妊娠中に食べてはいけないお菓子は?妊婦におすすめな市販品も紹介!

妊娠中に食べてはいけないお菓子を知っていますか?今回は、妊娠中に食べてはいけないお菓子の特徴を、〈無添加・低カロリー〉な〈和菓子・スイーツ〉など食べてもOKな市販のお菓子とともに紹介します。お菓子以外で妊娠中に気をつけるべき食べ物・果物なども紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊娠中に食べてはいけないお菓子はある?特徴は?
  2. ①カロリーが高いお菓子・スナック類
  3. ②添加物や人工甘味料を使用しているお菓子も避けた方が無難
  4. ③アルコールを含むお菓子
  5. ④カフェインを含むお菓子
  6. 妊娠中に食べるお菓子・おやつには何がおすすめ?
  7. ①寒天・こんにゃくゼリー
  8. ②ドライフルーツ・果物
  9. ③ナッツ類
  10. ④ヨーグルト・チーズなど乳製品
  11. 妊娠中におすすめな市販お菓子7選!無添加・安全の和菓子など!
  12. ①アリサン ローバイト
  13. ②アンデイコ こだわり極プリン
  14. ③ウォーカー ショートブレッド ハイランダー
  15. ④井村屋 片手で食べられるちいさなようかん
  16. ⑤森永製菓 マクロビ派
  17. ⑥ノースカラーズ オーガニックポテトのチップス
  18. ⑦クラシエ 甘栗むいちゃいました
  19. ちなみに妊娠中に食べてはいけない食べ物はお菓子以外で他にある?
  20. 妊娠中に食べてはいけないお菓子を把握しよう

②ドライフルーツ・果物

ドライフルーツや果物に含まれる食物繊維は整腸作用に、カリウムは手足のむくみの解消に働きかけます。鉄分も貧血防止に積極的に摂取したい成分で、赤ちゃんの成長に必要な葉酸も豊富です。果物の1日の摂取量の目安は、生の果物で200g程度です。

ただし、ドライフルーツは生の果物と比べると、カロリーや糖質が5倍も多くなるので食べる量には注意が必要です。

③ナッツ類

ナッツ類に豊富に含まれる不飽和脂肪酸は、血中コレステロールや血圧を正常に保ち、動脈硬化や血栓を防ぐ働きがあります。しっかり噛みしめて食べることで、満腹感を感じやすく食べ過ぎを防いでくれます。ミックスナッツの場合、手のひらに乗る量を1食の目安にしてください。

④ヨーグルト・チーズなど乳製品

タンパク質やカルシウムを効率よく摂取できるヨーグルトやチーズなどの乳製品も、妊娠中のおやつにおすすめの食べ物です。カルシウムはお腹の赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素なので、乳製品を積極的に食事に取り入れましょう。妊娠中に推奨されているカルシウム摂取量の目安は、1日650mgです。

ただし、妊娠中は加熱処理をしていないナチュラルチーズは食べてはいけないため、注意しましょう。

妊娠中におすすめな市販お菓子7選!無添加・安全の和菓子など!

妊娠中でも安心しておやつの時間を楽しみたい方のために、原材料と無添加にこだわった市販のお菓子を7つ厳選して紹介します。ネットショップやコンビニでも買える物のため参考にしてみてください。

①アリサン ローバイト

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/51afiSApZYL._AC_.jpg

ナッツやドライフルーツがぎっしりつまった食べ応えのあるローフードのお菓子です。砂糖も添加物も使われていない上に、有機JAS認定を受けているので、妊婦でもおやつに安心して食べることができます。

Amazon | ローバイトお試し6個セット(50g×6) | アリサン有限会社 | 菓子・スナック 通販

②アンデイコ こだわり極プリン

出典:https://www.andeico.co.jp/2015/01_product/00_new/kiwami_pr/

極プリンは、スーパーやコンビニのデザートコーナーでもよく見かけるスイーツです。乳製品・砂糖・卵のみのシンプルな材料で作られ、香料・着色料・保存料不使用にこだわった、素材の味を引き出したカスタードプリンです。

アンデイコ こだわり極プリン【Rakuten SEIYU ネットスーパー】

関連する記事

×