ミンティアを食べ過ぎると太る?下痢・腹痛の副作用も?1日の適量を紹介!

ミンティアを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?太ることはあるのでしょうか?今回は、ミンティアの食べ過ぎによる〈下痢・腹痛・胃痛〉 など悪影響・副作用の例を原因とともに紹介します。ミンティアの食べ過ぎになる量の目安や適量食べた時の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミンティアの食べ過ぎに注意?
  2. ミンティアを食べ過ぎる副作用は?太ることはある?
  3. ①下痢・腹痛が起こる
  4. ②舌が痛くなることがある
  5. ③口臭がキツくなる・胃にムカつきを感じる
  6. ④太る可能性は少ない
  7. ミンティアの食べ過ぎにならない量の目安は?
  8. ミンティアを適量食べた場合の効果・効能は?
  9. ①口臭予防
  10. ②リラックス効果
  11. ③眠気覚まし
  12. ミンティアは適度な量を食べよう

ミンティアの食べ過ぎに注意?

気分転換や口臭対策に人気のミンティアを、食べ過ぎた場合はどうなるでしょうか。最近ではミント味のミンティアだけでなく、甘い味のものも多数発売されています。ここではミンティアを食べ過ぎた場合、どうなるのかを紹介していきます。

ミンティアを食べ過ぎる副作用は?太ることはある?

ミンティアを食べ過ぎることで体に悪影響はないでしょうか。基本的には少しずつ食べるものではありますが、食べ過ぎたときのカロリーも気になります。ミンティアのカロリーも一緒に紹介するので、参考にしてみてください。

①下痢・腹痛が起こる

ミンティアには人工甘味料であるアスパルテームが含まれており、大量に摂取することで下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。パッケージに大量摂取を控えるようにと言った旨の注意書きが表示されていることがあります。

少量を摂取する分には問題ありませんが、下痢や腹痛が起こる頻度が増えた場合は、アスパルテームを大量に摂取している可能性も考えましょう。アスパルテームは、シュガーレスのガムなどさまざまな食品に含まれているため、ミンティア以外から摂取している場合もあります。

②舌が痛くなることがある

アスパルテームは、腹痛や下痢などの症状だけではなく味覚障害を引き起こすこともあります。メントールの刺激によって舌に痛みを感じることもありますが、食べ過ぎていなければすぐに舌の痛みは引いていくでしょう。

ミンティアの種類によっては刺激が非常に強いものもあるため、食べる頻度を減らしたりマイルドな刺激のものに変更したりする方が良いこともあります。

③口臭がキツくなる・胃にムカつきを感じる

ミンティアには、アスパルテームの他にソルビトールやソルビットと呼ばれる成分が含まれています。ソルビトールは人工甘味料の一種で、胃の中で消化されることがありません。大量に食べるとソルビトールの作用で胃が荒れることになります。胃が荒れると臭いのあるガスが発生し、口臭がキツくなる原因にもなるため注意が必要です。

特に空腹時には胃が荒れる可能性が高くなるため、空腹時にミンティアを食べるのは避けた方が良いでしょう。

④太る可能性は少ない

1箱あたり カロリー 糖質
アロマミント 22kcal 7g
ワイルドアンドクール 22kcal 7g
コールドスマッシュ 22kcal 7g
ドライハード 23kcal 7g
カテキンミント 22kcal 7g
フローズンアンドシトラス 22kcal 7g
スピードフラッシュ 24kcal 7g
カルピス 25kcal 7g
グレープ 25kcal 7g
アクアスパーク 24kcal 7g

こちらはミンティアの種類ごとにカロリーと糖質を挙げたものです。食べ過ぎと言っても、1箱あたりのカロリーと糖質はそれほど多いわけではないため、太るということは考えにくいでしょう。ただし、極端にミンティアを多く食べている場合は、摂取カロリーが増えることで太る場合があります。

ミンティアの食べ過ぎにならない量の目安は?

ミンティアを1日にどれくらい食べても良いのかの目安は、おおよそ1日に1箱と言われています。それ以上消費する場合は食べ過ぎで、体にさまざまな影響を及ぼす可能性があります。

煙草の臭いを消すためにミンティアを食べている場合は、煙草の本数を減らすことで結果的にミンティアの消費する量も減り、ミンティアと煙草の両方の悪影響を軽減できます。それ以外であっても、ミンティアを大量に食べている場合は注意した方が良いでしょう。

特にケースでミンティアを購入して大量に消費している場合は、どれくらい消費しているのかわからなくなっていることもあります。1日に1つずつ購入するなどの工夫をして食べ過ぎを防ぎましょう。

ミンティアを適量食べた場合の効果・効能は?

ミンティアには、ソルビトールやアスパルテームのような人工甘味料は含まれているものの、大量に摂取しなければ人体に影響はないでしょう。ミンティアを適量食べた場合の効果、効能を紹介します。

①口臭予防

ミンティアを食べる目的の大きな理由としては、口臭予防が挙げられます。煙草を吸った後やコーヒーを飲んだ後の口臭は、エチケットとしても良いものではありません。

口臭予防には、口の中を潤す方法もあります。ミンティアを食べると、口内が刺激され唾液の分泌量が増えるため、口臭予防に大きな効果があると言えるでしょう。ただし、食べ過ぎには注意が必要です。

②リラックス効果

ミンティアと言うとミントの清涼感が強く、リフレッシュ効果のイメージが大きいかもしれませんが、リラックス効果もあります。ミンティアには、ほどよいミントの清涼感で辛味を抑えたものもやフルーツの甘みを感じるものもあります。それらを適量食べることで、頭をすっきりさせたり、気分転換できたりして、リラックスすることができるでしょう。

③眠気覚まし

長距離の運転や、仕事中など眠気で辛い思いをすることがあるなら、ミンティアを食べましょう。口の中がさっぱりするほか、刺激によって眠気が払いやすくなります。しかし、一度に大量に食べたり頻度が多かったりすると耐性がついて効果がなくなることがあります。

特に運転中などは事故につながる危険があるため、どうしても眠いようなら仮眠をとるか体を軽く動かすなどして眠気を軽減しましょう。

(*ミンティアとフリスクの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

「フリスク」と「ミンティア」の違いは?眠気・コスパ的にどっちがおすすめ?

ミンティアは適度な量を食べよう

手軽にリフレッシュや口臭予防ができるミンティアは、食べすぎには注意が必要のようです。他にもさまざまなミントタブレットが販売されていますが、適量を守って食べるようにしてください。

関連する記事