マクドナルドのカロリー・糖質一覧表【低い順】ダイエット中もOKなメニューを紹介!

【2020年最新】マクドナルドのメニュー別のカロリー・糖質を知っていますか?ダイエット中でも食べられるメニューはあるのでしょうか?今回は、マクドナルドのカロリーを〈ハンバーガー・サイドメニュー・ドリンク・デザート〉でメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。マクドナルドの低カロリーに抑える組み合わせや、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. マクドナルドのメニューのカロリーを一覧表で紹介!
  2. マクドナルドのメニュー【ハンバーガー】のカロリーランキング
  3. ハンバーガー(256kcal/110円)
  4. チキンクリスプ(345kcal/110円)
  5. てりやきマックバーガー(478kcal/340円)
  6. ビックマック(525kcal/390円)
  7. マクドナルドのメニュー【サイドメニュー】のカロリーランキング
  8. サイドサラダ(10kcal/280円)
  9. チキンマックナゲット(270kcal〜/200円〜)
  10. マックフライポテト(225kcal〜/150円〜)
  11. マクドナルドのメニュー【ドリンク】のカロリーランキング
  12. マクドナルドのメニュー【スイーツ・デザート】のカロリーランキング
  13. プチパンケーキ(161kcal/200円)
  14. ホットアップルパイ(211kcal/100円)
  15. マックシェイク バニラ(218kcal~/120円~)
  16. マクドナルドのメニュー【モーニング】のカロリーランキング
  17. ソーセージエッグマフィン(475kcal/250円)
  18. フィレオフィッシュバーガー(341kcal/340円)
  19. ビックブレックファスト(659kcal/400円)
  20. マクドナルドで低カロリーに抑える組み合わせは?
  21. ①400kcal以下で抑える場合
  22. ②500kcal以下で抑える場合
  23. ③600kcal以下で抑える場合
  24. マクドナルドでダイエット向きの食べ方は?
  25. ①最初に野菜・サラダを食べる
  26. ②揚げ物は避ける
  27. ③ノンカロリーのドリンクを選ぶ
  28. ④栄養バランスを考えて食べる
  29. マクドナルドのカロリーに注意しよう

マクドナルドのメニューのカロリーを一覧表で紹介!

マクドナルドといえば大人から子供に大人気のファーストフード店です。おいしい上に低コストと、多くの人にとって利用しやすいマクドナルドですが、カロリーが気になるという声も多くあります。今回はマクドナルドの商品のカロリーを種類別に一覧表で紹介していきます。

マクドナルドのメニュー【ハンバーガー】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
ハンバーガー(110円) 256kcal 28.8g 10%
チーズバーガー(140円) 307kcal 29.3g 12%
フィレオフィッシュバーガー(340円) 341kcal 35.0g 13%
チキンクリスプ(110円) 345kcal 35.8g 13%
ベーコンレタスバーガー(360円) 374kcal 27.4g 14%
エッグチーズバーガー(エグチ)(200円) 387kcal 29.5g 15%
スパイシーチキンバーガー(スパチキ)(200円) 389kcal 35.9g 15%
えびフィレオ(390円) 395kcal 44.8g 15%
ベーコンマックポーク(マクポ)(200円) 419kcal 32.8g 16%
グラン ガーリックペッパー(390円) 428kcal 36.6g 16%
チキンチーズバーガー(チキチー)(200円) 431kcal 37.0g 16%
ダブルチーズバーガー(340円) 457kcal 29.7g 17%
チキンフィレオ(360円) 465kcal 44.5g 18%
てりやきマックバーガー(340円) 478kcal 34.7g 18%
グラン ベーコンチーズ(390円) 489kcal 33.6g 18%
てりやきチキンフィレオ(370円) 498kcal 49.6g 19%
ビックマック(390円) 525kcal 39.2g 20%
グラン クラブハウス(490円) 527kcal 34.4g 20%

*公式データです
※1日の摂取量は成人男性の目安です。


一番カロリーの高いバーガーは低いバーガーの2倍以上もカロリーがあることがわかります。今からそれぞれ人気のメニューについて栄養面から見ながら紹介していきます。

ハンバーガー(256kcal/110円)

出典:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27046045/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
256kcal 28.8g 9.4g 12.8g

マクドナルドの原点であり、パティにピクルスなどの野菜とケチャップが入っているシンプルなハンバーガーです。1個256kcalとマクドナルドのハンバーガーの中では一番カロリーが低く、ダイエットしている方でも食べやすいです。

チキンクリスプ(345kcal/110円)

出典:https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1025817/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
345kcal 35.8g 15.5g 14.0g

マクドナルドで大人気のチキンクリスプはパティに鶏肉を使用しているため、牛や豚をパティとして使用したバーガーより高タンパク低脂質ですが、揚げられているため糖質、カロリー共に高くなっています。フレッシュなレタスが入っていることでみずみずしい食感を楽しめるだけでなく、ほかのバーガーより食物繊維が豊富です。

てりやきマックバーガー(478kcal/340円)

出典:https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28043669/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
478kcal 34.7g 30.2g 15.5g

マクドナルドのバーガーの中では高カロリーの部類に位置するてりやきマックバーガーはポークパティを使用しています。レタスも沢山入っており、一見それほど高カロリーには見えませんが、てりやきのタレに使われている調味料やマヨネーズソースの糖質、脂質が高いです。

ビックマック(525kcal/390円)

出典:https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14048214/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
525kcal 39.2g 28.3g 26g

ビーフパティ2枚にチースが入っておりボリューム満天なだけでなくレタスが沢山入っているため食物繊維はハンバーガーの1.7倍です。他のバーガーと違いバンズが3枚入っている分糖質が高くなっています。

(*マクドナルドのハンバーガーのカロリーランキングについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

マクドナルドのハンバーガーのカロリーランキング!ヘルシーな食べ方も紹介!

マクドナルドのメニュー【サイドメニュー】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
サイドサラダ(280円) 10kcal 1.5g 0%
スイートコーン(230円) 58kcal 8.2g 2%
ハッシュポテト(130円) 145kcal 11.4g 5%
マックフライポテトS(150円) 225kcal 25.4g 8%
シャカチキ(チキンのみ)(150円) 243kcal 16.1g 9%
シャカチキ(レッドペッパー)(150円) 249kcal 17.1g 9%
シャカチキ(チェダーチーズ)(150円) 252kcal 17.1g 10%
チキンマックナゲット5ピース(200円) 270kcal 12.2g 10%
マックフライポテトM(280円) 410kcal 44.2g 15%
マックフライポテトL(330円) 517kcal 58.3g 20%
チキンマックナゲット15ピース(580円) 810kcal 36.6g 31%

一番カロリーの低いメニューと、高いメニューのカロリー差はなんと800kcalです。その中でも今回はサラダ、ナゲット、ポテトについて詳しく紹介していきます。

サイドサラダ(10kcal/280円)

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13102965/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
10kcal 1.5g 0.1g 0.5g

こちらはドレッシング抜きのデータです。ちなみにドレッシングは以下の通りです。

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
焙煎ごまドレッシング 107kcal 2.3g 10.6g 0.5g
低カロリー玉ねぎ 7kcal 1.1g 0g 0.4g

ドレッシング一つ選んでも100kcalもの差があるため、ダイエットをしている方はサラダを食べる際にドレッシングを低カロリー玉ねぎにする、もしくはかけないようにしましょう。

チキンマックナゲット(270kcal〜/200円〜)

出典:https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43005449/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
5ピース 270kcal 12.2g 17.2g 15.8g
15ピース 810kcal 36.6g 51.6g 47.3g

カロリーが低い食肉として有名なチキンですが、衣をつけ、揚げ調理が加わることで高カロリーになってしまいます。高タンパクな商品ですが、ダイエット中の人は5ピースまでにしましょう。

マックフライポテト(225kcal〜/150円〜)

出典:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010304/1047560/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
S 225kcal 25.4g 11.3g 2.9g
M 410kcal 20.6g 44.2g 5.3g
L 517kcal 58.3g 25.9g 6.7g

大人気商品のポテトですが、脂質・糖質ともに高く、決してダイエットに向いているとは言えません。オーダー率の高いポテトMの糖質は、ほとんどのバーガーより高く、これを知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。

(*フライドポテトのカロリーや糖質について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

フライドポテトのカロリー・糖質は高い?店・サイズ別に比較!カロリーオフする方法も紹介!

マクドナルドのメニュー【ドリンク】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
コカ・コーラゼロ(220円) 0kcal 0g 0%
爽健美茶(220円) 0kcal 0g 0%
サントリー黒烏龍茶#濃いめ(250円) 3kcal 0.7g 0%
アールグレイ アイスティー(220円) 3kcal 0g 0%
ホットティー(220円) 3kcal 0.2g 0%
プレミアムローストアイスコーヒー(150円) 9kcal 1.0g 0%
プレミアムローストコーヒー(150円) 12kcal 2.1g 0%
ミニッツメイド アップル100(130円) 96kcal 23.8g 4%
アイスカフェラテ(200円) 103kcal 7.6g 4%
スプライト(220円) 117kcal 29.3g 4%
野菜生活100(240円) 119kcal 27.4g 4%
カフェラテ(200円) 119kcal 6.3g 4%
アイスキャラメルラテ(260円) 136kcal 21.2g 5%
ミルク(190円) 138kcal 9.9g 5%
コカ・コーラ(220円) 140kcal 35.1g 5%
Qoo すっきり白ぶどう(220円) 146kcal 22.9g 6%
ミニッツメイド オレンジ(240円) 146kcal 21.4g 6%
ファンタグレープ(220円) 156kcal 39g 6%
ファンタメロン(220円) 156kcal 39g 6%
キャラメルラテ(260円) 170kcal 21.2g 6%

*サイズ展開のあるものはMサイズで統一してあります。

カロリーが飛び抜けて高いドリンクがあるというわけではありませんが、カロリーばかりにとらわれてはいけません。ジュース類の糖質は非常に高く、特にファンタ類やコーラには注意が必要です。

(*ジュース・野菜ジュースの糖分や糖質について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ジュースは太る?糖分・糖質が原因?太りにくいダイエット向きの飲み方も紹介!
野菜ジュースは糖質高くて太る?市販は要注意?ダイエット向きの飲み方も紹介!

マクドナルドのメニュー【スイーツ・デザート】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
マックフロート コーヒー(290円) 114kcal 18.6g 4%
ソフトツイスト(100円) 148kcal 24.5g 6%
プチパンケーキ(200円) 161kcal 25.1g 6%
マックフロート コーク(290円) 195kcal 39.4g 7%
マックフロート グレープ(290円) 205kcal 41.9g 8%
マックフロート メロン(290円) 205kcal 41.9g 8%
ホットアップルパイ(100円) 211kcal 25.8g 8%
ワッフルコーン プレーン(150円) 232kcal 40.0g 9%
マックフルーリー オレオ クッキー(240円) 235kcal 37.1g 9%
ワッフルコーン ストロベリー(200円) 257kcal 45.9g 10%
ワッフルコーン チョコ&アーモンド(200円) 295kcal 43.1g 11%
マックシェイク バニラ(200円) 361kcal 75.4g 14%
マックシェイク ストロベリー(200円) 366kcal 76.6g 14%
マックシェイク チョコレート(200円) 380kcal 76.3g 14%

*サイズ展開のあるものはMサイズで統一してあります。

この中でもオーダー率の高い、3種類を紹介します。

プチパンケーキ(161kcal/200円)

出典:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14035304/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
161kcal 25.1g 4.4g 3.8g

パンケーキといえばカロリーの高いイメージがありますが、他のスイーツに比べて糖質、カロリー共に低いです。パンケーキの原料である小麦粉には食物繊維が豊富に含まれています。

(*パンケーキ・ホットケーキのカロリーや糖質について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ホットケーキのカロリー・糖質は?ダイエット向けにカロリーオフして作る方法も紹介!

ホットアップルパイ(211kcal/100円)

出典:https://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21012538/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
211kcal 25.8g 10.7g 1.9g

サクサクした食感と、ほくほくトロッとしたアップルフィリングが人気のアップルパイは、揚げる加工がされているため脂質は高く、糖質が低いのが特徴です。

マックシェイク バニラ(218kcal~/120円~)

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13103271/dtlphotolst/7/smp2/

順位 カロリー 糖質 脂質 タンパク質
S 218kcal 45.2g 2.0g 4.5g
M 361kcal 75.4g 3.2g 7.2g

バニラの甘さと香り、クリーミーな舌触りが特徴的なシェイクですが、糖質75.4gと、ハンバーガーの2.5倍以上です。糖質を摂取しすぎると余分なブドウ糖が、体脂肪として蓄えられ、決してダイエットに向いているとはいえません。

マクドナルドのメニュー【モーニング】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
ベーコンエッグマックサンド(200円) 299kcal 26.9g 11%
エッグマックマフィン(200円) 311kcal 25.4g 12%
ホットケーキ(290円) 319kcal 49.9g 12%
フィレオフィッシュ(340円) 341kcal 35.0g 13%
チキンクリスプマフィン(140円) 364kcal 34.5g 14%
ソーセージマフィン(110円) 395kcal 25.5g 15%
マックグリドル ベーコンエッグ(300円) 396kcal 40.6g 15%
マックグリドル ソーセージ(150円) 420kcal 40.3g 16%
ソーセージエッグマフィン(250円) 475kcal 25.6g 18%
マックグリドル ソーセージエッグ(300円) 550kcal 40.7g 21%
ビックブレックファスト(ハッシュポテト含む)(400円) 659kcal 36.6g 25%
メガマフィン(350円) 695kcal 29.2g 26%
ビックブレックファストデラックス(ハッシュポテト含む)(600円) 978kcal 86.6g 37%

モーニングは、お昼と違い、バンズにマフィンが追加され、より違う味わいを楽しむことができます。今回はマフィンとパンの違いを栄養価の面から紹介していきます。また他にも朝の人気メニューを紹介します。


ソーセージエッグマフィン(475kcal/250円)

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13056137/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
475kcal 25.6g 30.6g 21.5g

卵が入っていることでビタミン類、タンパク質が豊富です。またバンズにはマフィンが使用されており、マフィンはパンより糖質が低いだけでなく、食物繊維が多くなっています。

(*ソーセージマフィンのカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ソーセージマフィンのカロリー・糖質は?バリューセットのダイエット向きな頼み方も紹介!

フィレオフィッシュバーガー(341kcal/340円)

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r1514536831458

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
341kcal 35.0g 14.6g 15.6g

パティには白身魚を使用しているため、ビーフパティのハンバーガーに比べ高タンパク低脂質です。魚はフライなので、糖質が高くなっていますが、ボリューム感は満天なのでダイエットされている方でも満足感が得られる食事をとることができます。

ビックブレックファスト(659kcal/400円)

出典:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1022065/dtlphotolst/1/smp2/D-normal/2/

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
659kcal 36.6g 42.8g 26.3g

ボリューミーで満腹感を味わえるため当然カロリーは高いですが糖質が低いのが特徴で、バーガー類とほぼ同じくらいです。また食物繊維も豊富で、全体的な栄養価の高い一品です。

マクドナルドで低カロリーに抑える組み合わせは?

マクドナルドはポテトやバーガーなど糖質、脂質共に高い商品が多いですが、ダイエット中の方にでもマクドナルド を楽しむことができる、低カロリーに抑えたメニューの組み合わせを紹介します。

①400kcal以下で抑える場合

商品名 カロリー
エッグマックマフィン 311kcal
スイートコーン 58kcal
プレミアムローストコーヒー 12kcal
合計 381kcal

卵やチーズが入っていることで栄養価が高く、香ばしいマフィンは食物繊維が豊富です。また、ホットコーヒーを飲むことで体を目覚めさせるだけでなく、満腹感も与えます。健康的かつ満腹感を得ることができる、朝食にぴったりの組み合わせです。

②500kcal以下で抑える場合

商品名 カロリー
フィレオフィッシュ 341kcal
サイドサラダ 10kcal
野菜生活100 119kcal
合計 470kcal

野菜たっぷりで女性にオススメの組み合わせです。サイドメニューはカロリーの低いサイドサラダを選びました。野菜に含まれる食物繊維やビタミン類には、便秘改善や美肌効果、免疫力をつける効果があります。

③600kcal以下で抑える場合

商品名 カロリー
ベーコンレタスバーガー 374kcal
マックフライポテトS 225kcal
コカ・コーラ ゼロ 0kcal
合計 599kcal

カロリーは気になるけれどどうしてもポテトが食べたいという人にオススメの組み合わせです。ポテトは高カロリーかつ糖質、脂質が高いため、一緒に頼むバーガー、ドリンクはカロリー、糖質が低いものを選択しましょう。

マクドナルドでダイエット向きの食べ方は?

マクドナルドの商品はおいしく手軽に食べることができるため、ダイエットしていても食べたくなりますよね。今回は簡単に取り入れられる、ダイエット向きな食べ方を3つ紹介します。

①最初に野菜・サラダを食べる

野菜には食物繊維が豊富に含まれていますが、食事のはじめに野菜を摂取することで、食物繊維が血糖値の急上昇を緩やかにしてくれるため、インスリンの分泌を抑えてくれます。また野菜は噛みごたえがあり満腹感を与えてくれる他、酵素が多く含まれているため、代謝を上げる効果があります。

②揚げ物は避ける

揚げ物は衣に沢山の油を吸い込むため、高カロリーになります。ポテト、ナゲットなどのサイドメニューはもちろん、バーガーも、チキンクリスプやえびフィレオのような揚げ物は避けて選ぶとカロリー、脂質、糖質を抑えることができます。

③ノンカロリーのドリンクを選ぶ

ドリンクを飲んでいてカロリーを摂取している気にはなりませんが、甘いジュースや炭酸飲料には無視しきれない程の糖質が含まれています。どうしてもそのジュースが飲みたいのでなければ、カロリーの低い、お茶類やコカ・コーラゼロを選ぶようにしましょう。

④栄養バランスを考えて食べる

ダイエットには、食材の栄養バランスを考えて食べることが重要です。野菜がカロリー・脂質が低いからと言って、野菜だけ食べるとタンパク質が取れずに代謝効率が悪く、ダイエットもうまく進みません。逆に、揚げ物ばかり食べるようなことも当然NGです。

だからといって、栄養バランスの良い食事を取ろうと思っても、どのメニューの組み合わせにしたらいいかわかりませんよね。そこで、マクドナルドの公式サイトでは、マクドナルドの商品を組み合わせて栄養バランスを計算してくれるページがあるので、使ってみてはいかがでしょうか?

栄養バランスチェック | メニュー情報 | 私たちの責任 | McDonald's Japan

マクドナルドのカロリーに注意しよう

マクドナルドのメニューは同じバーガーでも、カロリーの高いものは低いものの2倍以上もカロリーがあります。またサイドメニューの多くは揚げ調理がされており、カロリー、糖質、脂質共に高くなっています。おいしいからといって好きなものだけ注文せず、カロリーの低い組み合わせになるよう心掛けましょう。

関連する記事