シェイクシャックのカロリー一覧表【低い順】ダイエット向けの食べ方も紹介!

シェイクシャックのメニュー別のカロリーを知っていますか?今回は、シェイクシャックのカロリーを〈ハンバーガー・ホットドッグ・ポテト・アイス・シェイク・ドリンク〉などメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。シェイクシャックのダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. シェイクシャックのメニュー別のカロリーを一覧表で紹介
  2. シェイクシャックのカロリーランキング【ハンバーガー】
  3. シェイクシャックのカロリーランキング【ポテト・ホットドッグ】
  4. シェイクシャックのカロリーランキング【アイス・シェイク】
  5. シェイクシャックのカロリーランキング【ドリンク】
  6. ハンバーガー(1個)のカロリーを消費するのに必要な運動量は?
  7. シェイクシャックの太りにくい食べ方は?
  8. ①夜に食べない
  9. ②サイドメニューを頼まない
  10. ③野菜多めで注文する
  11. シェイクシャックのカロリーに注意して食べよう

シェイクシャックのメニュー別のカロリーを一覧表で紹介

シェイクシャックはニューヨークの公園に出店していたホットドックの屋台から始まったお店です。クオリティーが高いメニューを提供する人気のお店で、現在は世界各国に広がり日本だけでも12店舗にまで拡大しました。今回はシェイクシャックのメニューをカロリー順に紹介します。

※1日の摂取量は成人男性の目安です

※今回参考にしたShakeShackのHPはこちらです。

シェイクシャックのカロリーランキング【ハンバーガー】

出典:https://www.shakeshack.jp/food-and-drink

商品名(値段) カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
ハンバーガー(シングル)(580円) 451kcal 21%
シャックバーガー(シングル)(680円) 593kcal 27%
シュルームバーガー(930円) 599kcal 27%
ハンバーガー(ダブル)(880円) 696kcal 32%
スモークシャック(シングル)(880円) 798kcal 36%
シャックバーガー(ダブル)(980円) 911kcal 41%
シャックスタック(1230円) 917kcal 42%
スモークシャック(ダブル)(1180円) 1116kcal 51%

シェイクシャックのハンバーガーは全部で5種類あり、その多くは1日のカロリー摂取量の目安の30%以上を占めるほどカロリーが高めです。バンズにはジャガイモが練りこまれているため糖質も高く、ハンバーガーにサイドメニューやドリンクをつけると1食だけで半日分あるいは1日分のカロリーを摂取してしまうこともあります。

シェイクシャックのカロリーランキング【ポテト・ホットドッグ】

出典:https://www.shakeshack.jp/food-and-drink

商品名(値段) カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
フライ(Sサイズ)(280円) 303kcal 14%
ホットドッグ(ポーク)(480円) 336kcal 15%
ホットドッグ(ビーフ)(480円) 358kcal 16%
シャックカーゴドッグ(ポーク)(580円) 369kcal 16%
シャックカーゴドッグ(ビーフ)(580円) 391kcal 16%
チーズフライ(Sサイズ)(400円) 463kcal 21%
フライ(Rサイズ)(420円) 470kcal 21%
チーズフライ(Rサイズ)(600円) 683kcal 31%

シェイクシャックには上記のとおりホットドッグは4種類、ポテトは2種類の取り扱いがありますが、油で揚げたポテトは高カロリー・高糖質でダイエット中にはおすすめできません。また、ホットドッグはハンバーガーと同様にバンズにジャガイモが練りこまれているため、カロリー・糖質とも高くなっています。

シェイクシャックのカロリーランキング【アイス・シェイク】

出典:https://www.shakeshack.jp/food-and-drink

商品名(値段) カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
バニラアイス(シングル)(380円) 281kcal 13%
コーンクリートストロベリーバナナクランチ(Sサイズ)(480円) 291kcal 13%
コーンクリートウォークインザパーク(Sサイズ)(480円) 291kcal 13%
バニラ&チェコレートアイス(シングル)(380円) 302kcal 14%
コーンクリートザトウキョウエディション(Sサイズ)(480円) 313kcal 14%
チェコレートアイス(シングル)(380円) 321kcal 15%
コーンクリートシャックアタック(Sサイズ)(480円) 362kcal 16%
バニラアイス(ダブル)(530円) 450kcal 20%
コーンクリートウォークインザパーク(Rサイズ)(650円) 459kcal 21%
コーンクリートストロベリーバナナクランチ(Rサイズ)(650円) 462kcal 21%
バニラ&チェコレートアイス(ダブル)(530円) 494kcal 22%
コーンクリートザトウキョウエディション(Rサイズ)(650円) 503kcal 23%
チェコレートアイス(ダブル)(530円) 514kcal 23%
バニラシェイク(S)(480円) 525kcal 24%
フェアトレードコーヒーシェイク(S)(480円) 525kcal 24%
ストロベリーシェイク(S)(480円) 527kcal 24%
ブラックセサミシェイク(S)(480円) 532kcal 24%
コーンクリートシャックアタック(Rサイズ)(650円) 579kcal 26%
ブラック&ホワイトシェイク(S)(480円) 581kcal 26%
キャラメルシェイク(S)(480円) 589kcal 27%
チョコレートシェイク(S)(480円) 591kcal 27%
フェアトレードコーヒーシェイク(R)(650円) 695kcal 32%
バニラシェイク(R)(650円) 697kcal 32%
ストロベリーシェイク(R)(650円) 699kcal 32%
ブラックセサミシェイク(R)(650円) 706kcal 32%
ブラック&ホワイトシェイク(R)(650円) 772kcal 35%
キャラメルシェイク(R)(650円) 783kcal 36%
チョコレートシェイク(R)(650円) 785kcal 36%
バニラアイス(pintsサイズ)(800円) 897kcal 41%
バニラ&チョコレートアイス(pintsサイズ)(800円) 962kcal 44%
チョコレートアイス(pintsサイズ)(800円) 1026kcal 47%

シェイクシャックのアイスクリーム類はシェイクシャックオリジナルの商品で、濃厚なクリーミーさが特徴です。その分、カロリー・糖質ともに非常に高いので、ダイエット中に食べるのであれば小さいサイズのものを選ぶようにしましょう。

シェイクシャックのカロリーランキング【ドリンク】

出典:https://www.shakeshack.jp/food-and-drink

商品名(値段) カロリー(S) カロリー(R)
コカコーラ0(230円/350円 ) 0kcal 0kcal
fujiウォーター(250円 ) 0kcal
フレッシュブリュードゥアイスティー(230円/350円 ) 2kcal 3kcal
フィフティーフィフティー(250円/380円 ) 43kcal 58kcal
スプライト(230円/350円 ) 82kcal 113kcal
シャックメイドレモネード(250円/380円 ) 83kcal 114kcal
コーラ(230円/350円 ) 90kcal 124kcal
ファンタオレンジ(230円/350円 ) 92kcal 127kcal
ファンタグレープ(230円/350円 ) 92kcal 127kcal
ドクターペッパー(230円/350円 ) 92kcal 127kcal
オーガニックアップルジュース(400円) 98kcal
ミルク(300円) 235kcal

シェイクシャックの飲み物のカロリーはそれほど高くありませんが、甘い飲み物は糖質が多いので、ダイエット中は避けたほうが無難です。カロリーが気になる方はゼロカロリーの飲み物を選ぶのも良いでしょう。なお、シェイクシャックのレモネードはお店でしぼりたてを出しており、香りが良いのが特徴です。

ハンバーガー(1個)のカロリーを消費するのに必要な運動量は?

出典:https://www.shakeshack.jp/food-and-drink

運動方法 時間
ウォーキング 170分
ジョギング 101分
自転車 64分
ストレッチ 202分
階段登り 57分
掃除機かけ 145分


上記はハンバーガー1個分に相当する451kcalを消費するために必要な運動量です。自転車や階段登りのようなハードな運動の場合で1時間程度、ストレッチのような軽い運動では3時間以上もの時間がカロリー消費に必要になります。

一般的なハンバーガーは250kcalほどであるのに比べるとシェイクシャックのハンバーガーのカロリーは高く、カロリーオーバーになりやすいので注意しましょう。

シェイクシャックの太りにくい食べ方は?

出典:https://www.shakeshack.jp/food-and-drink

シェイクシャックのメニューは高カロリーで高糖質なものが多いので、ダイエット中は食べづらい場合もあるでしょう。ここでは、ダイエット中に役立つシェイクシャックの太りにくい食べ方を紹介するので参考にしてください。

①夜に食べない

人間の体内には、BMAL-1(ビーマルワン)と呼ばれる脂肪を合成する指令を出すタンパク質があります。人間の体はこのBMAL-1の量が増えるほど脂肪が溜まって太る仕組みになっていますが、近年ではBMAL-1は時間帯による量の変動があることがわかってきました。

BMAL-1が最も少ないのは午後2時頃、最も多いのは午前2時頃で、その量の差は20倍近くにも上ります。夜の時間帯に高カロリー・高糖質のシェイクシャックの食べ物を食べると太るので、BMAL-1が少ない昼頃に食べるのがおすすめです。

②サイドメニューを頼まない

シェイクシャックのハンバーガーやホットドッグは高カロリーで高糖質なので、それに加えてポテトなどのサイドメニューを頼むとカロリー・糖質ともに過剰になってしまいます。また、チーズフライはチーズが加わることで脂質も多くなってしまうため、ダイエット中は食べない方が無難です。

ほか、アイスやシェイクなども食後に頼んでしまいがちですが、カロリーはいずれも高めなのでダイエットには不向きです。どうしてもサイドメニューやアイスなどを頼みたい場合は、他の食事を控えめにするか、他の人とシェアするなどの工夫をしましょう。

③野菜多めで注文する

シェイクシャックでは、ハンバーガーやホットドッグに挟む野菜の量を無料で増減してくれるサービスがあるので、ダイエット中は野菜を多めに頼むのがおすすめです。野菜に含まれる食物繊維には、ハンバーガーやホットドッグに含まれる脂質や糖質の吸収を穏やかにして太りにくくする効果があります。

野菜はピクルス・オニオン・レタス・トマト・きゅうりの5種類ですが、いずれもダイエット向きの低カロリーの食材で、たっぷりの野菜を食べることで満足感も高まるでしょう。

シェイクシャックのカロリーに注意して食べよう

シェイクシャックのメニューはどれもクオリティーが高く美味しいですが、その分カロリー・糖質ともに高めです。ダイエット中は注意が必要な食べ物ですが、食べ方に注意すればダイエット中でも楽しむことは出来ます。今回紹介したランキングなどを参考に、カロリーに注意しながら食べましょう。

関連する記事