チータラのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット中の食べ方も解説!

チータラ(チーズ鱈)のカロリー・糖質を知っていますか?食べ過ぎると太るのでしょうか?今回は、チータラ(100g)のカロリー・糖質など栄養を他のおやつ・おつまみと比較しつつ紹介します。<夜中に食べ過ぎない>などダイエット中に太るのを防ぐ食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. チータラのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. チータラ(100g)のカロリー・糖質など栄養価
  3. チータラのカロリー・糖質を他のおつまみ・おやつと比較
  4. チータラのカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. チータラのダイエット中に太るのを防ぐ食べ方は?
  6. ①1日50gまでにして食べ過ぎないようにする
  7. ②よく噛んで食べる
  8. ③マヨネーズなど高カロリーの調味料はつけない
  9. ④糖質制限ダイエット中なら多めに食べてもOK
  10. ⑤夜中に食べないようにする
  11. チータラはカロリーに注意して食べよう

チータラのカロリー・糖質は高い?太る?

出典:https://twitter.com/tamachan_suko/status/1429790560605282312

チータラは、チーズと鱈のすり身を合わせた和洋折衷なおつまみの定番ですが、カロリーや糖質は高いのでしょうか。酒との相性が抜群で思わず次々と手が伸びるので、太ることも気になります。ここでは、チータラのカロリーや栄養情報を元に、他のおつまみとの比較や、ダイエット中に太る心配なく食べる秘訣を紹介します。

チータラ(100g)のカロリー・糖質など栄養価

カロリー 糖質 食物繊維 タンパク質 脂質 食塩相当量 1日のカロリー摂取量に占める割合
チータラ(100g) 322kcal 14.2g 1g 20.1g 20.5g 2.9g 15%

※1日の摂取量は成人男性の目安です。
※含有量は株式会社なとりのチータラの栄養成分表示を参照しています。

上記の表は、標準的なチータラに含まれる栄養成分と1日のカロリーに占める割合を、チータラ100gあたりと1本あたりについて表示しています。チータラ1本は2.5gとして、100gの栄養情報より算出した目安量です。

チータラはカロリーが高めのおつまみだとわかりますが、タンパク質が豊富で糖質は控えめです。脂質が多めではあるものの、カロリーに対する栄養バランスに極端な偏りはありません。食べ過ぎに気を付ければ、太ることなくダイエット効果を期待できますが、塩分が高めである点には注意が必要です。

チータラのカロリー・糖質を他のおつまみ・おやつと比較

100gあたり カロリー 糖質
チータラ 322kcal 14.1g
チーカマ 135kcal 14.4g
フライドチキン 272kcal 9g
柿の種 486kcal 60.6g
ポテトチップス 554kcal 52.5g

上記の表は、チータラ100gあたりのカロリーと糖質を、他の定番おつまみ・おやつと比較したものです。チータラは他のおつまみと比較して、カロリーにおいては平均か少し高めであることがわかり、糖質は少なめです。

同じチーズと魚肉を使用したおつまみであるチーカマと比較すると、2.3倍ほどのカロリーがありますが、糖質量はほとんど変わりません。意外なことに揚げ物であるフライドチキンよりもカロリーが高く、糖質も多めに含まれます。

しかしポテトチップスや柿の種と比較すると、随分と低カロリー・低糖質なおつまみです。チータラはスナック菓子類と違って、チーズや鱈のすり身に含まれるタンパク質やアミノ酸などの栄養価が高いことを考慮すると、ダイエット中の間食に適していると言えます。

チータラのカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 35分
ジョギング 12分
自転車 14分
ストレッチ 42分
階段登り 12分
掃除機かけ 30分

上記の表は、チータラの食べきりサイズ27g入り1袋分の93kcalを消費するために必要な運動量を、運動方法別に比較した一覧です。チータラ1袋分のカロリーは、通勤や家事などの日常的な動作に加えて軽い運動をすると、比較的容易に消費可能であることがわかります。

ジョギングや自転車などの効率の良い運動を取り入れると共に、日常的な移動の際に階段の利用を心がけましょう。チータラのカロリーは半分以上が脂質エネルギーであるため、20分以上の有酸素運動を続けて行うことが、極めて効率の良い消費方法です。

チータラのダイエット中に太るのを防ぐ食べ方は?

出典:https://twitter.com/dowshober/status/1429355285437501440

ダイエット中にチータラを食べる際、太るのを防ぐ方法はどのようなものがあるのでしょうか。カロリー消費に効果的な間食の摂り方や、消化吸収と代謝の仕組みなどの様々な観点から、太る心配のない食べ方の秘訣を多数紹介します。

①1日50gまでにして食べ過ぎないようにする

ダイエット中にチータラを食べる場合は、1日に50gまでにして食べ過ぎないことが重要です。各種チータラの食べきりサイズ1袋の内容量は30g前後なので、決して厳しい制限ではありません。チータラ50gは161kcalであり、ダイエット中の間食は200kcalを目安に摂ると良いので、他の間食を少し取り入れる余裕があります。

チータラはチーズによる脂質の割合が多いおつまみなので、食べ過ぎるとすぐに脂肪がついて太る上に、乳脂肪はコレステロールを多く含む点も心配です。間食にはチータラだけでなく、ビタミン豊富な果物や、チータラに含まれない必須脂肪酸を補うナッツ類を取り入れることでバランスを整えられます。

チータラだけを食べ過ぎると、カロリー過多だけでなく、栄養の偏りによって代謝に必要なビタミンやアミノ酸が足りなくなります。この状態では摂取したカロリーを上手く活用できず、太りやすくなるので注意が必要です。

②よく噛んで食べる

太らない食べ方として、一口ずつよく噛んで食べることが効果的です。噛むことで食欲に関わる神経が刺激されて満腹感を覚えるので、ダイエット中に量を制限しても十分な満足感を得られます。時間をかけてじっくりと味わうことでより美味しさを実感できるため、リラックス効果やストレス解消の観点からも重要です。

さらに、よく噛んで食べることには、消化吸収を助ける効果もあります。特にチータラはチーズに含まれるタンパク質と脂質の比率が高めなので、消化に負担のかかるおつまみです。よく噛むことで消化を助け、時間をかけて穏やかに吸収されることで、胃腸の負担を減らすことができます。

胃腸が健康であることは、肌質の維持など美容の面で大きな意味があるので、ダイエット中には特に気をつけたい点です。

③マヨネーズなど高カロリーの調味料はつけない

関連する記事

×