松屋メニューのカロリー一覧表【低い順】ダイエット向きの食べ方も紹介!

松屋のメニュー別のカロリーを知っていますか?ダイエット中でも食べられるメニューはあるのでしょうか?今回は、松屋のカロリーを〈牛丼・定食・カレー〉などメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。松屋のダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 松屋のカロリーを一覧表で紹介!
  2. 松屋の牛めし【サイズ別】のカロリー・栄養価は?
  3. 松屋の牛めし【サイズ別】のカロリー・栄養価の一覧表
  4. 松屋のプレミアム牛めし【サイズ別】のカロリー・栄養価の一覧表
  5. 松屋【牛めし】のカロリーランキング
  6. キムカル丼(796kcal/500円)
  7. ビビン丼(792kcal/500円)
  8. お肉たっぷり焼き牛めし豚汁セット(元祖旨辛ダレ)(1026kcal/660円)
  9. 松屋【定食メニュー】のカロリーランキング
  10. 豚肩ロースの豚焼肉定食(757kcal/600円)
  11. ブラウンソースハンバーグ定食(853kcal/600円)
  12. 豚肩ロースの生姜焼き定食(1107kcal/660円)
  13. お肉どっさりグルメセット定食(熟成チルド牛肉使用)(1233kcal/930円)
  14. 松屋【カレーメニュー】のカロリーランキング
  15. 創業ビーフカレギュウ(1011kcal/660円)
  16. ごろごろ煮込みチキンカレー(893kcal/590円)
  17. ハンバーグカレー
  18. 松屋の牛丼のカロリーは高い?低い?
  19. 松屋の牛丼のカロリーを他店舗と比較
  20. 松屋の牛丼並盛り(1杯)のカロリー消費に必要な運動量
  21. 松屋でのダイエット向きの食べ方は?
  22. ①最初に野菜・サラダを食べる
  23. ②おかず単品で注文する
  24. ③夜に食べない
  25. 松屋のカロリーに注意しよう

松屋のカロリーを一覧表で紹介!

大手牛丼チェーン店の松屋は、牛めしだけでなく定食やカレー、うどんなどメニューが豊富にあることで人気のファストフード店です。他チェーンと比べ、丼の種類が多く、濃い目でガッツリ食べるような味付けのメニューが多く展開されています。外食チェーン店の牛丼はカロリー・糖質量などが高いイメージがありますが、実際はどれくらいなのか見ていきましょう。

※今回参考にした松屋のHPはこちらです。(※1)

松屋の牛めし【サイズ別】のカロリー・栄養価は?

まずは、トッピングのない基本メニューの牛めしについて紹介します。牛めしには、通常の牛めしと熟成チルド牛肉を使ったプレミアム牛めしがありますが、その違いについても見ていきます。

松屋の牛めし【サイズ別】のカロリー・栄養価の一覧表

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日の摂取カロリー目安に占める割合
ミニ 510kcal 68.4g 18.8g 14.1g 23%
並盛 692kcal 96.8g 23.8g 18.5g 31%
あたま大盛 760kcal 98.9g 29.3g 21.4g 35%
大盛 953kcal 141.5g 29.6g 24.2g 43%
特盛 1350kcal 190.0g 46.3g 35.3g 61%

※公式データです
※1日の摂取量は成人男性の目安です

松屋のメニューの中でも、牛めしは一番カロリーの低いメニューです。あたま大盛とは、ご飯の量は並盛と変えず、上に乗せる牛肉の量を増やしたメニューのことです。同じメニューでも、盛りの多さの違いによって、カロリー・糖質量が大きく変わることが分かります。

比較的カロリーが低いから、トッピングもなく味付けが薄いからと安心するのではなく、ダイエット中は小さめのサイズを注文するよう気をつけた方が良いでしょう。

松屋のプレミアム牛めし【サイズ別】のカロリー・栄養価の一覧表

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日の摂取カロリー目安に占める割合
ミニ 513kcal 68.5g 19.0g 14.2g 23%
並盛 695kcal 97.0g 24.0g 18.6g 32%
あたま大盛 763kcal 99.0g 29.5g 21.4g 35%
大盛 956kcal 141.7g 29.8g 24.3g 43%
特盛 1353kcal 190.1g 46.5g 35.4g 62%

プレミアム牛めしとは、牛めしの高級ラインで、冷凍していない熟成チルド牛肉を使用しているメニューです。こだわりは牛肉だけでなく、甘く柔らかい国産玉ねぎ、精米したての国産米、特性黒胡椒焙煎七味、また煮付けのタレは無添加の天然だし使用など、味のすべてにこだわって作られたのがプレミアム牛めしと言えます。

カロリー・糖質量などは、通常の牛めしよりプレミアム牛めしの方がやや高いですが、さほど変わりません。無添加食品で作られているので、外食店の添加物が気になる方はプレミアム牛めしがおすすめです。プレミアム牛めしは主に関東地方を中心に販売されており、通常の牛めしとの併売はしていないので、事前に公式サイトで販売店をチェックしてみてください。

松屋【牛めし】のカロリーランキング

カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
牛めし 692kcal 96.8g 31%
プレミアム牛めし 695kcal 97.0g 32%
ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼 700kcal 93.9g 32%
おろしポン酢牛めし 719kcal 102g 33%
プレミアムおろしポン酢牛めし 722kcal 102.2g 33%
ビビン丼 792kcal 104.8g 36%
キムカル丼 796kcal 108.0g 36%
ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし 823kcal 105.3 37%
ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし 826kcal 105.5g 37%
お肉たっぷり焼き牛めし(元祖旨辛ダレ) 867kcal 102.4g 39%
ごろごろチキンの親子丼 872kcal 103.9g 40%
にんにくバターのごろチキコンボ牛めし 994kcal - 45%
甘唐辛子のトロたまごろチキコンボ牛めし 997kcal - 45%
お肉たっぷり焼き牛めし豚汁セット(元祖旨辛ダレ) 1026kcal 113.1g 47%

松屋の牛めしは、トッピングの種類が豊富ですが、上記の表はカロリーの低い順に並べたものです。ここでは、鶏肉や豚肉を使った商品も一緒に紹介していきます。上に乗せるトッピングや使う肉の種類、サイドメニューによってもカロリーが大きく変わるので、以下3商品を比較して詳しく見ていきましょう。

キムカル丼(796kcal/500円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
796kcal 108.0g 28.1g 23.9g 36%

脂質の多いカルビを使用しているため、牛めしよりもカロリー・糖質・脂質すべてが高いです。ただ、トッピングのキムチはカロリー/糖質量とも46kcal/5.2g(100gあたり)と低い上に、キムチの唐辛子に含まれる辛み成分カプサイシンには代謝の向上や内臓脂肪の燃焼といったダイエット効果が期待できます。

松屋ではサイドメニューでキムチ単品が販売されているので、キムカル丼以外でもカロリーの高いメニューを注文する場合には、キムチをトッピングして脂肪燃焼効果を得る方法も有効と言えます。

ビビン丼(792kcal/500円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
792kcal 104.8g 28.3g 23.2g 36%

こちらもキムチが使われたメニューですが、豚肉や野菜、温泉卵が乗っており、甘辛い味付けがされているなど、キムカル丼とはまったく違うメニューです。本場のビビンバよりは、だいぶ日本人向けにアレンジされた甘辛いタレがごはんとよく合い、他では味わえない松屋独自の牛めしと言えます。温泉卵で味に変化が出るのも、魅力のひとつです。

松屋のメニューの中ではカロリーは比較的低い方で、キムチに含まれるカプサイシンの脂肪燃焼効果にも期待ができます。ダイエット中にも手を出しやすいメニューですが、盛りの大きさには気を付けるようにしましょう。

お肉たっぷり焼き牛めし豚汁セット(元祖旨辛ダレ)(1026kcal/660円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
1026kcal 113.1g 44.2g 39.5g 47%

焼き牛めしには通常のみそ汁セットだけでなく、生野菜セット、豚汁セットが展開されており、一番カロリーが高いのがこの豚汁セットです。焼肉のタレでしっかり味付けされた牛肉と、具材たっぷりの豚汁が食欲をそそりますが、ご飯の糖質だけでなく、丼ものと汁もの両方で肉の脂質も多く摂取するようになるため、その分カロリーが高くなっています。

カロリーが気になる方は、栄養バランスも良くなる生野菜セットがおすすめです。

松屋【定食メニュー】のカロリーランキング

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
選べる小鉢の玉子かけごはん 491kcal(小鉢含まず) - 22%
定番朝定食 501kcal 91.1g 23%
焼鮭定食 531kcal 93.1g 24%
ソーセージエッグ定食 595kcal 93.9g 27%
ソーセージエッグW定食 684kcal 94g 31%
豚肩ロースの豚焼肉定食 757kcal 95.9g 34%
牛焼肉定食 766kcal 96.2g 35%
ブラウンソースハンバーグ定食 853kcal 116.4g 39%
カルビ焼肉定食 902kcal 99.7g 41%
ブラウンソースエッグハンバーグ定食 941kcal 116.5g 43%
豚肩ロースの生姜焼定食 1107kcal 105.7g 50%
お肉どっさりグルメセット 1230kcal 112.6g 56%
お肉どっさりグルメセット(熟成チルド牛肉使用) 1233kcal 112.8g 56%

次に、定食のカロリー・糖質量を見てみましょう。欧風ソースをたっぷりかけたハンバーグや脂身の多い部位を使ったメニューなど、全体的に牛めしよりややカロリーが高い印象です。

中でもお肉どっさりグルメセットは肉の使用量が多いため、特にカロリーが高いようです。ただ、定食は牛めしと違い、すべてのメニューにサラダがついてくるので、栄養のバランスは良いでしょう。

豚肩ロースの豚焼肉定食(757kcal/600円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
757kcal 95.9g 25.5g 29.7g 34%

赤身ですが脂がほどよく乗り、普通のロースより脂身が多く、濃厚な味わいがある肩ロースを使用した焼肉定食です。柔らかくカロリーが高そうな肉を使用していますが、味付けが塩コショウのみとシンプルなため、定食の中では一番カロリーが低いメニューです。

カウンター設置のタレやドレッシングの選び方によってもカロリーが変わります。公式サイトに栄養成分の詳細があるので、ダイエット中の方はチェックしてみてください。

ブラウンソースハンバーグ定食(853kcal/600円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
853kcal 116.4g 28.0g 30.9g 39%

濃厚な欧風ソースで、柔らかく煮込まれたハンバーグが人気の定食です。ソースの量も多いので一見カロリーが高そうですが、他の定食と比べて特別高いこともありません。

目玉焼き付きのブラウンソースエッグハンバーグ定食もありますが、さらにカロリーが高くなります。ダイエット中には、目玉焼き付きは控え、ソースを全部食べ切ろうとしないことをおすすめします。

豚肩ロースの生姜焼き定食(1107kcal/660円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
1107kcal 105.7g 58.8g 31.5g 50%

豚肩ロースの生姜焼き定食は、脂身の多い牛カルビ焼肉定食よりも200kcalもカロリーが高いため気をつけておきたいメニューと言えます。焼肉定食は大根おろしなどでさっぱりと食べられますが、生姜焼きは甘辛いタレでしっかりと味付けされており、さらに添えられたマヨネーズでカロリーが上がります。

カロリーが気になる場合は、薄い味付けで食べられるメニューを選んだ方が良いでしょう。

お肉どっさりグルメセット定食(熟成チルド牛肉使用)(1233kcal/930円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
1233kcal 112.8g 67.8g 39.6g 56%

プレミアム牛めしと同じ熟成チルド牛肉を使用したメニューですが、プレミアム牛めしの3倍もの牛肉が使用されている分、カロリー・脂質量がとても高いです。この1食だけで、1日の摂取カロリー目安の半分を超えてしまいます。

食べた時の満足感は高いですが、その分前後の食事や運動にかなり気を遣わなくてはいけません。サラダがついているからと油断せず、ダイエット中に食べるのは避けましょう。

松屋【カレーメニュー】のカロリーランキング

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
創業ビーフカレー 735kcal 109.7g 33%
創業ビーフカレー生野菜セット 758kcal 114.8g 34%
ごろごろ煮込みチキンカレー 893kcal 114.1g 41%
カレギュウ 915kcal 119.6g 42%
カレギュウ(熟成チルド牛肉使用) 918kcal 119.7g 42%
ハンバーグカレー 943kcal 124.2g 43%
創業ビーフカレギュウ 1011kcal 119.4g 46%
創業ハンバーグビーフカレー 1040kcal 124g 47%

最後に、カレーメニューのカロリーランキングを紹介します。松屋のカレーはカレギュウに代表されるように、カレーと牛丼の両方が楽しめるメニューもあります。チキンカレーやハンバーグカレーも肉の分量が多いため、カレーメニューはどれもカロリーが高いです。

創業ビーフカレギュウ(1011kcal/660円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
1011kcal 119.4g 45.1g 26.9g 46%

牛丼チェーン店の中で、カレーを取り扱う店は他にもありますが、松屋のカレギュウは牛めしとカレーが別の皿に盛られてくるのでそれぞれの味を個別に楽しめるのが特徴です。2019年に復活した創業ビーフカレーは、カレーの中にも牛肉がふんだんに使われており、ビーフの旨味と欧風カレーのコクが絶妙で、老若男女問わず好かれる味付けです。

ただ、肉の量が多い分、比較的高カロリーなカレーメニューの中でも、最もカロリーが高くなっています。プレミアム牛めしと同じ熟成チルド牛肉を使用したメニューもありますが、さらにカロリーが高くなるので注意しましょう。

ごろごろ煮込みチキンカレー(893kcal/590円)

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
893kcal 114.1g 27.1g 45.0g 41%

カレーメニューの中で一番カロリー・脂質量が低いのが、ごろごろ煮込みチキンカレーです。カレーの中に具材が多く使用されており食べ応えがありますが、牛肉や豚肉よりカロリーが低くヘルシーな鶏肉を使用している分、ダイエット中でも食べやすいカレーメニューと言えます。

カロリーは24kcalほど高くなりますが、栄養バランスを考えるなら、生野菜のサラダ付きのごろごろ煮込みチキンカレー野菜セットがおすすめです。

ハンバーグカレー

カロリー 糖質 脂質 タンパク質 一日のカロリー摂取量に占める割合
943kcal 124.2g 33.5g 32.6g 43%

カレーの中にハンバーグが入ったメニューですが、牛肉を多く使用している通常のカレギュウよりもカロリーが高いので、ダイエット中は注意したいメニューのひとつです。糖質量においては124.2gと松屋全メニューの中で最も高く、糖質制限中の方も控えた方が良いでしょう。

カレーのメニューはどれも食べ応えがありますが、丼ものと違い、並盛、大盛、単品、単品大盛しか盛りの量を選べません。ご飯の量を減らせないので、ダイエット中に食べる場合は、単品とサラダを注文する、テイクアウトし自宅で少量のご飯と一緒に食べるなどの工夫をすることをおすすめします。

松屋の牛丼のカロリーは高い?低い?

ここまでは、松屋のメニューの中でカロリーの比較をしてきましたが、ここからは松屋の牛丼と他の牛丼チェーン店の牛丼のカロリーを比べてみましょう。

松屋の牛丼のカロリーを他店舗と比較

店舗名 カロリー
松屋 692kcal
吉野家 652kcal
すき家 733kcal
なか卯 689kcal
東京チカラめし 822kcal

上記は、牛丼並盛りのカロリーを比較したものです。同じ牛丼並盛といっても、店によってカロリーに差があることが分かります。松屋の牛めしのカロリーは平均的と言えますが、それぞれ公式サイトで肉の量やご飯の量が明記されていないため、カロリーの違いが何によるものかは不明です。

チェーン店の牛丼をダイエット中に食べる場合は、各サイトでカロリーや糖質量をあらかじめ調べておくのも良いでしょう。また、各社それぞれトッピングやカロリーオフ商品など特色がありますが、プレミアム牛めしのように牛肉そのものにこだわったメニューがあるのは松屋だけでした。添加物を気にする方は、プレミアム牛めしのある松屋がおすすめです。

松屋の牛丼並盛り(1杯)のカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 259分
ジョギング 156分
自転車 97分
ストレッチ 311分
階段登り 87分
掃除機かけ 222分

松屋の牛めし並盛692kcalを消費するには、ウォーキングで4時間半近く、ジョギングでも2時間半以上の運動を続けなければいけないことが分かります。一番カロリーの低い、牛めしでもこの運動量が必要なので、大きい盛りにしたり、トッピングを増やしたりすれば、その分必要な運動量は増えます。ダイエット中はできれば控えた方が良いでしょう。

松屋でのダイエット向きの食べ方は?

どのメニューもカロリー・糖質量ともに決して低いとは言えない松屋ですが、ダイエット中に食べるにはどのような工夫をすれば良いのでしょうか。

①最初に野菜・サラダを食べる

ダイエット中、カロリーや糖質量さえ気をつけていれば良いわけではなく、食後の血糖値の上がり方もダイエットにおける重要な指標です。血糖値が上がると体内からインスリンが分泌されますが、血糖値の上がり方が急激であるほど分泌量も多くなります。インスリンの分泌量が多くなれば、糖分が脂肪として蓄えられやすく、太りやすい体になるとされています。

最初から糖質の多いものを食べると血糖値が急上昇する原因になるため、はじめは野菜・サラダを食べましょう。野菜に含まれる食物繊維が消化吸収のスピードを緩やかにし、血糖値の上昇を抑えてくれます。ダイエット中に限らず、健康管理のためにも野菜から食べる方法は有効です。牛丼を食べる場合は、サイドメニューのサラダを一緒に注文すると良いでしょう。(※2)

②おかず単品で注文する

メニューにもよりますが、松屋にはおかず単品で注文できるものもあります。例えば、牛めし並盛のカロリー/糖質量が692kcal/96.8gなのに対し、牛皿並盛は262kcal/6.2gです。豚肩ロースの豚焼肉定食では、定食が757kcal/95.9gなのに対し、おかず単品は313kcal/1.8gと大幅なカロリー・糖質カットになります。

牛丼のカロリーが高い一因に、ご飯の量があります。丼ものは茶碗で食べるよりご飯の量が多くなってしまうので、カロリー・糖質量が高くなりがちです。ダイエット中にご飯の食べ過ぎは避けたいので、おかず単品で注文しましょう。どうしても食べたい場合は、ミニ盛で注文する、もしくはテイクアウトして自宅で少量のご飯と合わせて食べる方法がおすすめです。

③夜に食べない

夜間に食べると太りやすいと言われていますが、寝る前に食べると太りやすいという理由からだけではありません。体内時計の役割を担うBMAL-1(ビーマルワン)と呼ばれる細胞には脂肪を生成し蓄積させるはたらきがあり、BMAL-1が活発に活動をしている時間帯に食事をすると脂肪がたまりやすく太りやすいと言われています。

昼の2時が一番少なく、夜10時頃から活発化し、深夜2時にピークを迎えるとされており、その活動量は昼間の約20倍です。このことから、いかに夜間の食事が太りやすいかが分かります。ダイエット中に牛丼を食べるなら、夜間は避け、昼食や早めの夕食として食べるようにしましょう。(※3)

松屋のカロリーに注意しよう

松屋の牛めしは、おかずの脂質量やご飯の糖質量が多いため、全体的にカロリ―が高いことが分かりました。ダイエット中にはできれば避けたい食事ですが、食べる場合には、ご飯の量を減らす、サラダを注文し最初に食べる、夜間は避けるなどの工夫をするようにしましょう。

関連する記事