豚トロのカロリー・糖質は?脂質が高い?太りにくい食べ方なども紹介!

豚トロのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、豚トロの<カロリー・糖質量・脂質>を他の豚肉の部位と比較し、カロリーを消費するのに必要な運動量なども紹介します。豚トロのダイエット向きの太りにくい食べ方やカロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 豚トロのカロリー・糖質は?脂質が高い?
  2. 豚トロの<カロリー・糖質・脂質>を他の豚肉の部位と比較
  3. 豚トロ(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  4. 豚トロのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  5. ①ネギ塩で食べる
  6. ②生姜焼きにする
  7. ③カリカリになるまで焼く
  8. ④サンチュで包んで食べる
  9. 豚トロの太りにくい食べ方は?
  10. ①よく噛んで食べる
  11. ②野菜を最初に食べる
  12. ③夜に食べない
  13. 豚トロのカロリー・脂質に注意して食べよう

豚トロのカロリー・糖質は?脂質が高い?

焼肉メニューで人気の部位である豚トロは、脂がたっぷり乗っているためカロリーが高いのでしょうか。豚トロに含まれるカロリーや糖質、脂質といった栄養価を、詳しく解説します。

豚トロとは?どこの部位?味わい・肉質など特徴や美味しい食べ方など紹介!

豚トロの<カロリー・糖質・脂質>を他の豚肉の部位と比較

100gあたり カロリー 糖質 脂質
豚トロ 386kcal 0g 36g
豚ヒレ肉 115kcal 0.2g 1.9g
豚もも肉 183kcal 0.2g 10.2g
豚ロース肉 263kcal 0.2g 19.2g
豚バラ肉 386kcal 0.1g 34.6g


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

豚の首部分である豚トロは、脂の乗った豚バラ肉と同等のカロリーと脂質量で、豚肉の部位の中でも高カロリーだとわかります。豚ヒレ肉は脂質量が少ないため、この中でもっとも低カロリーです。豚トロはカロリー制限中には不向きだと言えますが、糖質が含まれていないため糖質制限中の人が食べる分には問題ないでしょう。

(*豚肉の部位別のカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豚肉のカロリーを部位別に比較!一番ヘルシーな部位・調理法など紹介!

豚トロ(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 145分
ジョギング 87分
自転車 55分
ストレッチ 173分
階段登り 48分
掃除機かけ 124分

上記の表は、豚トロ100gの386kcalを消費するために必要な運動量です。基礎代謝や活動によりカロリーは消費されているため、必ずしも運動が必要ではありませんが、運動で消費するには長い時間がかかります。ダイエット中の人や太りたくない人は、豚トロの食べ過ぎには気を付けましょう。

豚トロのダイエット向けにカロリーオフする方法は?

こんがりと焼いた豚トロはジューシーで美味しいものですが、ダイエット中にはカロリーや脂質が気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは、豚トロをカロリーオフする調理法を紹介します。

①ネギ塩で食べる

豚トロに刻んだネギと塩をかけて食べることで、焼肉のタレの分のカロリーや糖質を抑えることが可能です。こちらの食べ方はカロリーや糖質が低くなるだけではなく、ネギにはフルタンと呼ばれる脂肪燃焼効果がある成分が含まれています。塩分の気になる時はレモン汁をひと絞り加えると、レモンの持つ酸味が塩味を引き立てるため、薄味でも満足できるでしょう。

②生姜焼きにする

豚トロを生姜焼きにすることで、生姜に含まれるジンゲロールと呼ばれる成分が、加熱によりジンゲロンとショウガオールに変化します。ジンゲロンは脂肪燃焼を促す酵素を活性化させ、ダイエット効果が期待できる栄養素です。また、ショウガオールは血液循環を促し代謝を促す効果があり、太りにくい体作りに役立ちます。

関連する記事

×