いちじくのカロリー・糖質は?ダイエット効果ある?食べ過ぎの注意点なども紹介!

【管理栄養士監修】いちじくのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、いちじく(100g・1個)のカロリー・糖質量を他の果物と比較しながら紹介します。いちじくのダイエット効果にくわえ、食べ過ぎなど食べ方の注意点も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 熊橋麻実
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・...
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・記事執筆などの活動をしながら、現役で園児の給食管理を行っています。これまでの経験を活かし、栄養学の知識をわかりやすくお伝えできればと思います。

目次

  1. いちじく(生・ドライ)のカロリーや糖質量は高い?【写真】
  2. いちじく(100g)のカロリー・糖質量【生・ドライで比較】
  3. いちじく(1個)のカロリー・糖質量
  4. いちじくのカロリー・糖質量を他の果物と比較
  5. いちじくのダイエット効果は?向いてる?
  6. ①便秘解消
  7. ②むくみ解消
  8. ③GI値は低い
  9. いちじくのダイエット向きの食べ方は?
  10. ①食べ過ぎない
  11. ②ジャムなど加工せず生で食べる
  12. ③朝に食べる
  13. いちじくはヘルシーな食材

いちじく(生・ドライ)のカロリーや糖質量は高い?【写真】

生とドライのいちじくの100g、1個のカロリー・糖質量をそれぞれ写真で見ていきます。他の果物との比較もしたので参考にしてください。

いちじく(100g)のカロリー・糖質量【生・ドライで比較】

出典:https://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/kudamono/itijiku.html

カロリー 糖質 タンパク質 脂質 食物繊維
生いちじく 54kcal 12.4g 0.6g 0.1g 0.9g
ドライいちじく 291kcal 64.6g 3.0g 1.1g 10.7g

大きめの生のいちじくが1個100gほどの重さになります。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

熊橋麻実

管理栄養士

いちじくは8〜11月が美味しい時期です。ふっくらとして形がよく、皮に傷がないものを選びましょう。お尻が割れているものは避けた方が良いです。

いちじく(1個)のカロリー・糖質量

出典:https://www.eiyoukeisan.com/calorie/img/gram/kudamono/itijiku_50g.JPG

1個あたり カロリー 糖質 タンパク質 脂質 食物繊維
生いちじく(50g) 27kcal 6.3g 0.3g 0.1g 0.9g
ドライいちじく(9g) 26kcal 5.8g 0.3g 0.06g 1g

ドライいちじくにすると重量は約5分の1になるため、1gあたりのカロリーが5倍になります。

いちじくのカロリー・糖質量を他の果物と比較

生・ドライいちじくのカロリー・糖質量を他の果物5種類と比較してみました。

100gあたり カロリー 糖質
生いちじく 54kcal 12.4g
ドライいちじく 291kcal 64.6g
いちご 34kcal 7.1g
りんご 61kcal 14.1g
バナナ 86kcal 21.4g
もも 40kcal 8.9g
みかん 45kcal 11.2g

こうして比較してみると、ドライいちじくは生のいちじくに比べてカロリー・糖質量が5倍近く多いことが分かります。いちごは生いちじくよりもカロリー・糖質量が少ないですが、ダイエット向きと思われていたりんごやバナナは生いちじくよりもカロリー・糖質量が多くなっています。

いちじくのダイエット効果は?向いてる?

いちじくにダイエット効果があるのか、含まれている栄養素などで詳しく説明します。

①便秘解消

いちじくにはペクチンという水溶性食物繊維が含まれています。腸内環境を整えて、便をスムーズに排出する効果があるため便秘解消に効果的です。生でも食物繊維は含まれていますがドライいちじくにすることで、ゴボウの2倍、プルーンの3倍もあると言われているため、便秘解消にはドライいちじくがおすすめです。

便秘が解消されることで腸内環境が整い、肌の調子も良くなります。(※2)

関連する記事

×