ノンアルコールビールは危険性あり?無添加商品おすすめ9選を紹介!

ノンアルコールビールには危険性があると言われる理由を知っていますか?安全な市販商品はあるのでしょうか?今回は、無添加・人工甘味料不使用で健康に良いノンアルコールビールのおすすめランキング9選を紹介します。ノンアルコールビールに含まれる添加物の種類・危険性についても紹介するので参考にしてみてくださいね。 

目次

  1. ノンアルコールビールの危険性とは?毎日飲んでも大丈夫?
  2. ノンアルコールビールに含まれる添加物は?飲んではいけないとされる理由は何?
  3. 添加物①人工甘味料
  4. 添加物②カラメル色素
  5. 添加物③香料
  6. ノンアルコールビールの無添加・人工甘味料不使用のおすすめランキング9選
  7. 9位:カチプラビアテイスト|カチプラ
  8. 8位:昼ビ|日本ビール
  9. 7位:小樽ビール|アレフ
  10. 6位:NON ALE|常陸野ネスト
  11. 5位:龍馬レモン|日本ビール
  12. 4位:忍者ラガー|日本ビール
  13. 3位:龍馬1865|日本ビール
  14. 2位:ヴェリタスブロイ ピュア&フリー|PANAVAC
  15. 1位:アルコールフリー ZERO|カインズ
  16. 無添加・人工甘味料不使用なノンアルコールビールで健康に気遣った生活を送ろう

ノンアルコールビールの危険性とは?毎日飲んでも大丈夫?

ノンアルコールビールは、仕事や運転を気にせず楽しめる飲料です。アルコールが含まれていないことから、肝臓に悪いといった印象は無く健康にも良いと思う人もいるでしょう。ノンアルコールビールは、本当に健康に及ぼす危険性は無いのかについて紹介します。

ノンアルコールビールに含まれる添加物は?飲んではいけないとされる理由は何?

ノンアルコールビールには、次のような添加物が含まれています。

・食物繊維
・大豆ペプチド
・ホップ/炭酸
・香料
・酸味料
・カラメル色素
・酸化防止剤(ビタミンC)
・甘味料(アセスルファムK)


ノンアルコールビールには、アルコールが含まれていない一方で人工甘味料や香料、カラメル色素などの様々な添加物が含まれています。これらの添加物が、健康に及ぼす危険性について紹介します。

添加物①人工甘味料

人工甘味料とは、自然には存在せず人間によって作られた甘味料です。人工甘味料は、砂糖よりも少ない量で強い甘味を感じる事ができる物質であり血糖値を上げない点は健康にも良いです。一方で、甘いものを摂取しているにも関わらず血糖値が上昇しないため脳が混乱し、さらに甘いものを欲する事で太りやすくなる危険性があり、健康に良くないともされています。

また、人工甘味料の一つである、アスパルテームを分解する事ができない病気の人もいるので摂取に注意が必要な人もいます。

(*人工甘味料の危険性について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

人工甘味料の危険性を種類別に比較!常用するデメリット・体への害を徹底調査!

添加物②カラメル色素

カラメル色素は、食品に色付けするためによく使われている着色料です。カラメルという名前から、健康への影響は無いと思われやすいです。ただカラメル色素は、一部の製造方法の過程で発がん性物質が少しの量ですが生成されます。基本的には、大量摂取しなければ問題無いとされていますが、耐用上限量が定めれれている点からも危険性を感じます。

また、添加物にはカラメル色素と一括りに表示されており危険性がある製造方法かどうか判別をつける事ができません。

添加物③香料

香料は、香り付けを目的としてたくさんの食品に使用されている添加物です。香料には多くの種類がありますが、中には癌を引き起こす危険性や体に蓄積する危険性が示唆されており健康に影響を与える添加物もあります。基本的に香料と表記されており、どのような物質が使用されているかは判別でき無い点についても問題視される事があります。

ノンアルコールビールの無添加・人工甘味料不使用のおすすめランキング9選

健康を気にして添加物フリーのノンアルコールビールを飲みたい人もいるでしょう。そこで、無添加かつ人工甘味料を使用していない健康への危険性の低いノンアルコールビールについて紹介します。ただし、新発売の商品は現在無いので比較的親しまれている商品を紹介します。

9位:カチプラビアテイスト|カチプラ

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/81gRmPvRfCL._AC_SY879_.jpg

‎原材料|麦芽、ロースト麦芽、ホップ

・値段:102円
・容量:350g


Amazon限定で、販売されているノンアルコールビールです。ビールの本場である、ドイツ産の麦芽とホップを原料として使用していて、ノンアルコールビールならではのクセが無く飲みやすさがあります。無添加でアルコールも入っていないため、健康を気にしていてスッキリとした味わいのノンアルコールビールが好きな人には特におすすめです。

関連する記事

×