ホールケーキのカロリー・糖質は?4号・5号は?チーズケーキなど種類別に紹介!

ホールケーキのカロリー・糖質を知っていますか?ダイエット向きなのでしょうか?今回は、ホールケーキ(4号・5号・6号~)のカロリー・糖質〈モンブラン・チーズ〉など種類別に比較しつつ紹介します。ホールケーキのカロリーを消費するのに必要な運動量やダイエット中の太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. ホールケーキのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. ホールケーキ(3号・4号・5号・6号)のカロリー・糖質
  3. ホールケーキのカロリー・糖質をモンブランなど種類別に比較
  4. ホールケーキのカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. ホールケーキのダイエット中の太りにくい食べ方は?
  6. ①1日0.5カットまでならOK
  7. ②15時~18時の間に食べる
  8. ③食後に食べる
  9. ④ケーキを食べたら運動を忘れずに
  10. ホールケーキはカロリーに注意して食べよう

ホールケーキのカロリー・糖質は高い?太る?

お祝い事などで食べるホールケーキは幅広い世代に人気です。そんなホールケーキのカロリーを知っていますか。ダイエット中の方はカロリーや糖質が気になってしまいます。では、サイズや種類によってどれくらいの差があるのでしょうか。わかりやすくグラフで解説します。

ホールケーキ(3号・4号・5号・6号)のカロリー・糖質

カロリー 糖質
ホールケーキ 3号サイズ(直径9センチ:1〜2人前) 975kcal 76.2g
ホールケーキ 4号サイズ(直径12センチ:2〜4人前) 1,464kcal 114.3g
ホールケーキ 5号サイズ(直径15センチ:4〜6人前) 2,196kcal 152.4g
ホールケーキ 6号サイズ(直径18センチ:6〜8人前) 2,928kcal 228.6g

いちごのショートケーキの各ホールごとのカロリーと糖質のグラフになります。表でもわかるようにホールケーキには、小麦やバター·生クリームや砂糖が使用されているので高カロリー·高糖質です。頭でわかっていても数字で表されると食べることに罪悪感を感じてしまうかもしれません。

ホールケーキのカロリー・糖質をモンブランなど種類別に比較

4号(2〜4人前)あたり カロリー 糖質
チーズケーキ 1,254kcal 76.4g
フルーツケーキ 1280kcal 80g
ショートケーキ 1,463kcal 114.3g
モンブラン 1,700kcal 198g
チョコレートケーキ 1,753kcal 137.8g

ホールケーキにも色んな種類があります。その中でも一番カロリーや糖質が低いのはチーズケーキです。ケーキを食べたいがカロリーや糖質が気になる方は、チーズケーキやフルーツが多いケーキを選ぶと少しでも抑えれます。それでも1カット当たり300kcal近くなります。

ホールケーキのカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 120分
ジョギング 60分
自転車 75分
ストレッチ 150分
階段登り 92分
掃除機かけ 165分

ショートケーキ4号1切れ(366kcal)を食べた後にどれくらいの運動をすることでカロリーを消費できるかのグラフです。激しい運動でもあるジョギングでも1時間以上しなければ消費出来ません。甘くて美味しいケーキを食べると消費するの大変なことだと分かります。

ホールケーキのダイエット中の太りにくい食べ方は?

ダイエット中に気になるカロリーも糖質も高いホールケーキです。ダイエット中であれば食べないようにすることがいいですが、我慢のしすぎは身体にもよくありません。ホールケーキの食べ方に気を付けることでダイエット中にも食べることが出来ます。

①1日0.5カットまでならOK

ダイエット中にどうしてもケーキを食べたいのであれば0.5カットまでです。ケーキの中でも一番カロリーが低いチーズケーキでも1カット300kcalはあります。ケーキの王道でもあるショートケーキに至っては、1カット400kcal近くのカロリーになります。ダイエット中で間食するのであれば200kcalまでにすることがオススメです。

②15時~18時の間に食べる

食べる時間にも気を付ける必要があり、最も代謝がいいと言われる15~18時の間に食べます。人の体温が最も高く、消費しやすい時間帯になるので、他の時間帯で食べるよりも消費しやすいです。18時までだからといって、夕食後にデザートとして食べると消費しにくく、体内に脂肪として残ります。なので、15時のおやつとしてケーキを食べることが理想です。

③食後に食べる

他にも食後に食べることで、ケーキの食べる量を少しでも抑えることが出来ます。空腹の状態でケーキを食べると、体内が多くの栄養素を吸収しようとするため、脂肪として体内に蓄積されます。食後に食べることで、少量のケーキでも満足することも出来ます。さらに体内に吸収されるカロリーも抑えることが可能です。

ただ、食後といっても夕食後は、カロリーを消費しにくくなるので朝食や昼食後が理想です。

④ケーキを食べたら運動を忘れずに

食べる量や時間帯を気を付けてもケーキを食べたら運動するようにしてください。ケーキには、太りやすい原因となる脂質や糖質が大量に含まれているからです。しかし、ダイエット中にケーキを食べてはいけないわけではありません。摂取したカロリーを運動をして消費すればよいのです。運動が苦手な方もストレッチでもカロリーを消費することが出来ます。

(*ダイエット中のケーキの食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ダイエット中にケーキを食べたい!太りにくい食べ方・選び方や食べてしまった時の対処法も紹介!

ホールケーキはカロリーに注意して食べよう

お祝い事に必要不可欠で多くの人が好きなホールケーキもカロリーに気を付けることでダイエット中も食べることが出来ます。最近では、糖質オフのケーキもあるので、食べたいけどカロリーが気になると言う方も低カロリーのケーキをダイエットの息抜きに味わってみてください。

関連する記事