夏が旬の食材といえば?野菜・魚・果物別に15こを一覧で!料理レシピのおすすめも紹介!

夏が旬の食材・食べ物といえば何か分かりますか?夏に旬を迎える食べ物は、体の熱を冷ましてくれるものが多いです。今回は、夏の食材を〈魚・野菜・果物〉などジャンル別に15こ紹介します。夏が旬の食材を活用した料理レシピ・メニューも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 夏が旬の食材といえば?
  2. 夏が旬の食材一覧【魚】
  3. ①アジ(5月~7月)
  4. ②アマダイ(8月~10月)
  5. ③うなぎ(養殖物7月、天然物は10~12月)
  6. ④うに(6月~8月)
  7. ⑤岩ガキ(7月~8月)
  8. 夏が旬の食材一覧【果物】
  9. ①スイカ(7月~9月)
  10. ②メロン(6月~8月)
  11. ③マンゴー(5月~10月)
  12. ④桃(6月~9月)
  13. ⑤パッションフルーツ(6月~8月)
  14. 夏が旬の食材一覧【野菜】
  15. ①きゅうり(6月~8月)
  16. ②なす(7月~9月)
  17. ③ズッキーニ(6月~9月)
  18. ④オクラ(6月~9月)
  19. ⑤とうもろこし(7月~8月)
  20. 夏が旬の食材を使った料理レシピ・メニュー
  21. ①オクラの梅おかか和え
  22. ②ナスとミョウガの味噌炒め
  23. ③アジと夏野菜の煮込み
  24. ④岩ガキのグラタン
  25. ⑤パッションフルーツの寒天ゼリー
  26. 夏が旬の食材を楽しもう

②メロン(6月~8月)

夏が旬のメロンは大きく分けて青肉、赤肉、白肉の3種類があり、果汁が豊富で、爽やかな甘さが魅力の果物です。美味しいメロンの見分け方は下記の通りです。

・甘い香りがしている
・お尻部分を押すと弾力がある
・ツルがしなびている
・均等に丸みを帯びている
・ずっしりと重い
・ネットメロンは網目が細かく盛り上がっている


メロンは追熟させる果物のため、出荷時はまだ熟していません。涼しい場所に置いて追熟が完了したメロンは、甘い香りがしており、ツルがしなびてお尻部分を押すと弾力があります。ずっしりしたものは水分量が多い証拠です。メロンの産地は茨城、北海道になります。

(*メロンの旬の時期について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

メロンの旬の時期を種類別に!選び方のポイントや食べ頃の見極め方も紹介!

③マンゴー(5月~10月)

トロピカルフルーツの代表格のマンゴーは、気分を一気に夏にしてくれる果物です。美味しいマンゴーの見分け方は下記の通りです。

・色づきと弾力がある
・黒い斑点がない
・マンゴーらしいいい香りがする
・白い粉が落ちてツヤがある


果皮が赤や黄色のマンゴーはなるべく全体が色づいたものを選んでください。皮が緑のマンゴーは熟していても緑のままなので、ツヤがあるか、マンゴーらしいいい香りがあるかどうかで熟しているのを判断します。黒い斑点が大きくて目立つものはすでに痛み始めていますので、避けてください。マンゴーの産地は国内では沖縄や宮崎、鹿児島などです。

(*マンゴーの旬の時期について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

マンゴーが食べ頃・旬の時期はいつ?見分け方は?追熟させる方法や食べ方のおすすめも紹介!

④桃(6月~9月)

柔らかくていい香りのする桃は、甘く、ジューシーな美味しさが人気の果物です。桃の旬は6月から9月で、白桃と黄桃に分けられます。美味しい桃の見分け方は下記の通りです。

・左右対称にふっくらとした丸みがある
・張りがありずっしりとした重みがある
・縫合線が浅い
・きれいな桃色かクリーム色
・白い斑点がある
・桃らしいいい香りがある


縫合線が浅いものや白い斑点がある桃は、甘いものが多いです。果皮の色がきれいに色づいているものや桃らしいいい香りがするものは熟している証です。まだ緑色の部分があるようなら、未熟の状態なので、追熟させましょう。桃の産地としては、山梨、福島、長野の順に出荷量が多いです。

(*桃の旬の時期について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

桃の旬の時期・季節はいつ?種類・産地で違う?食べ頃の選び方や栄養価なども紹介!

⑤パッションフルーツ(6月~8月)

関連する記事

×