キャラメルのカロリー・糖質は?ダイエットに不向きで太る?食べ方のコツを紹介!

【管理栄養士監修】キャラメルのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、キャラメルのカロリー・糖質量をメーカー別や商品別に比較し、ダイエット中に食べれるのかを紹介します。キャラメルのカロリーを消費するのに必要な運動量や、太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. キャラメルのカロリー・糖質は?
  2. キャラメルのカロリー・糖質
  3. キャラメルのメーカー別のカロリーを比較
  4. 森永のキャラメルの商品別のカロリーを比較
  5. キャラメルのカロリーを他のお菓子と比較
  6. キャラメルはダイエットに不向き?太る?
  7. キャラメルは食べ過ぎなければ大丈夫
  8. キャラメル(1粒)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  9. キャラメルの太りにくい食べ方は?
  10. ①夜に食べない
  11. ②お茶と一緒に食べる
  12. キャラメルのカロリーに注意して食べよう

キャラメルのカロリー・糖質は?

定番のおやつとして親しまれるキャラメルは、甘味が強くカロリーや糖質が高そうにも見えますがどの程度なのでしょうか。他のお菓子や商品別に比較して紹介します。

キャラメルのカロリー・糖質

1粒(5g)あたり カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
キャラメル 22kcal 3.9g 1%
生キャラメル 14kcal 2.2g 1%
アーモンドキャラメル 20kcal 1.7g 1%


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です。

キャラメルのカロリーや糖質は上記の通りとなります。キャラメルを1粒食べるだけであれば、1日の摂取カロリーに占める割合は1%程度と低いので、それほどカロリーを気にしなくても良いと言えるでしょう。ただし、商品によっては思いがけず高カロリー、高糖質の場合もあるので成分表示をしっかり確認しましょう。

キャラメルのメーカー別のカロリーを比較

メーカー・商品名 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
グリコ アソビグリコ(1粒:4g) 16.5kcal 1%
森永 ミルクキャラメル(1粒:4.9g) 21kcal 1%
トップバリュ ミルクキャラメル(1粒:6g) 27kcal 1%
六花亭 マルセイキャラメル(1粒:7g) 37kcal 2%

グリコ、森永、トップバリュの商品はシンプルなキャラメルで、マルセイキャラメルはビスケット、大豆、アーモンドが入り、1粒も大きいのでカロリーが高めです。

マルセイキャラメルの糖質量は不明ですが、その他のキャラメルの糖質は2.9~4.7gとなっています。キャラメルは砂糖や水あめが主な原材料なので、いずれも脂質やたんぱく質に比べ糖質の含有量が高くなっています。

森永のキャラメルの商品別のカロリーを比較

商品名 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
森永 和栗キャラメル(1粒:4.6g) 19kcal 1%
森永 あまおうキャラメル(1粒:4.6g) 19kcal 1%
森永 抹茶キャラメル(1粒:4.9g) 20kcal 1%
森永 ヨーグルトキャラメル(1粒:4.9g) 20kcal 1%
森永 ミルクキャラメル(1粒:4.9g) 21kca 1%
森永 チョコキャラメル(1粒:4.9g) 21kcal 1%
森永 あずきキャラメル(1粒:8.3g) 35kcal 2%

森永のキャラメルの商品別のカロリーは上記の通りとなります。あずきキャラメル以外はいずれの種類もカロリーに大きな差はないので、味のバリエーションを変えて愉しむことができるでしょう。(※2)

竹本友里恵

管理栄養士

キャラメルに塩を合わせるのは、対比効果と言われています。甘味と塩味を感じる神経は別々に存在しており、塩味は甘味より速く伝わります。塩味を感じた後に甘さが訪れるので、甘さが引き立ちます。甘い食べ物は快楽中枢が刺激され、心をリラックスさせたり、病気への抵抗力を高める効果があります。

キャラメルのカロリーを他のお菓子と比較

カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
キャラメル(100g:20個分) 433kcal 20%
ハイチュウ(100g:21個分) 413kcal 19%
クッキー(100g:10個分) 427kcal 19%
チョコレート(100g:20個分) 558kcal 25%

キャラメルやハイチュウは糖質は高めですが、脂質分が少ないのでクッキーやチョコレートに比べると低カロリーです。また、キャラメルはしっかり噛んで食べるので満腹中枢が刺激され、少量でも満足感が得られやすく食べる量も減らしやすいでしょう。

竹本友里恵

管理栄養士

食べ物をよく噛む事は、様々な健康効果が期待できます。脳が刺激されて血行が良くなり、子供は脳が発達し、大人は物忘れの予防に繋がります。また、唾液の分泌が増加したり、胃腸の働きを促進する消化酵素の分泌が増加する事で、虫歯予防・胃腸の負担を和らげる事ができます。

キャラメルはダイエットに不向き?太る?

関連する記事

×