妊婦・妊娠中はサーモンNG?生刺身が危険?食べてしまった時の対処法も!

妊娠中・妊婦はサーモンを食べても大丈夫なのでしょうか?今回は、妊婦や妊娠中にサーモンを食べてもいいのかを、〈リステリア菌〉など懸念点や〈寿司&刺身〉など生を避けて加熱するなど食べる際の注意点とともに紹介します。妊娠中・妊婦がサーモンを食べてしまった場合の対処法や安全なレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊娠中や妊婦はサーモンを食べてもいいの?
  2. 妊娠中や妊婦はサーモンの食べ方に気をつければ大丈夫
  3. 妊婦がサーモンを食べる際の懸念点は?
  4. ①リステリア菌
  5. ②腸炎ビブリオ・ノロウイルスなどによる食中毒
  6. ③水銀
  7. 妊婦や妊娠中にサーモンを食べる場合の注意点は?
  8. ①サーモンを食べる量は1日に80gまで
  9. ②刺身・炙り・寿司など生は避けて十分に加熱して食べる
  10. ③塩分の多い調味料・調理方法を避ける
  11. 妊婦・妊娠中にサーモンを食べてしまった・食べ過ぎた場合の対処法は?
  12. 心配な場合は病院に行くのが安心
  13. 妊婦・妊娠中にサーモンを食べるメリットもある?
  14. ①DHA・EPA
  15. ②ビタミンD
  16. ③ビタミンB
  17. ④タンパク質
  18. 妊娠中・妊婦でも安心なサーモンを使ったレシピを紹介!
  19. ①サーモンの味噌クリーム煮
  20. ②サーモンソテーのレモンタルタルソースがけ
  21. ③揚げないサーモンフライ
  22. 妊娠中・妊婦がサーモン以外にも妊娠中に気を付ける食べ物は?
  23. 妊婦や妊娠中のサーモンは食べ方に気をつけよう
妊婦はあん肝食べるのNG?ビタミンA・水銀の懸念あり?安全な食べ方も紹介!

妊婦や妊娠中のサーモンは食べ方に気をつけよう

妊娠中は食べ物に対して神経質になりやすく、赤ちゃんへの心配も尽きないことも多くなります。サーモンは加熱することで問題なく食べられるので、ストレスなく食事ができるようにポイントを抑えておくようにしてください。

妊娠中、育児中のご自身の食事や赤ちゃんの食事に関する情報提供 |厚生労働省

関連する記事

×