの後遺症が残る可能性もあり、注意が必要です。

ナツメグの正しい使い方・適量は?そのままはNG?

ナツメグは適量を使うことで、料理に香りや旨味を加えてくれるスパイスです。さらにナツメグの適量や使い方を覚えておけば、中毒症状が出ることもありません。ここではナツメグの1日の適量とともに、正しい使い方について説明するので日頃から意識してみましょう。

ナツメグの適量は1日1g程度

ナツメグの適量は1日1g程度で、ハンバーグの場合は瓶入りのスパイスを2、3回振りかけるのが基本です。瓶入りのナツメグ1振りは0.1~0.2gなので、回数を守れば適量を超えることはありません。ナツメグに限らずスパイスは、少量でも料理に風味を加えることができるので大量に使わなくれも美味しく仕上がります。

ナツメグをそのまま使うのは問題ない

ナツメグをシチューにふりかけるなどそのまま使っても、適量であれば問題ありません。ナツメグにはひき肉特有の臭みを抑えながら旨味を引き出す働きがあるので、ミートソースやドライカレーに入れても美味しく仕上がります。ナツメグは加熱すると甘味が増す特性があるので、料理によってはそのまま使う方がよいケースもあると覚えておきましょう。

ナツメグは正しく使えば良い効果もある!

ナツメグを正しく使って得られる効果として、以下のものがあげられます。

・快眠
・冷えの改善
・リラックス
・消化機能の改善
・肥満予防
・デトックス
・口臭予防


ナツメグには体を温める働きがあるので、快眠や冷えの改善のためにホットミルクにくわえる人も珍しくありません。また、ナツメグの香りによるリラックス効果やミリスチシンによる消化機能の改善、インスリンへの抵抗性による肥満予防も期待できます。

またナツメグには肝臓や腎臓にたまった毒素を排出させる、デトックス効果があることでも知られています。さらにナツメグに含まれているオイゲノールと呼ばれる成分の消臭効果により、口臭予防にも役立ちます。

(*ナツメグの効果や効能について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ナツメグとは?味・香りや正しい使い方は?成分や効果・効能なども紹介!

ナツメグの実の致死量について知っておこう

ナツメグの実はそのまま使うのではなく、専用のミルやおろし金を使って粉末状にして使う方が香りが楽しめるのでおすすめです。ナツメグの実2個分が致死量になるので、ホールで購入した場合には子供の手の届かないところに置くなどの配慮が必要です。粉末のナツメグでも致死量は同じなので、料理に使う際には1日の適量に収まるように注意しましょう。

関連する記事

×