妊婦・妊娠中はサーモンNG?生刺身が危険?食べてしまった時の対処法も!

妊娠中・妊婦はサーモンを食べても大丈夫なのでしょうか?今回は、妊婦や妊娠中にサーモンを食べてもいいのかを、〈リステリア菌〉など懸念点や〈寿司&刺身〉など生を避けて加熱するなど食べる際の注意点とともに紹介します。妊娠中・妊婦がサーモンを食べてしまった場合の対処法や安全なレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊娠中や妊婦はサーモンを食べてもいいの?
  2. 妊娠中や妊婦はサーモンの食べ方に気をつければ大丈夫
  3. 妊婦がサーモンを食べる際の懸念点は?
  4. ①リステリア菌
  5. ②腸炎ビブリオ・ノロウイルスなどによる食中毒
  6. ③水銀
  7. 妊婦や妊娠中にサーモンを食べる場合の注意点は?
  8. ①サーモンを食べる量は1日に80gまで
  9. ②刺身・炙り・寿司など生は避けて十分に加熱して食べる
  10. ③塩分の多い調味料・調理方法を避ける
  11. 妊婦・妊娠中にサーモンを食べてしまった・食べ過ぎた場合の対処法は?
  12. 心配な場合は病院に行くのが安心
  13. 妊婦・妊娠中にサーモンを食べるメリットもある?
  14. ①DHA・EPA
  15. ②ビタミンD
  16. ③ビタミンB
  17. ④タンパク質
  18. 妊娠中・妊婦でも安心なサーモンを使ったレシピを紹介!
  19. ①サーモンの味噌クリーム煮
  20. ②サーモンソテーのレモンタルタルソースがけ
  21. ③揚げないサーモンフライ
  22. 妊娠中・妊婦がサーモン以外にも妊娠中に気を付ける食べ物は?
  23. 妊婦や妊娠中のサーモンは食べ方に気をつけよう

刺身や寿司を食べるときは生のものを避けてしっかり加熱してあるものを選んで食べるようにしてください。炙りであっても表面しか加熱されておらず、中のリステリア菌は死滅していない可能性があり、食中毒の可能性もあります。例えばスシローはサーモンを扱った種類が豊富で、焼とろサーモンは人気のネタの一つです。

しかし、どこまで加熱されているかわからないため、妊娠中は避けた方が無難です。また、一見ヘルシー見える海鮮丼も、リステリア菌などの食中毒の可能性があるので避けましょう。

③塩分の多い調味料・調理方法を避ける

食中毒や水銀以外にも、妊婦なら塩分の多い調味料や調理法は避けるようにしてください。妊娠中はむくみも出やすく、高血圧などの病気にかかりやすくなります。できるだけ塩分を控えめにした調理方法にし、味付けが物足りない場合はだしをたっぷり使うのがおすすめです。

また、焼き鮭の場合は焼く前に塩を振るよりも、焼いてから塩を振った方が減塩になるので試してみてください。

妊婦・妊娠中にサーモンを食べてしまった・食べ過ぎた場合の対処法は?

妊娠中にサーモンを食べ過ぎてしまった場合や、生のサーモンを食べてしまった場合の対処法を紹介します。炙りサーモンなど、一見しただけでは生に見えない食べ方もあるため、気づかずに食べちゃったといったときにも参考にしてください。

心配な場合は病院に行くのが安心

サーモンを妊娠中に食べてしまい、心配な場合は病院に行くのが安心です。吐き気などの食中毒の症状が出た場合のほか、特に何もなくても妊娠中は赤ちゃんへの罪悪感からストレスになってしまうこともあります。ストレスも赤ちゃんへ影響を及ぼすので、気持ちを軽くするためにも病院で相談することをおすすめします。

妊婦・妊娠中にサーモンを食べるメリットもある?

妊娠中にサーモンを食べるのはデメリットばかりではなく、メリットもあるようです。サーモンに含まれる、主な栄養は以下が挙げられます。

・DHA・EPA
・ビタミンD
・ビタミンB
・タンパク質


これらは母体だけではなく赤ちゃんが成長する上でも欠かせない栄養で、生まれてからの授乳期間や離乳食でも必要となります。効果や効能についてそれぞれ説明するので、参考にしてください。

①DHA・EPA

サーモンに限らず、魚にはDHAやEPAが含まれており、胎児の段階から脳の発達に大きな影響があるとされています。特に妊娠初期は神経細胞が非常に多く作られる時期で、DHAはその材料として使われます。妊娠中期からも胎盤を通じて脂肪酸として与えられるため、摂取していきましょう。

②ビタミンD

ビタミンDは妊娠中に欠かせない栄養で、赤ちゃんの骨や脳を作るうえで必要となります。ママの体にも必要で、不足すると妊娠糖尿病や高血圧腎症、切迫早産との関係があるとされています。骨の形成はカルシウムがよく知られている栄養ですが、ビタミンDも大きく関わってきます。出産してからも母乳を作るうえで必要になるため、こまめに摂取しましょう。

③ビタミンB

サーモンにはビタミンB群が豊富に含まれており、炭水化物やタンパク質などの栄養を代謝する役割を持っており、疲れやすくエネルギーの必要な妊娠中には嬉しい効果となります。また、皮膚や粘膜を守る働きがあるため、妊娠中に肌のトラブルがあるなら摂取してみてください。また、授乳中もビタミンB1が分泌されるため、積極的に摂取する必要があります。

④タンパク質

タンパク質は赤ちゃんだけではなく、母体にも大切な栄養素の一つです。胎児の臓器や筋肉を作る上で欠かせない栄養素ですが、一度に吸収できる量は多くないためこまめに摂取することが大切です。サーモンは高タンパクで脂質も肉に比べると低いため、体重管理が難しく抜け毛も増える妊娠中にはママにも嬉しい食材です。

(*サーモンの栄養成分について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

関連する記事

×