アルファ米が危険・体に悪いと言われる理由は?食中毒事件があったの?

アルファ米は危険・体に悪いのでしょうか?今回は、〈食中毒・賞味期限の長さ〉など、アルファ米が危険・体に悪いと言われる理由について紹介します。尾西食品のアルファ米の安全へのこだわりについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アルファ米は体に悪い・危険って本当?
  2. アルファ米に危険性のある成分は含まれていない
  3. アルファ米は体に悪い・危険と言われる理由は?
  4. 理由①アルファ米を食べて集団食中毒が起きた事例がある
  5. ただアルファ米が原因なのか・どのメーカーの製品なのかは不明
  6. 理由②賞味期限が長く防腐剤が使われていると思われる
  7. むしろアルファ米は原材料・パッケージにも安全へのこだわりがある
  8. アルファ米は安心して食べて大丈夫

*購入サイト|楽天市場*
5年保存の非常食 尾西食品 アルファ米12種類セット オリジナルレシピ帳付き災害食

アルファ米のことを知ったとしても、体に悪い噂ばかり耳にすることも少なくありません。しかし、アルファ米を取り扱う尾西は、原材料やパッケージなどで以下のような安全に対する配慮を行っています。

・国産米のみを使っている
・食品添加物と防腐剤が入っていない
・柔らかく体内で消化されやすい
・酸素を通しにくいパッケージと脱酸素剤でアルファ化状態を保つ


アルファ米の品質を高めるため、尾西で製造するアルファ米は全て国産100%の米です。調理時に急速乾燥と水分の調整を同時に行うことでお米をアルファ化状態に保つため、体に悪いとされる食品添加物や防腐剤を加える必要もありません。

アルファ化状態のお米は、炊きたてのような瑞々しい味わいが特徴的です。食感が柔らかく体内で消化されやすいため、嚥下力が落ちている人や胃腸が弱い人でも安心して食べられます。酸素を通しにくい素材のパッケージを使用し脱酸素剤を同封することで、アルファ化状態の美味しさを維持したまま保存することができます。

アルファ米は安心して食べて大丈夫

アルファ米は体に悪い危険な成分が入っていないため、安心して食べられます。近年ではアルファ米が体に悪いといったイメージを払拭するために、アルファ米の原材料や製造過程にこだわる尾西のようなメーカーが増えています。水やお湯を注ぐだけで炊きたての美味しさを味わえるアルファ米を非常食に備え、普段から防災意識を高めておきましょう。

関連する記事

×