山芋アレルギーは大人でもなる?吐き気の症状も?加熱すれば大丈夫?

山芋アレルギーは大人でも発症することがあるのでしょうか?加熱すれば問題ないでしょうか?今回は、山芋アレルギーが大人でも発症するかを、〈吐き気・蕁麻疹・喉の違和感〉など症状の特徴や、〈長芋・自然薯〉など種類による違いとともに紹介します。山芋アレルギーに発症したかを調べる方法やかゆみを抑える処置も紹介するので参考にしてみて下さいね。

目次

  1. 山芋アレルギーは大人でも発症する?特徴は?
  2. 山芋アレルギーは大人でも突然発症することがある
  3. 大人のアレルギーは山芋に限らず年齢が高いほど治りにくい
  4. 自然薯・長芋・大和芋など山芋の種類で症状が異なる
  5. 加熱すればアレルギーを発症しないこともある
  6. 山芋アレルギーの症状は?大人だときつい?
  7. ①吐き気・下痢・腹痛
  8. ②せき・くしゃみ・喉のかゆみ
  9. ③蕁麻疹
  10. 山芋アレルギーではない可能性もある?調べる方法は?
  11. 山芋アレルギーではなく一時的なかゆみの場合もある
  12. 山芋アレルギーかを調べるには抗体検査が確実
  13. 山芋のかゆみを抑える処置は?
  14. ①患部にお酢を塗り温める
  15. ②お米で擦る
  16. 山芋のかゆみを防ぐ予防策は?
  17. ①山芋の皮を厚めにむいて冷凍する
  18. ②手にお酢をつけて調理する
  19. 山芋アレルギーは大人でも発症することがある

山芋アレルギーは大人でも発症する?特徴は?

山芋は通年スーパーなどで出回っているので、いつでも手に入れることが出来ます。栄養もあり、様々な料理にも活躍してくれる山芋ですが、まれに蕁麻疹やかゆみの症状を引き起こします。この症状は、大人でも発症することがあるので注意が必要です。

山芋アレルギーは大人でも突然発症することがある

様々な用途で食品に使用される山芋は以下の通りです。

・お好み焼き
・肉団子
・はんぺん


山芋が含まれていると気付かずに、アレルギー症状が出ることもあるので、原材料の表記の確認をするようにしましょう。食物アレルギーを起こしやすい山芋は表記を奨励されているからです。

子供の頃になかったアレルギーが突然大人になり発症することはよくあります。免疫力が弱っている時はアレルギー症状が出やすいので体調管理は大切です。アレルゲンとなるアセチルコリンという化学物質は、山芋に限らず、里芋など他の食材にも含まれるので注意をしましょう。

大人のアレルギーは山芋に限らず年齢が高いほど治りにくい

消化機能の未発達により起こる子供のアレルギーに比べ、大人は皮膚を保護する機能の低下や抗体の減少により起こるアレルギーが多いと考えられます。そのため、大人になり発症したアレルギーは治る可能性が低いと言われています。高齢になるにつれ、体の機能の低下や睡眠不足が原因でアレルゲンを跳ね返す力が弱ってしまうからです。

自然薯・長芋・大和芋など山芋の種類で症状が異なる

自然薯・長芋・大和芋などは全てヤマイモ科に属し、品種の違いにより名称は異なりますが、これらを総称で山芋といいます。国産の山芋は自然薯といい、大和芋は奈良県の代表的な野菜です。里芋も同じイモ類ですが、とろろのようにすりおろして生で食べる事はできません。粘り気が強い自然薯や大和芋の方が一般的にはかゆみなどの症状が出やすいと言われています。

加熱すればアレルギーを発症しないこともある

食物アレルギーの多くは、生で食すよりも加熱すると症状が出ないことが多いです。山芋のかゆみの原因となるシュウ酸カルシウムも、加熱により減少することがわかっています。お好み焼きなどに入れる山芋は必ず火が通るので、アレルギーが発症しにくいでしょう。

山芋アレルギーの症状は?大人だときつい?

山芋の仮性アレルギーと食物アレルギーとしての症状はそれぞれ違います。ここでは、食物アレルギーの症状がどんなものなのかを紹介します。

①吐き気・下痢・腹痛

消化器系のアレルギー症状を紹介します。

・吐き気
・嘔吐
・下痢
・腹痛
・血便

腹痛や下痢などは、傷んだ食物にあたった時の症状にも似ています。吐き気や嘔吐などの症状が出てくると、アレルギー症状の可能性が高いので酷くなる前に医者に診てもらいましょう。

②せき・くしゃみ・喉のかゆみ

呼吸器系のアレルギー症状は以下の通りです。

・せき
・くしゃみ
・喉のかゆみ
・鼻づまり
・息苦しさ


酷いとさらに喘息のように呼吸が荒くなることもあります。せきやくしゃみは風邪症状と混同しないように注意して経過観察を行いましょう。

③蕁麻疹

全身のかゆみに加え、皮膚に赤い発疹や浮腫みが出たり、目にも腫れや充血を起こします。このように全身に症状が出るアナフィラキシーショックは、意識障害を起こし、呼吸困難になることもあるので十分に注意しましょう。

関連する記事

×