ココアのカロリー・糖質や栄養価は?ダイエット向きの飲み方なども紹介!

【管理栄養士監修】ココアのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、〈ピュアココア・調整ココア〉などココアのカロリー・糖質量を他の飲み物と比較しながら紹介します。ココアの栄養価・効果にくわえ、ダイエット向きの飲み方も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. ココアのカロリー・糖質量は?
  2. ココア(粉末)のカロリー・糖質量
  3. ココア(1杯)のカロリー・糖質量
  4. ココアのカロリー・糖質量を他の飲み物と比較
  5. ココアの栄養価や効能は?
  6. ①カカオポリフェノール
  7. ②テオブロミン
  8. ③ミネラル
  9. ココアのダイエット向きの飲み方は?
  10. ①ピュアココアを選ぶ
  11. ②糖分を控える
  12. ③牛乳を代替する
  13. ココアは栄養豊富な飲み物

ココアのカロリー・糖質量は?

ホットチョコレートともいわれるココアは、体が温まる飲み物で、コーヒーほどカフェインが含まれないので、子どもでも飲む事ができます。体に良いというイメージの反面、カロリーや糖質が気になるという方もいます。そこで、ココアのカロリーと糖質量について調べてみました。

ココア(粉末)のカロリー・糖質量

カロリー 糖質
調整ココア(100g) 412kcal 74.9g
純ココア(100g) 271kcal 18.5g

ココアには純ココアと調整ココアの2種類があります。純ココアとは添加物の入っていない、ピュアなココアパウダーのことです。一方、調整ココアとは砂糖や香料などが含まれており、お湯を注げば甘いココアができあがるものいいます。純ココアを使ってココアを飲む場合は、お砂糖を入れて飲むことになります。

ココアパウダーには糖分が含まれていないので、糖質やカロリーが低いです。なお、パンやお菓子の材料に使われることもあります。


※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ココア(1杯)のカロリー・糖質量

カロリー 糖質
牛乳(190ml) 131.1kcal 9.6g
砂糖(大さじ1杯:5g) 19kcal 5g
ピュアココア(大さじ1杯:5g) 13.8kcal 0.9g
ココア1杯(合計値) 163.9kcal 15.5g


ココアパウダーを使ってココアを飲む場合、好みによって砂糖や牛乳などの量は変わるので、カロリーや糖質は変動します。一般的な数値は上記の通りですので参考にしてください。これにホイップクリームなどを入れるとさらにカロリー、糖質ともに高くなります。

竹本友里恵

管理栄養士

ピュアココアに甘みを加えたい場合は、砂糖よりはちみつを使用するのがオススメです。はちみつはカロリーや糖質が砂糖より少なく、砂糖には無いミネラルが含まれています。また、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあり、インスリンへの影響が低いと言われています。お値段的にはちみつのほうがコストはかかりますが、身近な調味料から栄養素を含むものに変えていけると良いですね。

ココアのカロリー・糖質量を他の飲み物と比較

カロリー 糖質
ココア 163.9kcal 15.5g
豆乳 95kcal 6g
オレンジジュース 85.6kcal 22.1g
カフェオレ(加糖) 100kcal 20.2g
コーラ 92kcal 22.8g
乳酸菌飲料 153.8kcal 35.3g

※1杯:200mlあたりの含有量を掲載

ココアのカロリーや糖質は他の飲み物と比べたら高いのか低いのか、調べてみました。5つの飲み物と比較したところ、ココアのカロリーはもっとも高く、糖質はそれほど高くないということがわかりました。

ココアの栄養価や効能は?

ココアはカカオの実を原料とし、かつては薬として飲まれたほど、体に良い成分が多く含まれています。その中で特筆すべき栄養素のカカオポリフェノール、テオブロミン、ミネラルについて紹介します。

①カカオポリフェノール

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
4563.9mg 1000mg 456%

カカオポリフェノールには近年、強い抗酸化作用があることがわかりました。このおかげで、いろいろな病気や老化の原因となる活性酸素を抑制してくれます。具体的な効能・効果は、体の血行を良くし、血糖値の上昇を抑制することです。冷えやむくみの解消も見込まれ、動脈硬化の防止も期待できます。

②テオブロミン

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
2000mg 400mg以下(妊婦は200mg以下) 500%


テオブロミンはお茶やコーラにも含まれる物質で、リラックス効果があるカフェインに似た栄養素です。しかし、気管支拡張、利尿、興奮などの作用もあるため、摂取しすぎに注意が必要です。気管支拡張薬を常用している人や子ども、妊婦は特に注意が必要になります。

③ミネラル

ココアにはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅などのミネラルが含まれています。

◼︎銅:効能〜各種酵素を構成する物質で、エネルギーや神経伝達部室を作り出すのに関与しています。また、活性酸素除去の効能もあります。
◼︎マグネシウム:効能〜骨や歯を作る栄養素であるとともに、エネルギーを作り出すのに必要な物質になります。また、便秘薬にも含まれる物質なので、便秘気味の人は摂取しておきたいです。
◼︎亜鉛:効能〜各種酵素を構成する物質です。亜鉛が不足すると生殖機能が落ちたり、味覚障害になります。

それぞれに、上記のような効能があり、健康維持に必要な栄養素が豊富であることがわかりますね。(※2)

ココアのダイエット向きの飲み方は?

ココアについてこれまで説明してきたように、糖質は高くありませんが、カロリーが高い飲み物です。そんなココアは、ダイエット中は飲めないと諦めている方におすすめしたい飲み方を紹介します。

①ピュアココアを選ぶ

ダイエット中でカロリーが気になるという方は、調整ココアではなく、ピュアココアでココアを作って飲みましょう。ピュアココアを使ってココアを作ると、糖分を入れることになりますが、どれだけの糖分を入れたのか目で確認することができるので、自ずと控えるようになります。

②糖分を控える

言うまでもありませんが、カロリーが気になる方は糖分は控えましょう。また、オリゴ糖やはちみつなど、腸内環境を整えてくれる物質で甘みをつけることもおすすめです。

竹本友里恵

管理栄養士

控えめに砂糖を加えたピュアココアに、スパイスを加えると風味が出て美味しくなります。特におすすめなのは、唐辛子やジンジャーパウダーなどの体を温める効果があるスパイスです。ココアは身体の末梢の血行を改善する効果があり、ホットココアは冷え性を抑制する働きがあります。スパイスを加えることで相乗効果を発揮するため、普段飲むココアに飽きたらスパイスを加えて、体をポカポカに温めましょう。

③牛乳を代替する

100gあたり カロリー 糖質
牛乳 67kcal 4.8g
牛乳(低脂肪) 46kcal 5.5g
豆乳 46kcal 2.9g

糖分を控えても、ココアをココアパウダーと牛乳で作るとカロリーは高めになってしまいます。そこで、牛乳の代わりに低脂肪乳や豆乳で作ればカロリーは70%程度になります。その上、豆乳は糖質も低めなので、おすすめです。

(*ココアダイエットの効果・やり方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ココアダイエットは効果ある?やり方は?痩せた口コミや作り方・レシピのおすすめも紹介!

ココアは栄養豊富な飲み物

ココアはカロリーが高めな飲み物ですが、カカオポリフェノールなど体に良いと言われる栄養素を含む飲み物です。カフェインがコーヒーほど多くないので、体に優しく、特に冬場は体を温めてくれます。ダイエット中の方にはカロリーダウンをした飲み方も紹介したので、ぜひ試してみてください。

関連する記事