よっちゃんイカが体に悪い?原材料に理由あり?下痢など食べ過ぎの悪影響も紹介!

よっちゃんイカは体に悪いと聞いたことがありますか?なぜそう言われるのでしょうか?今回は、よっちゃんイカの体に悪い原材料に加え、<胃痛・下痢>など食べ過ぎた際の体への影響について紹介します。よっちゃんイカの健康向きな食べ方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. よっちゃんイカは体に悪いの…?
  2. よっちゃんイカが体に悪いと言われる理由
  3. よっちゃんイカの体に悪い原材料は?
  4. ①植物性油脂
  5. ②還元水飴
  6. ③着色料
  7. よっちゃんイカを食べ過ぎた時の体への悪影響は?
  8. ①下痢・胃痛になる可能性がある
  9. ②アレルギー反応が起こる可能性がある
  10. よっちゃんイカの健康向きの食べ方は?
  11. ①無着色料の【よっちゃんイカしろ】を選ぶ
  12. ②植物油脂・還元水飴・着色料なしの【カット辛口味】を選ぶ
  13. よっちゃんイカは食べ方に気をつけよう

よっちゃんイカは体に悪いの…?

出典:https://twitter.com/futami_books/status/1374956263356829699

ほどよい酢の味と食感が美味しく、手ごろな価格でおつまみとしても最適なよっちゃんイカですが、実はよっちゃんイカは体に悪いという噂もあります。ここではよっちゃんイカが体に悪いと言われる理由を紹介します。

よっちゃんイカが体に悪いと言われる理由

よっちゃんイカが体に悪いと言われる理由には、以下のようなものがあります。

・自然ではない色合い
・味が濃い
・値段が安い


よっちゃんイカが体に悪いと言われる理由としては主に3つありますが、そのなかでも一番気になるのが不自然なほど鮮明な赤色でしょう。着色料を使用したよっちゃんイカの赤色を見て、体に悪そうというイメージを抱く方が多いようです。

また、よっちゃんイカは酢や塩の味がきつく少量でも食べ応えを感じる味の濃さも、体に悪そうというイメージにつながります。イカはそれほど安価な魚介類ではありませんが、よっちゃんイカは駄菓子ということもあり1袋50円程度で買えます。その安さゆえに食べることに対して漠然とした不安を感じる場合もあるでしょう。

よっちゃんイカの体に悪い原材料は?

出典:https://twitter.com/sakanakozakana/status/1374323736719945731

よっちゃんイカの原材料は、以下の通りです。

・イカ
・醸造酢
・魚肉
・でん粉
・食塩
・醗酵調味料
・砂糖
・植物性たん白
・植物性油脂
・還元水飴
・たん白加水分解物
・デキストリン/ソルビット
・調味料(アミノ酸等)
・酸味料
・着色料(カラメル、黄4、赤102)
・甘味料(ステビア)


よっちゃんイカにはイカや魚肉など主となる原料の他にも酢をはじめとした調味料や、着色料など様々なものが使われています。ここでは、よっちゃんイカの原材料のなかでも特に体に悪いといわれている原材料について、紹介します。

①植物性油脂

よっちゃんイカに使われている植物性油脂による人体へのリスクは、以下の通りです。

・心疾患になる確率を上げる
・癌の原因になりえる
・血管が詰まる


植物性油脂には多くの添加物が含まれており、それだけで妊婦や小さい子どもが食べる際は注意が必要ですが、なかでも特に注意が必要なのがトランス脂肪酸の過剰摂取によるリスクです。トランス脂肪酸は取りすぎることでコレステロール値が上がり、血液がドロドロになることで血管を詰まらせる原因になったり、心疾患の確率を上げたりします。

また植物性油脂は消化に時間がかかり、消化の際に活性酸素というものを発生させます。この活性酸素は老化や癌の原因になるため、取りすぎに気を付けることが大切です。よっちゃんイカ1袋当たりの植物性油脂の量はそこまで多くはないものの、毎日のようによっちゃんイカを食べていればその影響は無視できないものになります。

②還元水飴

よっちゃんイカに使われている還元水飴による人体のリスクには、以下のようなものがあります。

・体の老化促進
・下痢

よっちゃんイカに使われている還元水飴は、糖アルコールという名前の混合物です。よっちゃんイカに含まれていると説明した植物性油脂と同じように消化時に活性酸素が発生し、人体の老化を早めてしまいます。さらに還元水飴が腸で上手く消化、吸収されないことによってお腹がゆるくなる場合や下痢になる場合もあります。

元々胃腸が弱い方は、くれぐれもよっちゃんイカの食べ過ぎには気を付けましょう。

③着色料

よっちゃんイカは着色料によって鮮やかな色合いを出していますが、着色料による健康リスクは以下の通りです。

・じんましん
・鼻炎
・喘息
・肝機能の低下


よっちゃんイカには黄4と赤102という着色料が使われています。しかし、どちらの着色料も健康へのデメリットが大きいため、妊婦の方や小さい子どもは極力避けるべきでしょう。黄4ではじんましんや喘息などのアレルギー症状が出るほか、赤102には肝機能を低下させる効果があります。

特に赤102は人体への悪影響が大きいと言われ、アメリカやカナダでは使用を禁止されています。アレルギー症状の出やすい方や肝臓機能に不安のある方は、よっちゃんイカは食べない方が無難と言えるでしょう。

よっちゃんイカを食べ過ぎた時の体への悪影響は?

出典:https://twitter.com/Namino00/status/1375300550971953152

濃い味と噛み応えのある食感がクセになるよっちゃんイカですが、食べ過ぎた時に人体への影響はあるのでしょうか。ここではよっちゃんイカを食べ過ぎた場合の体への悪影響について説明します。

①下痢・胃痛になる可能性がある

よっちゃんイカの原材料でもあるイカは、消化不良による下痢や胃痛を起こしやすい食材です。イカは水分を抜かない限り消化の良い食材ですが、日本人はイカを消化するための消化酵素の量が少ないため、大量に食べるのはおすすめしません。

イカを食べ過ぎると消化しきれずに下痢や胃の痛み、不快感を引き起こします。胃腸の弱い方や子どもの場合は少量でも消化不良となる場合があるので、食べる量は慎重に見極めましょう。

(*イカの食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

イカの食べ過ぎはNG?痛風など病気の原因に?1日の摂取量の目安も紹介!

②アレルギー反応が起こる可能性がある

よっちゃんイカは名前の通り原材料にイカが含まれており、人によっては食べ過ぎることでアレルギー反応を起こすことがあります。見た目からはあまりイメージが付きませんが、小麦や大豆も含まれているため、これらにアレルギーを持っている方は注意が必要です。また黄4などの着色料でも食べ過ぎるとアレルギー反応が起こる場合があります。

よっちゃんイカの健康向きの食べ方は?

出典:https://twitter.com/hikari_nabe/status/1373983274184318981

体に悪いと分かっていても、好きなものであればなかなか食べる量を減らすのが難しいということもあります。ここでは健康に注意しながらよっちゃんイカを食べる方法を紹介します。

①無着色料の【よっちゃんイカしろ】を選ぶ

着色料による影響と不自然な色合いが気になる方は、着色料を使用していない「よっちゃんイカしろ」を選びましょう。よっちゃんイカしろは無着色で、自然な色合いのため子どもにも食べさせやすい商品になっています。さらに味も通常のものより塩分が控えめで、酢のさっぱりとした風味のため食べやすいです。

②植物油脂・還元水飴・着色料なしの【カット辛口味】を選ぶ

着色料以外にも添加物等が気になる方は、植物油脂・還元水飴・着色料を使用していない「よっちゃんイカカット辛口味」を選びましょう。カット辛口味は通常のシートタイプのものではなく、スルメ状のよっちゃんイカです。体に悪いと言われる成分は含まれていませんが、スルメになったことで消化不良を起こしやすいため、食べ過ぎには注意しましょう。

よっちゃんイカは食べ方に気をつけよう

今回はよっちゃんイカが体に悪いと言われる原因や、体に悪いとされる成分、健康に害のない程度によっちゃんイカを食べる方法を紹介しました。手軽につまめるよっちゃんイカですが、食べ過ぎや食べ方には気を付けましょう。

関連する記事