空腹でも食べたいものがない原因は?対処法ある?病気の可能性も紹介!

食べたいものがない・わからないと悩んでいませんか?少しでも食べられるものを、見つけたいところです。今回は、食べたいものがない時の原因や対処法に加え、食べ物のおすすめランキングや病気の可能性を紹介します。妊娠中の対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. お腹は空くけど食べたいものがない・わからない…。
  2. 食べたいものがないと感じる原因とは?
  3. ①普段から食べたいものを我慢しすぎている
  4. ②人の行動に合わせて自分が動いている
  5. ③日常生活で食べ物を思い浮かべることが減っている
  6. ④生活習慣が不規則になっている
  7. ⑤日常生活でストレスを感じすぎている
  8. 食べたいものがないと感じる時の対処法は?
  9. ①賞味期限が近い食材・食品を食べる
  10. ②料理レシピ・写真を見て食欲を湧かせる
  11. ③コンビニ・スーパーで食べたいと思うものを探す
  12. ④誰かと一緒に食べる
  13. ⑤普段作らない豪華な料理を作る
  14. ⑥料理ルーレットを使う
  15. 食べたいものがない時の食べ物のおすすめランキングを紹介!
  16. 第10位:ヨーグルト
  17. 第9位:ゼリー
  18. 第8位:バナナ
  19. 第7位:スープ
  20. 第6位:ハンバーグ
  21. 第5位:焼肉
  22. 第4位:ピザ
  23. 第3位:パスタ
  24. 第2位:サラダ
  25. 第1位:寿司
  26. 妊娠中に食べたいものがない時はどうすればいい?
  27. ①無理して食べずに好きな時に食べる
  28. ②食べない期間が続いた場合は逆に何かを食べてみる
  29. 妊娠中の食べ物のおすすめ
  30. 食べたいものがないのはうつ病の可能性もある?
  31. うつの症状の一つに「食欲不振」がある
  32. 食べたいものがないときは直感で探そう!

お腹は空くけど食べたいものがない・わからない…。

空腹を感じているのに食欲不振で、食べたい料理が思い浮かばない経験がある人は少なくありません。人間は健康を維持するうえで食事がかかせないので、食べたいものがないのはよいこととはいえません。ここでは、食べたいものがないと感じる原因や対処法について説明します。

食べたいものがないと感じる原因とは?

食欲不振までいってはいないものの、食べたいものがないと感じて食事をおざなりにする人が増えているとの説があります。そして食べたいものがないと感じてしまう理由も、いくつかあるようです。ここでは、食べたいものがないと感じる原因を5つ紹介します。

①普段から食べたいものを我慢しすぎている

普段から食べたい料理があっても我慢していると、食べたいものがないと感じる原因となります。特にダイエットを行っているとカロリーや糖質を制限するために、食べたい料理を我慢するケースは珍しくありません。それが習慣化してしまうことが原因で避けた方がよい料理が増えた結果、食べたいものがないと判断してしまいます。

食欲がなくても、自分の好きな食べ物であれば美味しく食べられるものです。カロリーや食材を気にせず好きなものを食べてみると、その後に食べたい料理が思い浮かぶようになるかもしれません。我慢せずに試してみましょう。

②人の行動に合わせて自分が動いている

自分の意思ではなく人の行動に合わせて行動する習慣がついていることも、食べたいものがない原因になります。自分が何をしたいのかを考え実行する習慣がない人は、食事をする際にも相手が選んだ店にあるメニューで食べ物を決めるものです。そのため1人になった時に、食べたいものがない事態に陥りやすくなります。

③日常生活で食べ物を思い浮かべることが減っている

日常生活で食べ物を思い浮かべることが減っていることも、食べたいものがないと感じる原因の1つです。人間は空腹になると料理を思い浮かべるものですが、食事を楽しむのではなく習慣として食べている人も少なくありません。空腹を満たすあるいは栄養補給のために食べ物を口にしていると、食べたいものがない状態に慣れてしまいます。

④生活習慣が不規則になっている

生活習慣が不規則になっていると、食べたいものがないと感じるかもしれません。空腹を感じているのに食欲不振な場合には胃腸が弱っている可能性が高く、その原因に生活リズムの乱れがあることが多いです。深夜まで起きていたり睡眠不足が続いたりしていると、空腹であっても料理を作るのが面倒に感じます。

食べない状態に慣れると、食欲不振につながるので注意が必要です。就寝時間や起床時間を整え、可能な限り食事時間を同じくするなど、規則正しい生活を心がけましょう。

⑤日常生活でストレスを感じすぎている

日常生活でストレスを感じすぎていると食欲不振に陥り、食べたいものがないと感じる原因となります。この場合は深層心理において食べたいものがないのではなく、食べ物を口にしたくないと感じている可能性があります。ストレスが溜まった結果として胃腸が悪くなることもあり、複合的な原因で食べたいものがないのかもしれません。

食べたいものがないと感じる時の対処法は?

空腹を感じても食べたいものがないと感じることがあっても、食べ物を口にしなければ健康を害す原因となります。料理をする気力がない時でも、食べ物を食べることは大切です。ここでは食べたいものがないと感じる時の対処法を6つ紹介するので、参考にしてみてください。

①賞味期限が近い食材・食品を食べる

関連する記事