【2021年】三角チョコパイのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向きの食べ方なども紹介!

三角チョコパイのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、三角チョコパイのカロリー・糖質を〈黒・白・ティラミス〉で種類別に他のスイーツと比較しながら紹介します。三角チョコパイのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 三角チョコパイが2021年も発売される!
  2. 2021年の三角チョコパイのラインナップ
  3. 三角チョコパイの販売時期
  4. 三角チョコパイのカロリー・糖質は?
  5. 三角チョコパイのカロリー・糖質
  6. 三角チョコパイのカロリー・糖質量を他のスイーツと比較
  7. 三角チョコパイ黒(1個)のカロリー消費に必要な運動量
  8. 三角チョコパイの太りにくい食べ方は?
  9. ①夜遅くに食べない
  10. ②一緒に飲む飲み物に注意する
  11. 三角チョコパイのカロリーに注意して食べよう

三角チョコパイが2021年も発売される!

出典:https://twitter.com/McDonaldsJapan/status/1330337349511880707/photo/1

2007年から知られるマックの三角チョコパイですが、2021年も期間限定で販売されます。サクサクとしたパイ生地の中の温かいチョコレートを、秋から冬の寒い時期にぜひ愉しみたいものです。ここでは、2021年の三角チョコパイのラインナップについて紹介します。

2021年の三角チョコパイのラインナップ

2021年はティラミス味の三角チョコパイが新発売されるため注目されています。以下の値段は単品価格です。

・三角チョコパイ(黒):130円
・三角チョコパイ(しろ):150円
・三角チョコパイ(ティラミス):150円

今回の三角チョコパイ(黒・しろ)は、チョコクリームが10%増量しており一層濃厚なチョコクリームを楽しめます。三角チョコパイ(ティラミス)は、コーヒークリームとマスカルポーネチョコクリームが入っているのが特徴です。甘さとコーヒーの少しの苦味が合わさって高級感を味わえるチョコパイです。

三角チョコパイの販売時期

三角チョコパイのそれぞれの販売時期を見てみましょう。

・三角チョコパイ(黒)130円:2021年10月14日~1月上旬
・三角チョコパイ(しろ)150円:2021年10月14日~11月10日
・三角チョコパイ(ティラミス)150円:2021年11月11日~12月上旬

三角チョコパイの黒とティラミスの販売終了日はまだ確実でなく12月上旬予定また1月上旬予定とされています。しかし、期間はそれほど長くないため早めに試すのがおすすめです。

三角チョコパイのカロリー・糖質は?

出典:https://twitter.com/Karehima_p/status/1331439727535243267/photo/1

マックの三角チョコパイは確かに人気ですが、今回チョコクリームが10%増量になっていたりすることから気になるのはカロリーや糖質です。三角チョコパイの種類別のカロリー、糖質を紹介するので参考にしてください。

三角チョコパイのカロリー・糖質

1個あたり カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
三角チョコパイ(黒) 347kcal 28.1g 16%
三角チョコパイ(しろ) 334kcal 30.9g 15%
三角チョコパイ(ティラミス) 343kcal 32.9g 16%

それぞれの味によるカロリーや糖質の大きな差はないことが分かります。今回の三角チョコパイはチョコクリーム10%増量しているため、昨年のものよりもカロリーが20kcalほど高くなっているようです。1個でも1日の間食量の目安である200kcalを超えてしまうので、特にダイエット中は人と分け合うなど工夫し食べ過ぎないようにしましょう。

(*三角チョコパイ以外のメニューのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

マクドナルドのカロリー・糖質一覧表【低い順】ダイエット中もOKなメニューを紹介!

三角チョコパイのカロリー・糖質量を他のスイーツと比較

1個あたり カロリー 糖質
三角チョコパイ(黒) 347kcal 28.1g
ティラミス 381kcal 34.2g
ショートケーキ 366kcal 28.5g
ドーナッツ 224kcal 31.3g
シュークリーム 194kcal 21.5g
ソフトクリーム 190kcal 26.1g

※1日の摂取量は成人男性の目安です。
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

マックの三角チョコパイ(黒)のカロリーと糖質量を他のデザートと比べるとそれほど大きな差はないことが分かります。しかし、シュークリームやソフトクリームと比べると2倍近くカロリーが高いためダイエットをしている人は特に注意が必要でしょう。

三角チョコパイ黒(1個)のカロリー消費に必要な運動量

関連する記事