コーン茶の効能は?ダイエット効果ある?作り方や妊婦さんへの安全性など解説!

【管理栄養士監修】コーン茶にどんな効能があるか知っていますか?実はコーン茶には様々なダイエット効果があります。今回は、コーン茶の効果・効能や妊婦・赤ちゃんが飲んでも問題ないか、副作用の有無などについて紹介します。コーン茶の作り方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コーン茶とは?
  2. 韓国発祥のとうもろこしを使ったお茶
  3. コーン茶のカロリー・糖質
  4. コーン茶に期待できる効能は?ダイエット効果はある?
  5. ①美容効果
  6. ②むくみ解消
  7. ③便秘の解消・ダイエット効果
  8. ④冷え性の改善
  9. コーン茶は妊婦・赤ちゃんでも飲める?副作用はない?
  10. ノンカフェインなので問題ない
  11. コーン茶の作り方は?
  12. 必要な材料
  13. コーン茶の作り方・手順
  14. コーン茶を飲んで健康効果をえよう

コーン茶は妊婦・赤ちゃんでも飲める?副作用はない?

コーン茶には、様々な効能があることがわかりましたが、妊婦や赤ちゃんでも問題なく飲めるのでしょうか。妊婦は、薬や食事が胎児に大きく影響してくるため、コーン茶が妊婦にとって安全なのかどうか、しっかりと確認しておく必要があります。

ノンカフェインなので問題ない

コーン茶には、緑茶やほうじ茶に含まれるようなカフェインが入っていません。カフェインは妊婦が大量に摂取すると胎児に影響を及ぼすことがわかっており、妊婦は1日に摂取できるカフェインの量が決まっています。また、赤ちゃんも同様でカフェインを摂取することができません。

そのため、妊婦や赤ちゃんは麦茶を飲むことが多いのですが、コーン茶も麦茶と同じくノンカフェインなので、問題なく飲むことができます。

コーン茶の作り方は?

赤ちゃんや妊婦でも安心して飲めるコーン茶は、家族みんなで飲みたいといった方も多いでしょう。続いて、自宅で簡単にできるコーン茶の作り方を紹介します。

必要な材料

・大きめの鍋またはやかん
・水:1ℓ
・コーン茶(粒状):50g

コーン茶の作り方・手順

粒状のコーン茶は水出しではないため、煮出して作ります。

【作り方・手順】
1、大きめの鍋またはやかんに1ℓの水を入れて火にかける
2、グラグラと沸騰する手前の段階で、コーン茶を50g入れて、約5分間煮る
3、火を止めて、そのままの状態で5~10分ほど放置する
4、コーン茶を取り出して、荒熱をとれば出来上がり


水とコーン茶の比率は、あくまでも目安です。お茶が濃いと感じる場合は、水の量を2ℓに増やすなどして、お好みの濃さに調整してください。

味に敏感な赤ちゃんでも優しい味わいのコーン茶なら飲みやすいですが、赤ちゃんに飲ませる場合は、大人と同じ濃さではなく、少し薄めて飲ませてあげると良いです。夏にはアイスで、冬にはホットで1年中おいしくコーン茶を飲みましょう。

コーン茶を飲んで健康効果をえよう

コーン茶は、ノンカフェインで赤ちゃんから妊婦も安心して飲める健康的な飲み物です。コーン茶には、栄養成分があり、美容効果・むくみ解消・便秘解消・冷え性の改善などの効能が期待できるため、ダイエットをしている人や健康を考える人にもぜひ飲んでほしいお茶です。コーン茶を日々継続して飲むことで効能を得て、健康的な日々を過ごしましょう。

酒井佑佳

管理栄養士

コーン茶には鉄分も豊富に含まれています。 妊娠中は貧血になりやすいため、貧血予防にもコーン茶はオススメです。

関連する記事

×