オールブランは糖質制限向き?GI値が低い?カロリー等も比較しつつ紹介!

オールブランの糖質量を知っていますか?多いのでしょうか?今回は、オールブランの糖質・カロリーをシリーズ別や<フルーツグラノーラ・オートミール>と比較し、糖質制限向きの理由を紹介します。糖質制限向きの食べ方・レシピや商品おすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オールブランの糖質は多い?少ない?
  2. オールブランの糖質やカロリーはどのくらい?
  3. オールブランの糖質・カロリーをシリーズ別に比較
  4. オールブランの糖質・カロリーを他のシリアルと比較
  5. オールブランのカロリーを消費するのに必要な運動量
  6. オールブランが糖質制限向きと言われる理由は?
  7. ①オールブランは糖質制限向きのアレンジをしやすい
  8. ②オールブランは低GI値食品である
  9. ③オールブランの1食あたりの糖質量は基準を下回っている
  10. オールブランのダイエット効果とは?
  11. オールブランの糖質制限向きの食べ方・ポイントは?
  12. ①食べるタイミングは夕食がおすすめ
  13. ②ご飯(白米)の代わりにする
  14. ③間食として食べる
  15. ④1食まるまる置き換える
  16. ⑤肉料理のかさ増しに使う
  17. ⑥ただ食べるだけでなく運動もする
  18. ⑦食べ過ぎない
  19. オールブランの糖質制限向きレシピを紹介!
  20. ①卵のオールブラン挟み焼き
  21. ②オールブランヨーグルト
  22. ③オールブランカツ
  23. オールブランの糖質ゼロ・オフ商品はある?
  24. ①ケロッグ オールブラン ブランリッチ 235g ×6袋(2,161円)
  25. ②ケロッグ オールブラン ブランフレーク 435g ×6袋 (2,808円)
  26. ③ケロッグ オールブラン フルーツミックス 420g ×6袋(3,091円)
  27. オールブランで上手に糖質制限しよう

オールブランの糖質は多い?少ない?

ケロッグ株式会社が販売しているオールブランは、トクホとも呼ばれる特定保健用食品に認定されている低GI値の食品です。オールブランの糖質はどのくらいで、ダイエット向きの食品なのでしょうか。ここでは、オールブランの糖質量やカロリー、ダイエット効果などを解説します。

オールブランの糖質やカロリーはどのくらい?

オールブランの糖質やカロリーはどのくらいなのでしょうか。ここでは、オールブランの糖質・カロリーを他のシリーズやシリアルと比較しながら紹介します。また、オールブランのカロリーを消費するのに必要な運動と運動時間についても解説します。

オールブランの糖質・カロリーをシリーズ別に比較

100gあたり 糖質 カロリー
ブランリッチ 49.7g 352kcal
ほっとひといきショコラ 61.5g 365kcal
ナッツミックス 64.1g 381kcal
ブランチョコフレーク 68.6g 365kcal
フルーツミックス 71.6g 360kcal
ブランフレーク 73g 358kcal

上の表は、ケロッグのオールブラン100gあたりの糖質量とカロリーをシリーズ別にまとめたものです。カロリーはどのシリーズも350から360kcal前後となっており、シリーズによって大差はありません。しかし、糖質量はシリーズによって大きく異なるため、オールブランを糖質制限中に取り入れる際はシリーズ選びが重要だと言えるでしょう。

ほっとひといきショコラとブランチョコフレークのカロリーは同じですが、糖質は7.1gの差があることが分かります。また、上記6つの中で一番糖質が低いブランリッチと最も糖質が高いブランフレークでは、含まれている糖質量に23.3gもの差があります。

オールブランの糖質・カロリーを他のシリアルと比較

100gあたり カロリー 糖質
オールブラン(ブランリッチ) 352kcal 49.7g
フルーツグラノーラ 438kcal 61.5g
オートミール 350kcal 59.7g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

こちらの表は、オールブランシリーズの中で最もカロリーや糖質が低いブランリッチの糖質量とカロリーを、他のシリアルと比較したものです。

ブランリッチのカロリーはオートミールと同じくらいで、フルーツグラノーラよりも低く、糖質は他のシリアルよりも低いことが分かります。そのため、糖質制限中にシリアルを食べる際には、他のシリアルよりもブランリッチを選ぶとよいでしょう。

オールブランのカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 53分
ジョギング 32分
自転車 20分
ストレッチ 63分
階段登り 18分
掃除機かけ 45分

上記の表は、オールブラン(ブランリッチ)の1食分40gあたりのカロリー141kcalを消費するために必要な運動と運動時間をまとめたものです。ブランリッチ1食分40gあたりのカロリーを消費するためには、15分以上の運動が必要です。

激しい運動が苦手な人は、ウォーキングやストレッチ、掃除機かけなどの負荷の低い運動を1時間弱程度行うとよいでしょう。なるべく短時間でオールブランのカロリーを消費したい人は、ジョギングや自転車、階段上りなどの負荷の高い運動を30分程度行うのがおすすめです。1つに絞るのではなく、2つ以上の運動をかけ合わせてもダイエットに効果的です。

オールブランが糖質制限向きと言われる理由は?

糖質制限中に推奨されている糖質摂取量は、1日あたり70~130gです。オールブラン1食分で1日の糖質摂取量の3分の1程度を占めるので、オールブランは決して糖質が低いわけではありません。オールブランは糖質制限に向いていると言われる理由はなぜなのでしょうか。

①オールブランは糖質制限向きのアレンジをしやすい

オールブランはGI値が低く他のシリアルに比べて糖質量が低いため、糖質制限向きのアレンジがしやすい食品です。また、オールブランはシンプルな味なので、料理に取り入れても風味を損ないません。オールブランをご飯のおかずに混ぜたり、ヨーグルトや野菜などにトッピングしたりすると、カロリーや糖質を抑えながら食物繊維の摂取量を増やすことができます。

関連する記事