【2021年】三角チョコパイのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向きの食べ方なども紹介!

三角チョコパイのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、三角チョコパイのカロリー・糖質を〈黒・白・ティラミス・クッキー&クリーム〉で種類別に他のスイーツと比較しながら紹介します。三角チョコパイのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 三角チョコパイが2021年も発売される!
  2. 2021年の三角チョコパイのラインナップ
  3. 三角チョコパイの販売時期
  4. 三角チョコパイのカロリー・糖質は?
  5. 三角チョコパイのカロリー・糖質
  6. 三角チョコパイのカロリー・糖質量を他のスイーツと比較
  7. 三角チョコパイ黒(1個)のカロリー消費に必要な運動量
  8. 三角チョコパイの太りにくい食べ方は?
  9. ①夜遅くに食べない
  10. ②一緒に飲む飲み物に注意する
  11. 三角チョコパイのカロリーに注意して食べよう
運動方法 時間
ウォーキング 130分
ジョギング 78分
自転車 49分
ストレッチ 156分
階段登り 44分
掃除機かけ 112分

上記は三角チョコパイ(黒)1個分347kcalを消費するために必要な運動量です。347kcalを消費するためには、ジョギングのような本格的な運動であっても1時間以上の継続が必要になってくることが分かります。三角チョコパイをダイエット中も美味しく愉しむためには、普段以上に運動を心掛けることが重要でしょう。

三角チョコパイの太りにくい食べ方は?

出典:https://twitter.com/14085166391kg/status/1331538028586680320/photo/1

カロリーや糖質が気になっても期間限定ということもあり三角チョコパイをぜひ楽しみたいという人は、どのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

①夜遅くに食べない

寝る前には食べることを避けた方が良いと耳にすることがありますが、実際に高カロリー・高糖質のものを夜中に食べることは昼間に比べて20倍も太りやすくなると言われています。細胞内のBMAL-1と呼ばれるたんぱく質は夜になると分泌が増え、細胞内に脂肪がたまりやすくなります。

BMAL-1の分泌が最も少ないのは午後2時頃とされているのでカロリー、糖質が高めの三角チョコパイは夜ではなく昼間に食べるようにしましょう。(※2)

②一緒に飲む飲み物に注意する

三角チョコパイはカロリーや糖質が高いものの、満足感や満腹感を与えてくれるため食べ方を工夫すれば必ずしもダイエットに適さないわけではありません。三角チョコパイを食べる際に、一緒に飲む飲み物の選び方にも配慮すると良いでしょう。

お茶・白湯・無糖の炭酸水などであればノンカロリーで、食べ過ぎ防止にも効果的です。ジュースなど飲み物によってはさらにカロリー・糖質をあげてしまうため注意が必要です。

三角チョコパイのカロリーに注意して食べよう

マックの三角チョコパイは、カロリーや糖質が高いことが分かりました。人気の三角チョコパイは運動を心掛けることや夜に食べない、食べ過ぎないなど食べ方に気を付けることで期間限定中に楽しんでみましょう。

関連する記事