ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いと言われる理由は?噂の真偽や食べ方の注意点を紹介!

ソイジョイ(soyjoy)は体に悪いと言われますが本当でしょうか?今回は、ソイジョイが体に悪いと言われる理由や、逆にダイエット・健康への効果など食べるメリットを紹介します。ソイジョイを食べる際の注意点も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ソイジョイ(soyjoy)は体に悪いって本当?
  2. ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いと言われる理由は?
  3. ①アレルギー物質が含まれる
  4. ②原料のマーガリンにトランス脂肪酸が含まれている
  5. ソイジョイ(soyjoy)を食べるメリットも?ダイエット効果あり?
  6. ①カロリーやGI値が低い
  7. ②タンパク質が豊富に含まれる
  8. ③食物繊維も豊富で便秘解消に効果的
  9. ソイジョイ(soyjoy)を食べる際の注意点
  10. ソイジョイの食べ過ぎは禁物
  11. ソイジョイ(soyjoy)のおすすめ商品
  12. ①ソイジョイカロリーコントロール80(3888円)
  13. ②ソイジョイピーナッツ(124円)
  14. ③ソイジョイクリスピーミックスベリー(111円)
  15. ソイジョイ(soyjoy)は体に悪いは嘘!

ソイジョイ(soyjoy)は体に悪いって本当?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BEZExgfYS._AC_.jpg

ソイジョイは、ダイエットのおやつとして人気の商品です。原料に小麦粉は使わず、大豆だけを原料に作っていることから、腹持ちもよく糖質を抑えたいときにピッタリと言えるでしょう。しかし、ソイジョイには体に悪いという噂もあり、心配して食べない人もいるかもしれません。ここではソイジョイが、体に悪いと言われる理由と真偽を紹介していきます。

ソイジョイ(soyjoy)が体に悪いと言われる理由は?

出典:https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E8%A3%BD%E8%96%AC-%E3%82%BD%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A4-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%84-30g-%C3%9724%E5%80%8B/dp/B087RW5RYZ

まずはソイジョイが体に悪いと言われる、理由について説明していきます。ソイジョイに限らず、加工食品は体に悪いと言われがちのようですが、ソイジョイの体に悪いと言われる理由はどのようなものがあるでしょうか。

①アレルギー物質が含まれる

ソイジョイは原料に大豆が使用されており、人によってはアレルギーを引き起こすことがあります。大豆以外にも原料に卵やナッツ類などのアレルギー反応を起こしやすい物質が含まれるため、これらのアレルギーがある場合にはソイジョイは避けた方が良い食品です。

また、添加物としてソルビトールなどのさまざまな成分が含まれていることから、気になる人は体に悪いと考えるかもしれません。ソルビトールは甘味料として使用される成分ですが、りんごやプルーンなどの自然の植物にも含まれており、基本的には大量に摂取しなければ人体への影響はありません。

②原料のマーガリンにトランス脂肪酸が含まれている

ソイジョイには原料にマーガリンが含まれており、トランス脂肪酸について気になる人もいるようです。しかし、大塚製薬の説明によるとソイジョイに使われているマーガリンにはトランス脂肪酸はほぼ含まれておらず、トランス脂肪酸による危険性は特に気にする必要はないでしょう。

ただし、ソイジョイにはマーガリン以外にもアーモンドや味によってはピーナッツがたっぷり入っていることがあります。カロリーや糖質は低くても、脂質が気になる場合は避けるか味を選んで脂質を抑えるのが無難です。

食品表示法の改定に伴い原材料にマーガリンと記載いたしました。SOYJOYの原材料で使用しているマーガリンは、トランス脂肪酸量を低く抑えたマーガリンです。製品にはトランス脂肪酸量はほとんど含まれておらず、0gと表示しております。

ソイジョイ(soyjoy)を食べるメリットも?ダイエット効果あり?

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/beads-store/pce9i6un56.html

ソイジョイを食べることでのメリットについて説明していくので、おやつに活用したいなら参考にしてください。ソイジョイはお店ではダイエット食品の棚に並んでいることも多く、無理に食べる必要はないと感じるかもしれませんが、ソイジョイのいいところは何でしょうか。

①カロリーやGI値が低い

ソイジョイはカロリーやGI値が低く、ダイエット中のおやつに限らず普段のおやつとして食べるのもおすすめです。ソイジョイはカロリーの違いが味によって少しずつばらつきがあるものの、おやつの目安のカロリーである200kcalよりも低く、カロリー計算しやすいのもメリットです。

原料に小麦粉が使われておらず低糖質で、大豆が使われているため血糖値を急激に上昇させることもないことから、小麦粉を使ったお菓子に比べるとGI値が低い食品にあたります。糖質制限をしている場合にもおすすめの食品と言えるでしょう。

②タンパク質が豊富に含まれる

他のお菓子ではなく、ソイジョイを食べるメリットは原料の大豆に含まれるタンパク質が豊富に含まれている点にあります。タンパク質は筋肉を作るうえでは欠かせない成分であり、不足すると基礎代謝が落ちて脂肪がなかなか燃焼されません。

しかし、普通の食品から摂取するだけでは一日の摂取量を摂るのは難しい成分であり、無理に摂取しようとすると糖質や脂質も一緒に摂取してしまいかえって太る原因になります。しかもタンパク質は、こまめに摂取しないと上手く体に吸収されません。

タンパク質には植物性と動物性の2種類があり、植物性タンパク質は普段の食事で摂取するのが難しいと言われています。大豆を使用したソイジョイなら、植物性タンパク質を豊富に摂取できるため腹持ちもよく、間食にはおすすめの商品と言えるでしょう。

③食物繊維も豊富で便秘解消に効果的

ソイジョイに使われる大豆は、食物繊維が豊富な食べ物でありソイジョイにも豊富に含まれているため、便秘で悩んでいるならおすすめの食品です。ソイジョイはスプーンなどの道具が不要で手軽に食べられ腹持ちもしやすく、お腹が空いてお腹が鳴るのが辛いときにも前もって食べておくのも良いでしょう。

より腹持ちを良くさせたいなら、水分と一緒に食べることをおすすめします。水分によって食物繊維が膨らんで、満足感も得られやすくなりからです。水分はコーヒーや紅茶などのカフェインが入っているものは、利尿作用により水分が尿として排出されやすくなります。

さらにソイジョイに含まれる食物繊維が腸の水分を吸ってしまうため、かえって便秘になる原因になるので必ずノンカフェインのお茶か、水を飲むようにしてください。

関連する記事