豚トロのカロリー・糖質は?脂質が高い?太りにくい食べ方なども紹介!

豚トロのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、豚トロの<カロリー・糖質量・脂質>を他の豚肉の部位と比較し、カロリーを消費するのに必要な運動量なども紹介します。豚トロのダイエット向きの太りにくい食べ方やカロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 豚トロのカロリー・糖質は?脂質が高い?
  2. 豚トロの<カロリー・糖質・脂質>を他の豚肉の部位と比較
  3. 豚トロ(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  4. 豚トロのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  5. ①ネギ塩で食べる
  6. ②生姜焼きにする
  7. ③カリカリになるまで焼く
  8. ④サンチュで包んで食べる
  9. 豚トロの太りにくい食べ方は?
  10. ①よく噛んで食べる
  11. ②野菜を最初に食べる
  12. ③夜に食べない
  13. 豚トロのカロリー・脂質に注意して食べよう

③カリカリになるまで焼く

出典:https://www.pinterest.jp/pin/95490454588097688/

豚トロを網やフライパンでカリカリになるまでじっくり焼くと、余分な油が落ちてカロリーをオフすることができます。フライパンを使う場合には、油の要らないテフロン加工されたものを使用し、落ちた油はキッチンペーパーで吸い取りましょう。味付けは脂肪分解酵素であるリパーゼを含む、大根おろしとポン酢でさっぱりと食べるのがおすすめです。

④サンチュで包んで食べる

焼肉の定番である葉野菜のサンチュやレタスで豚トロを包んで食べると、量を控えても食べ応えがあるため、カロリーオフしながらも満足感が得られます。豚トロを包む際に、脂肪燃焼効果のあるカプサイシンを含むキムチを加えても良いでしょう。こちらの食べ方は、ごはんなどの主食を控える必要のある、糖質制限中にもおすすめです。

豚トロの太りにくい食べ方は?

ダイエット中に豚トロを食べる際に、調理法の他には気を付けるポイントがあるのでしょうか。ここからは、豚トロの太りにくい食べ方について解説します。

①よく噛んで食べる

豚トロの肉質は脂が多く柔らかいため、あまり噛まずに食べてしまいがちですが、よく噛んで食べると脳の満腹中枢が刺激され食べ過ぎが防げます。

また、食事を摂ることで血糖値が上がり、脳が満腹だと感じるまでには約20分かかるため、時間をかけてゆっくりと食べましょう。満腹感を早く感じるためには、豚トロを一口食べるごとに箸を置き、20回程度噛むことがポイントです。(※2)

②野菜を最初に食べる

食事の際に野菜を最初に食べると、脂肪やコレステロールの吸収を抑えると言われています。これは野菜に含まれる食物繊維によるもので、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果もあることから、脂肪を合成するインスリンと呼ばれるホルモンの分泌量も減りダイエットに効果的です。

食物繊維は野菜の他にも、きのこや海藻に多く含まれているので、豚トロを食べる前には取り入れてみましょう。(※3)

③夜に食べない

人間の体内には脂肪の合成に関わる、BMAL1と呼ばれるタンパク質が存在します。BMAL1は時間によって増減を繰り返していて、14時ごろが最も少なく、夕方から徐々に増加し深夜の2時頃にピークを迎えることが特徴的です。

BMAL1の数が多い時間ほど太りやすいとされているため、夜遅くに豚トロを食べることは避け、比較的数の少ない昼食時に食べると良いでしょう。(※4)

豚トロのカロリー・脂質に注意して食べよう

豚トロに含まれるカロリーや脂質、糖質について解説しました。豚トロはカロリーが高いため、ダイエット中は調理法や食べ方に工夫が必要な食材です。今回紹介したカロリーオフのための調理法や、太りにくい食べ方を参考にして、ヘルシーに豚トロを食べましょう。

関連する記事

×