ガムシロップのカロリー・糖質は?砂糖との違いは?ダイエット中の摂り方なども紹介!

【管理栄養士監修】ガムシロップのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、ガムシロップ(100g・1個)のカロリー・糖質量を他の甘味料と比較しながら紹介します。ガムシロップと砂糖の違いや、ダイエット中の摂り方も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 渡辺愛理
Ameba Instagram Twitter facabook
温活料理研究家/フリーランス管理栄養士 管理栄養士歴年目。大学卒業後、総合病院・介護老人福祉施設勤務後、2018年7月より、...
Ameba Instagram Twitter facabook
温活料理研究家/フリーランス管理栄養士 管理栄養士歴6年目。大学卒業後、総合病院・介護老人福祉施設勤務後、2018年7月より、温活料理研究家の活動をスタート。管理栄養士のほか、食生活アドバイザー、献立・レシピ作成マスター、TABEYASEマイスターなどの資格所持。わかりやすく正しい情報配信を心がけていきます。よろしくお願いします。

目次

  1. ガムシロップのカロリー・糖質量は?【写真】
  2. ガムシロップ(1個・100g)のカロリー・糖質量
  3. ガムシロップのカロリー・糖質量を他の甘味料と比較
  4. ガムシロップ1個のカロリーを消費するには?
  5. ガムシロップと砂糖の違いは?
  6. ①成分・原材料
  7. ②血糖値が上がりやすさ
  8. ③温度で甘味度が変化する
  9. ガムシロップをダイエット中に使いたい場合は?
  10. ①カロリーゼロ・糖質ゼロのガムシップを選ぶ
  11. ②コーヒーフレッシュを使う
  12. ③はちみつで代用する
  13. ガムシロップは取り方に注意

ガムシロップのカロリー・糖質量は?【写真】

アイスコーヒーなどに使用されるガムシロップですが、カロリーや糖質はどれほどあるのでしょうか?1個・100g当たりのカロリーを、他の甘味料との比較と併せて紹介します。

ガムシロップ(1個・100g)のカロリー・糖質量

出典:https://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/znasi/siroppu.html

カロリー 糖質
ガムシロップ(1個:13g) 30kcal 7.7g
ガムシロップ(100g) 233kcal 59.5g

ガムシロップ1個・100g当たりのカロリーなどは、以上の通りになります。アイスコーヒー1杯飲むのに一つ使用する分にはそれほど気にならないカロリー値ですが、糖質値は7.7gと量の割に多めとなっています。甘党で一度に複数のガムシロップを使う人は、注意が必要でしょう。


※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ガムシロップのカロリー・糖質量を他の甘味料と比較

100gあたり カロリー 糖質
ガムシロップ 233kcal 59.5g
上白糖(砂糖 384kcal 99.3g
黒糖 356kcal 90.3g
はちみつ 303kcal 66.3g
メープルシロップ 257kcal 66.3g
てんさい含蜜糖 380kcal 88.6g
グラニュー糖 387kcal 100g

ガムシロップと、他の甘味料とのカロリー・糖質量を比較してみましょう。意外にも、ガムシロップのカロリーは他の甘味料と比較すると少し低めであることが分かります。また、糖質も割と低めであり、グラニュー糖と比較すると40g程の違いがあります。過剰摂取はおすすめしませんが、上手に活用すれば他の甘味料を使用するよりもカロリーカットできるでしょう。

ガムシロップ1個のカロリーを消費するには?

ウォーキング12分
ジョギング7分
自転車5分
水泳5分
なわとび4分


ガムシロップ1個分のカロリーを消費するためにはどれ位の運動が必要なのかは、以上の通りです。ジョギングなら7分、ウォーキングなら12分とある程度の運動は必要であることが分かります。自転車を使用する人なら、買い物に出る時に使用する事で無理なくカロリーを消費出来るでしょう。自宅でカロリーを消費したい場合なら、なわとびがおすすめです。

ガムシロップと砂糖の違いは?

ガムシロップは砂糖を液体にしただけというイメージもありますが、実際は異なる様です。ガムシロップと砂糖の違いは何なのか、項目に分けて見ていきましょう。

①成分・原材料

すべての商品ではありませんが、多くのガムシロップは「異性化糖」という物から作られています。異性化糖とは、さつまいもなどのデンプンから作られる甘味料の事を指します。

ジュースなどにぶどう果糖液糖が使用されていることが多いですが、異性化糖はこれと同じ物です。一方、砂糖はサトウキビやサトウダイコンから作られています。これらの原料から液体を抽出し、固めることで砂糖が完成します。

渡辺愛理

管理栄養士

添加物の取りすぎは体に負担をかけるため、あまりおすすめはできません。

②血糖値が上がりやすさ

関連する記事