蜂蜜梅干しの効能は?ダイエット効果あり?食べ方のおすすめも紹介!

蜂蜜梅干しの効果・効能を知っていますか?ダイエット効果はあるのでしょうか?今回は、蜂蜜梅干しの<老化防止・疲労回復>などの効果・効能や、より効果的な食べ方を紹介します。蜂蜜梅干しは1日何個までか、食べ過ぎるデメリットも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 蜂蜜梅干しとは?
  2. 蜂蜜梅干しの栄養価・効能は?ダイエット効果ある?
  3. ①老化防止
  4. ②疲労回復
  5. ③整腸効果・便秘解消
  6. ④カルシウムの吸収をサポートする
  7. ⑤抗菌効果
  8. ⑥血液がサラサラになる
  9. 蜂蜜梅干しのより効果的な食べ方は?1日何個まで?
  10. ①夜寝る前に食べる
  11. ②ヨーグルトと食べる
  12. ③加熱して食べる
  13. ④1日1個を目安に食べ過ぎない
  14. 蜂蜜梅干しには様々な効果がある

蜂蜜梅干しとは?

梅干しの酸っぱい味わいに、蜂蜜の甘みを加えた蜂蜜梅干しは、一般的な梅干しよりも食べやすいと人気があります。梅干を蜂蜜に漬け込んで作られた梅干しで、まろやかさや甘みが加わり、フルーティーな味わいも楽しめます。さらに、美味しいだけでなく、蜂蜜梅干しには体に良い効能もあるので紹介します。

蜂蜜梅干しの栄養価・効能は?ダイエット効果ある?

蜂蜜梅干しには、様々な栄養成分が含まれていて、健康に良い効果が得られます。ここでは、蜂蜜梅干しによって得られる健康に良い効果について、より詳しく紹介します。

①老化防止

蜂蜜梅干しには、抗酸化が強い梅リグナンが含まれているため、老化防止やアンチエイジングに効果的です。蜂蜜梅干しを作る際に塩抜きをすると、塩が抜けた隙間を埋めるための梅リグナンが作られます。その体内で発生した活性酸素は細胞を傷つけ、がんや生活習慣病の原因にもなる物質です。

しかし、抗酸化力の強い栄養成分を取ると、活性酸素を分解する酵素の働きを助けサポートしてくれるので、老化防止に役立ちます。

②疲労回復

蜂蜜には、体内で吸収され素早くエネルギーに変わる単糖類が豊富に含まれているので、疲労回復効果も得られます。エネルギーを消費すると疲労感を覚えますが、単糖類によってすぐにエネルギーを補給できれば疲労感も軽減できます。また、梅干しに含まれるクエン酸は、疲労物質である乳酸の発生を抑制効果があり、疲れにくくさせるのに効果的です。

③整腸効果・便秘解消

蜂蜜梅干しに含まれているクエン酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を改善する働きがあります。また、胃酸の分泌を促進させるのにも効果的で、消化器官の動きも活発にします。はちみつに含まれているグルコン酸は善玉菌を増やす働きがあり、蜂蜜梅干しを食べることで整腸効果や便秘改善などの効果が期待できる成分です。

便秘が改善されれば体内の不要な老廃物が排出されるので、体全体の代謝が良くなり痩せやすい体になります。他にも、蜂蜜梅干しに含まれるバニリンという成分には脂肪燃焼効果があるので、ダイエットを考えている人にもおすすめです。

④カルシウムの吸収をサポートする

蜂蜜梅干しに含まれているクエン酸やマグネシウムには、カルシウムが体内に吸収されるのをサポートする働きがあります。カルシウムは骨や歯の形成に役立つだけでなく、正常な神経の活動を支えるなど、多くの役割を持っています。そのままでは体に吸収されにくい栄養成分ですが、クエン酸やマグネシウムがあればスムーズに吸収され、健康に生かされます。

⑤抗菌効果

梅干は梅雨の時期にお弁当に入れるなど、抗菌効果が広く知られていて、蜂蜜梅干しも同じように抗菌作用が期待できます。蜂蜜梅干しに含まれているクエン酸は、食べ物の雑菌の増殖を抑えるのに効果的で、蜂蜜梅干しを加えたおかずは腐りにくくなります。食中毒の予防にも役立つので、梅雨や夏の暑い季節のお弁当に加えるのもおすすめです。

⑥血液がサラサラになる

梅干を加熱すると、血液が固まるのを防ぐムメフラールという物質が生まれるので、血液をサラサラにするのにも効果的です。動脈硬化や脳梗塞などの病気の予防や、高血圧の予防にも役立つほか、冷え性の改善にもおすすめです。さらに、梅干しに含まれるクエン酸が乳酸の発生を抑えることも、血液がサラサラになるのをサポートします。

乳酸がたまると血行不良を起こし筋肉痛などにつながりますが、クエン酸によって乳酸の発生が抑制されることで血行不良を予防できます。

蜂蜜梅干しのより効果的な食べ方は?1日何個まで?

関連する記事

×