ステラおばさんのクッキーのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向きの食べ方を紹介!

ステラおばさんのクッキーのカロリー・糖質を知っていますか?高くて太るのでしょうか?今回は、ステラおばさんのクッキーのカロリー・糖質を他のお菓子と比較しながら紹介します。ステラおばさんのクッキーのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. ステラおばさんのクッキーのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. ステラおばさんのクッキー[種類別]のカロリー・糖質
  3. ステラおばさんのクッキー(1枚)のカロリーを他のお菓子と比較
  4. ステラおばさんのクッキー(1枚)のカロリー消費に必要な運動量
  5. ステラおばさんのクッキーのダイエット向きな太りにくい食べ方は?
  6. ①夜に食べない
  7. ②よく噛んでゆっくり食べる
  8. ③間食は2〜3枚に抑える
  9. ④空腹時にいきなり食べない
  10. ステラおばさんのクッキーのカロリーに注意して食べよう

ステラおばさんのクッキーのカロリー・糖質は高い?太る?

出典:https://twitter.com/saki85036155/status/1436534730304811015

市販のクッキーは大量のバターや砂糖を使用して作るため、カロリーや糖質が気になります。クッキーの中でもステラおばさんのクッキーは人気がありますが、カロリーや糖質はどのくらいで、食べると太るのでしょうか。ステラおばさんのクッキーのカロリー・糖質を紹介します。

ステラおばさんのクッキー[種類別]のカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
ステラおばさんのクッキー(チョコレートチップ) 74kcal 9.1g 0.03
ステラおばさんのクッキー(ヨーグルト) 75kcal 8.7g 0.03
ステラおばさんのクッキー(マカダミアナッツ) 81kcal 7.7g 0.04
ステラおばさんのクッキー(アップルカスタード) 83kcal 10.9g 0.04
ステラおばさんのクッキー(紅茶) 75kcal - 0.03
ステラおばさんのクッキー(セサミ) 75kcal - 0.03
ステラおばさんのクッキー(ダブルチョコナッツ) 83kcal - 0.04

※1日のカロリー摂取量は成人男性の目安です。

上記の表は、ステラおばさんのクッキー1枚あたりのカロリーや糖質および1日のカロリー摂取量に占める割合を、種類別に示したものです。ステラおばさんのクッキーはいずれも1枚につき80kcal前後となっており、カロリーが高いことが分かります。

ステラおばさんのクッキーの糖質は種類によって3g程度前後し、最も糖質が高いアップルカスタードの1枚あたりの糖質は、さといも2個分に相当します。糖質の含有量が不明のものが多いですが、いずれもクッキー生地に小麦粉や砂糖を使用していることを考えると、低糖質とは考えにくいでしょう。

ただし、クッキー1枚あたりの1日のカロリー摂取量に占める割合は3〜4%程度であるため、食べ過ぎなければ太りにくいと言えます。

ステラおばさんのクッキー(1枚)のカロリーを他のお菓子と比較

1枚あたり カロリー
ステラおばさんのクッキー(ミルクシュガー) 65kcal
ポテトチップス 11kcal
クラッカー 14kcal
ビスケット 47kcal
ラスク 58kcal

上記の表は、1枚あたりのステラおばさんのクッキーと他のお菓子のカロリーを比較したものです。5種類のお菓子の中で、ステラおばさんのクッキーが最も高カロリーです。ステラおばさんのクッキーはポテトチップスの約6倍ものカロリーがあるので、ダイエット中は食べ過ぎないように注意しましょう。

ステラおばさんのクッキー(1枚)のカロリー消費に必要な運動量

出典:https://twitter.com/auntstella_jp/status/1427103107767431173?s=20

運動方法 時間
ウォーキング 24分
ジョギング 15分
自転車 9分
ストレッチ 29分
階段登り 8分
掃除機かけ 21分

上記の表は、ミルクシュガー味のステラおばさんのクッキー1枚65kcalを消費するために必要な運動量を示しています。階段上りや自転車などの激しい運動は10分前後、負荷の少ない運動は20分から30分ほど行えば、ステラおばさんのクッキーのカロリーを消費することができます。

ステラおばさんのクッキーのダイエット向きな太りにくい食べ方は?

出典:https://twitter.com/auntstella_jp/status/1428552375065665553?s=20

ステラおばさんのクッキーはカロリーや糖質が高いお菓子ですが、食べ方を工夫すると太りにくくなります。ここでは、ステラおばさんのクッキーのダイエット向きな太りにくい食べ方について紹介します。

①夜に食べない

ダイエット中は、ステラおばさんのクッキーを夜に食べないように注意してください。夜に食事をすると太りやすいと言われるのは、肥満遺伝子と呼ばれるBMAL-1が関係しています。BMAL-1は19時頃から増え始め、深夜2時が最も多くなるのが特徴です。BMAL-1の分泌量が多い時間帯に食べると、BMAL-1の働きによって体に脂肪を溜め込みやすくなります。

1日のなかで最もBMAL-1が少なくなるのは14時から15時頃なので、ダイエット中にステラおばさんのクッキーを食べる時はこの時間帯に食べるとよいでしょう。

②よく噛んでゆっくり食べる

ステラおばさんのクッキーを食べる時は、よく噛んでゆっくり食べましょう。よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて食欲を抑制し、食べ過ぎの防止に繋がります。また、噛む回数が増えると食後に消費されるエネルギー量が増えるとも言われています。早食いをするのが癖になっている人は、一口につき30回を目安に噛むことを意識してください。

関連する記事