蜂蜜梅干しの効能は?ダイエット効果あり?食べ方のおすすめも紹介!

蜂蜜梅干しの効果・効能を知っていますか?ダイエット効果はあるのでしょうか?今回は、蜂蜜梅干しの<老化防止・疲労回復>などの効果・効能や、より効果的な食べ方を紹介します。蜂蜜梅干しは1日何個までか、食べ過ぎるデメリットも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 蜂蜜梅干しとは?
  2. 蜂蜜梅干しの栄養価・効能は?ダイエット効果ある?
  3. ①老化防止
  4. ②疲労回復
  5. ③整腸効果・便秘解消
  6. ④カルシウムの吸収をサポートする
  7. ⑤抗菌効果
  8. ⑥血液がサラサラになる
  9. 蜂蜜梅干しのより効果的な食べ方は?1日何個まで?
  10. ①夜寝る前に食べる
  11. ②ヨーグルトと食べる
  12. ③加熱して食べる
  13. ④1日1個を目安に食べ過ぎない
  14. 蜂蜜梅干しには様々な効果がある

蜂蜜梅干しには健康に良い栄養素が多く含まれていますが、それらの働きをより良くするには、どうすればよいでしょうか。ここでは、蜂蜜梅干しの効果的な食べ方について詳しく紹介します。

①夜寝る前に食べる

蜂蜜梅干しは夜寝る前に食べると、カルシウムの吸収率が上がるのでおすすめです。カルシウムの吸収率は、昼間よりも夜8時以降の方が高くなると言われています。そのため、夜8時以降に食べる夕飯時や練る前の夜食代わりに蜂蜜梅を摂取すると、効率が良い食べ方ができます。

②ヨーグルトと食べる

蜂蜜梅干しはヨーグルトと食べるのもおすすめで、蜂蜜梅干しの整腸作用がより高まります。ヨーグルトやはちみつは腸内の善玉菌を増やし、梅に含まれるクエン酸には悪玉菌を抑える働きがあるので、相乗効果で腸内環境の改善に役立ちます。

③加熱して食べる

蜂蜜梅干しに含まれているムメフラールは、加熱することで血液がサラサラになる効果を発揮する栄養素なので、加熱して食べると効果的です。また、蜂蜜梅干しに含まれているバニリンの脂肪燃焼効果も、加熱すると20%アップすると言われているので、蜂蜜梅干しを効果的に食べるなら加熱調理がおすすめです。

④1日1個を目安に食べ過ぎない

100gあたり カロリー 糖質
蜂蜜梅干し 90kcal 18.6g
梅干し(蜂蜜なし) 29kcal 5.3g

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

蜂蜜梅干しは健康に良い効果があり、栄養も豊富ですが1日1個程度にして食べ過ぎないことも大切です。蜂蜜梅干しを食べ過ぎたときのデメリットは、以下の通りです。

・太る
・塩分の摂り過ぎになる

蜂蜜が使われているので、糖分やカロリーが多く、食べ過ぎると太る場合もあります。塩分も多く、食べ過ぎるとかえって肥満や病気につながる恐れもあるので、1日1個程度の量を目安に食べるようにしてください。

蜂蜜梅干しには様々な効果がある

蜂蜜梅干しはまろやかな甘みがある人気の梅干しで、栄養成分も豊富です。梅リグナンなど、普通の梅干しよりも多く含まれる成分もあり、健康やダイエットに役立ちますが、食べ過ぎると太る場合もあるので注意が必要です。蜂蜜梅干しの効果的な食べ方を参考に、蜂蜜梅干しを美味しく取り入れてみてください。

関連する記事

×