オイコスのカロリー・糖質を味別に比較!ダイエット中の食べ方も紹介!

ヨーグルト「オイコス」のカロリー・糖質を知っていますか?高くて太るのでしょうか?今回は、〈ストロベリー・ブルーベリー・加糖・無糖〉などオイコスのカロリー・糖質を他のヨーグルト製品などと比較しながら紹介します。オイコスのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. ヨーグルト「オイコス」のカロリー・糖質は?
  2. オイコスの【種類別】のカロリー・糖質
  3. オイコスのカロリー・糖質を他のヨーグルトと比較
  4. オイコス(1個)のカロリー消費に必要な運動量
  5. オイコスのダイエット向きな太りにくい食べ方は?
  6. ①加糖タイプではなく無糖・砂糖不使用タイプを選ぼう
  7. ②ゆっくり食べる
  8. ③夜遅くに食べない
  9. オイコスのカロリーに注意して食べよう

ヨーグルト「オイコス」のカロリー・糖質は?

出典:https://twitter.com/machario4824/status/1454784288801452035?s=20

近年は筋トレやダイエットをしている人に、たんぱく質が豊富なヨーグルトが人気です。オイコスもその1つですが味にバリエーションがあり、含まれているカロリーや糖質の量が異なります。ここでは、様々な味のオイコスのカロリーと糖質について説明します。

オイコスの【種類別】のカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
オイコス(プレーン・加糖) 92kcal 12.3g 4%
オイコス(プレーン・砂糖不使用) 71kcal 5.1g 3%
オイコス(ブルーベリー) 92kcal 12.2g 4%
オイコス(ストロベリー) 92kcal 12.1g 4%
オイコス(パイナップル) 93kcal 13.3g 4%
オイコス(パッションフルーツ) 92kcal 12.9g 4%
オイコス(プロテイン) 69kcal 5.1g 3%
オイコス(バナナ) 92kcal 12.9g 4%
オイコス(ピンクグレープ) 90kcal 12.3g 4%

オイコスではプレーンやストロベリー、ブルーベリーなどの定番以外の味を期間限定で販売しています。上記の表を見るとわかるように、ほとんどの味はカロリーや糖質の量は変わりません。しかしオイコのスプレーン・砂糖不使用に限ってカロリーや糖質が低くなっているので、痩せたくてダイエットしている人にはこれがおすすめです。

オイコスのカロリー・糖質を他のヨーグルトと比較

商品名(1個あたり) カロリー 糖質
ダノンジャパン オイコス(プレーン・加糖) 92kcal 12.3g
雪印メグミルク 恵 ビフィズス菌SP株ヨーグルト 57kcal 8.9g
明治 プロビオヨーグルトR-1 プレーン 89kcal 10.8g
森永乳業 アロエヨーグルト プレーン 101kcal 15.6g
明治 ブルガリアヨーグルト 低糖 144kcal 17.5g

オイコスの中でもコンビニエンスストアなどで取り扱いが多いプレーン・加糖タイプと他のヨーグルトを比較すると、カロリーも糖質も中間に位置することがわかります。間食の一環として食べる分には太りにくくなるメリットはあるものの、ダイエットして痩せたいと考えているならオイコスの無糖タイプか他社でよりカロリーや糖質が低いものを選ぶのが得策です。

オイコス(1個)のカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 35分
ジョギング 21分
自転車 13分
ストレッチ 41分
階段登り 12分
掃除機かけ 30分

上記はオイコス(プレーン・加糖)92kcalを消費するために、必要な運動量を示しています。オイコス1個はすぐに食べ終われる量にも関わらず、それを消費するにはそれなりに運動しなければなりません。筋トレをする人は問題ないものの、運動が苦手な人は味の選び方や食べ方に配慮が必要なので次章で詳述します。

オイコスのダイエット向きな太りにくい食べ方は?

出典:https://twitter.com/DietMan40/status/1434465463128387587?s=20

オイコスはダイエット中に不足しがちなたんぱく質が含まれているので、上手に活用すると痩せる一助になります。またオイコスの食べ方を意識することで痩せはしなくても、太りにくくすることもできるのです。ここではダイエットに適した、オイコスの食べ方を紹介します。

①加糖タイプではなく無糖・砂糖不使用タイプを選ぼう

ダイエット中にオイコスを食べる際には、加糖タイプではなく無糖の砂糖不使用タイプを選ぶようにしましょう。甘さが足りない時にジャムを加える人がいますが、使いすぎるとカロリーも糖質もアップしてしまいます。カロリーゼロの甘味料を加えるなど、食べ方に工夫するとよいでしょう。

②ゆっくり食べる

ダイエット中にオイコスの加糖タイプを食べる時には、ゆっくり時間をかけて食べることをおすすめします。ダイエットをするうえで早食いは厳禁とされるのは、血糖値の急上昇に比例して太りやすくなるからです。オイコスもしっかり噛みながらゆっくり食べると、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防止できます。

③夜遅くに食べない

関連する記事

×