夏が旬の食材といえば?野菜・魚・果物別に15こを一覧で!料理レシピのおすすめも紹介!

夏が旬の食材・食べ物といえば何か分かりますか?夏に旬を迎える食べ物は、体の熱を冷ましてくれるものが多いです。今回は、夏の食材を〈魚・野菜・果物〉などジャンル別に15こ紹介します。夏が旬の食材を活用した料理レシピ・メニューも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 夏が旬の食材といえば?
  2. 夏が旬の食材一覧【魚】
  3. ①アジ(5月~7月)
  4. ②アマダイ(8月~10月)
  5. ③うなぎ(養殖物7月、天然物は10~12月)
  6. ④うに(6月~8月)
  7. ⑤岩ガキ(7月~8月)
  8. 夏が旬の食材一覧【果物】
  9. ①スイカ(7月~9月)
  10. ②メロン(6月~8月)
  11. ③マンゴー(5月~10月)
  12. ④桃(6月~9月)
  13. ⑤パッションフルーツ(6月~8月)
  14. 夏が旬の食材一覧【野菜】
  15. ①きゅうり(6月~8月)
  16. ②なす(7月~9月)
  17. ③ズッキーニ(6月~9月)
  18. ④オクラ(6月~9月)
  19. ⑤とうもろこし(7月~8月)
  20. 夏が旬の食材を使った料理レシピ・メニュー
  21. ①オクラの梅おかか和え
  22. ②ナスとミョウガの味噌炒め
  23. ③アジと夏野菜の煮込み
  24. ④岩ガキのグラタン
  25. ⑤パッションフルーツの寒天ゼリー
  26. 夏が旬の食材を楽しもう

(*ズッキーニの旬の時期について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ズッキーニの旬の時期・季節はいつ?産地で違う?選び方やレシピのおすすめも紹介!

④オクラ(6月~9月)

オクラは切ると断面が星型のかわいらしい野菜です。歯ごたえがあり、中がネバネバしているのが特徴の野菜ですが、その成分は夏バテ予防に効果があると言われています。美味しいオクラを選ぶポイントは下記の通りです。

・色が濃いもの
・産毛が密集しているもの
・大きすぎない
・ヘタが変色していない


産毛が密集しているものは新鮮な証拠で、ヘタの変色が見られるものは古くなり始めています。また、大きいものは育ちすぎで硬いので、小さめのものの方が美味しいです。オクラは暖かい場所で作られており、鹿児島、沖縄、高知の順に出荷量が多いです。

(*オクラの旬の時期について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

オクラの旬の時期・季節はいつ?種類は?栄養価・選び方やレシピを紹介!

⑤とうもろこし(7月~8月)

とうもろこしはほんのり甘くて、夏休みのおやつに食べた方も多いかもしれません。とうもろこしは野菜といっても、米、麦と同様に穀物の一種です。美味しいとうもろこしを選ぶポイントは下記の通りです。

・ヒゲがフサフサで濃い茶色のもの
・ヒゲが多い
・軸の切り口がみずみずしい
・外皮が鮮やかな緑色のもの
・粒がふっくらしてツヤがある
・粒が詰まっている


ヒゲが濃いものは熟していて甘いものが多いです。また、ヒゲの本数ととうもろこしの粒の数は同じなので、なるべく多いものを選んでください。軸の切り口がみずみずしい、外皮が鮮やかな緑色のものは新鮮な証拠です。とうもろこしの産地は北海道が有名で、そのほかには千葉や茨城のものもあります。

(*とうもろこしの旬の時期や、その他の夏の野菜について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

とうもろこしが旬の時期はいつ?産地別の違いやレシピのおすすめを紹介!
夏の野菜といえば?どんな種類がある?素材を生かした調理法・レシピのおすすめも紹介!

夏が旬の食材を使った料理レシピ・メニュー

夏に旬を迎える食材で作った簡単なレシピを紹介します。夏らしい食材を食べて、夏バテ知らずの体を作リましょう

①オクラの梅おかか和え

出典:https://cookpad.com/recipe/5790997

夏野菜のオクラを使った簡単な和食の一品です。夕食の副菜や、さっぱりとしたおつまみにおすすめです。クエン酸を含む梅干しが入っているので、オクラとの相乗効果で、夏バテ予防や疲労回復効果も期待できます。

関連する記事

×