さけるチーズはダイエット向き?効果ある?痩せるやり方・注意点など紹介!

【管理栄養士監修】さけるチーズダイエットを知っていますか?本当に効果はあるのでしょうか?今回は、さけるチーズダイエットの効果効能や、やり方のポイントも紹介します。加えて、さけるチーズダイエットの注意点も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. さけるチーズは痩せる?実はダイエット向き?
  2. さけるチーズがダイエット向きな理由は?どんな効果がある?
  3. ①低GI値で血糖値が上がりにくい
  4. ②低糖質でカロリーも低め
  5. ③高タンパク質で基礎代謝が向上する
  6. ④カルシウムも豊富
  7. ⑤ビタミンB群が糖質・脂質の代謝を促進
  8. ⑥トリプトファンにより睡眠の質が向上する
  9. さけるチーズダイエットのやり方は?
  10. 小腹が空いた時に間食・おやつとして食べる
  11. さけるチーズダイエットの注意点・ポイントは?
  12. ①食べ過ぎない
  13. ②味はとうがらし味がおすすめ
  14. さけるチーズダイエットで痩せよう

住吉彩

管理栄養士

チーズに含まれる脂肪は、短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸と呼ばれるもので、長鎖脂肪酸に比べて短時間でエネルギーになります。そのため体に蓄積しにくい脂肪でもあるので、ダイエット中でも安心して食べることが出来ます。

さけるチーズダイエットのやり方は?

では、ここからはさけるチーズダイエットのやり方をみていきましょう。カロリー・糖質量を他の食べ物と比較しながら紹介します。

小腹が空いた時に間食・おやつとして食べる

カロリー 糖質
さけるチーズ(プレーン味) 80kcal 0.2g
ケーキ 308kcal 41.5g
プリン 113kcal 11.3g
ポテトチップス 332kcal 30.3g
(1個あたり)

さけるチーズは他の食べ物と比較しても低カロリー・低糖質であることに加え、低GI食品なので食べても血糖値の上昇が緩やかです。血糖値の急激な下降がないので空腹を感じにくく、さけるチーズは小腹が空いた時に間食・おやつとして食べることもおすすめできます。

住吉彩

管理栄養士

チーズには良質なタンパク質が多く含まれています。特に筋肉量を増やす効果が高いと言われている分岐鎖アミノ酸をたくさん含んでいます。またタンパク質は、消化にかかる時間が長く、腹持ちが良いので食べ過ぎ防止にもなってくれます。

さけるチーズダイエットの注意点・ポイントは?

ここからはさけるチーズダイエットの注意点とポイントをまとめて紹介します。おすすめのフレーバーも紹介するので、参考にしてみてください。

①食べ過ぎない

さまざまなダイエットへのメリットのあるさけるチーズですが、食べ過ぎは禁物です。食べ過ぎると脂質やカロリー過多になり太る原因になりますし、塩分が含まれているため塩分過多になることもあります。太るリスクを下げるためにも、1日に食べる量は1、2本にしておきましょう。

②味はとうがらし味がおすすめ

さまざまなフレーバーがあるさけるチーズですが、その中でダイエットにおすすめのフレーバーはとうがらし味です。とうがらしにはカプサイシンという辛味成分が含まれており、脂肪燃焼効果が期待できます。

さけるチーズダイエットで痩せよう

さけるチーズは手軽に手に入る食べ物であることに加え、低GI・高タンパク・低カロリーなどダイエット向きでもあります。食べ過ぎは禁物ですが、適量を食べることで適量を食べることで、太りにくく痩せやすい体作りに活かせます。さまざまなフレーバーを愉しんでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

×