レッドブルのカロリー・糖質は?ダイエット効果ある?太りにくい飲み方を紹介!

レッドブルのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、レッドブルのカロリー・糖質量を種類別や他のジュースと比較し、栄養素やダイエット効果を紹介します。レッドブルのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい飲み方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. レッドブルのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. レッドブルの商品別のカロリー・糖質
  3. レッドブルのカロリー・糖質量を他のジュースと比較
  4. レッドブル(1缶:185ml)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. レッドブルの栄養素は?ダイエット効果ある?
  6. ①カフェイン
  7. ②アルギニン
  8. ③ビタミンB群
  9. レッドブルのカロリーオフ商品のおすすめ
  10. レッドブル シュガーレスフリー(275円)
  11. レッドブルの太りにくい飲み方は?
  12. ①夜遅くに飲まない
  13. ②アルコールと一緒に飲まない
  14. レッドブルのカロリーに注意して飲もう

レッドブルのカロリー・糖質は高い?太る?

出典:https://twitter.com/cgvYIbdysjrqaDQ/status/1290413405321404416?s=20

オーストラリア発のエナジードリンクであるレッドブルを愛飲していても、含まれているカロリーや糖質には無頓着な人も多いことでしょう。ここではレッドブルのカロリーと糖質は高いのか、飲むと太るのかについて説明します。

レッドブルの商品別のカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
レッドブル エナジードリンク(185ml) 83.3kcal 20.4g 4%
レッドブル エナジードリンク(330ml) 148.6kcal 36.4g 7%
レッドブル シュガーフリー(185ml) 0kcal 0g 0%
レッドブル シュガーフリー(250ml) 0kcal 0g 0%
レッドブル ホワイトエディション(185ml) 83.3kcal 19.8g 4%


※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

レッドブルにもいくつかの種類があり、シュガーレスの商品はカロリーも糖質も0です。一般的なレッドブルは量の割にカロリーが高いため、1日に飲む量について配慮する必要があります。

レッドブルのカロリー・糖質量を他のジュースと比較

100mlあたり カロリー 糖質 カフェイン
レッドブル 45kcal 11g 43.2mg
ミラクルエナジーV 58kcal 14.4g 45mg
リアルゴールド 56kcal 14.0g 32mg
エナジージムストロング 56kcal 14.0g 7mg
モンスター 50kcal 12.6g 40mg
EXSTRONG RUN&GUN 50kcal 10.9g 65mg
コーラ 45kcal 11.3g 10mg
コカ・コーラエナジー 42kcal 10.3g 32mg
三ツ矢サイダー 42kcal 11g 0mg
ファンタグレープ 40kcal 10g 0mg

エナジードリンクは様々な栄養素が含まれた清涼飲料水の一種ですが、カフェイン含有量が多めであるという特徴があります。レッドブルは他のエナジードリンクや清涼飲料水と比べると、比較的カロリーも糖質も低めになっています。

レッドブル(1缶:185ml)のカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 31分
ジョギング 19分
自転車 12分
ストレッチ 37分
階段登り 10分
掃除機かけ 27分

上記はレッドブル エナジードリンク185mlに含まれている83.3kcalを消費するための運動量です。185mlは飲みごたえのある量とはいえませんが、カロリーを消費しようと思うとある程度の時間が必要なので、太りたくない場合は注意が必要です。

レッドブルの栄養素は?ダイエット効果ある?

出典:https://twitter.com/S_top9/status/1290213802802216962?s=20

レッドブルには様々な栄養素が含まれていますが、中にはダイエット効果があるものも含まれています。ここではレッドブルに含まれている栄養素の中でも、ダイエット効果があるものを3つ紹介します。

①カフェイン

レッドブルに含まれるカフェインのダイエット効果は以下の通りです。

・脂肪燃焼の促進
・筋トレ効果の向上


カフェインが代謝する際にカルシウムイオンが増えるため、筋肉が収縮しやすく筋肉量を増やすことにつながります。一方でカフェインを過剰摂取すると副腎皮質ホルモンであるコルチゾールが増加し、エネルギーを脂肪に変化させて体内にため込んでしまうので太りやすくなります。

②アルギニン

レッドブルに含まれるアルギニンのダイエット効果は以下の通りです。

・血流の促進
・基礎代謝の向上
・むくみの解消


アミノ酸の一種であるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す働きを持ちますが、体内で分泌量が減ることで痩せにくくなることで知られます。カロリーオフを心がけても体重が減らない停滞期に摂取すると、ダイエット効果が高まります。

③ビタミンB群

関連する記事