韓国のコーン茶が危険とされる理由は?副作用あり?安全な飲み方など紹介!

韓国のコーン茶(とうもろこしのひげ茶)は危険なのでしょうか?安全性や副作用が心配ですよね。今回は、韓国のコーン茶に危険性はあるのかや、<アレルギー・カリウムなどの栄養過多>などの副作用・デメリットを紹介します。韓国のコーン茶の糖質が少ないなどのメリットについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 韓国のコーン茶(とうもろこしのひげ茶)は危険なの?
  2. 韓国のコーン茶が危険と言われる理由は?
  3. ①韓国製品に対する漠然とした不安
  4. ②飲み過ぎなどによる副作用
  5. 韓国のコーン茶の飲み過ぎによる副作用は?1日の摂取量はどのくらい?
  6. ①アレルギーの可能性
  7. ②カリウムによる利尿作用
  8. ③食物繊維過多による腹痛・下痢
  9. 韓国のコーン茶の1日の摂取量の目安
  10. 韓国のコーン茶は危険やデメリットだけはない?
  11. 韓国のコーン茶は糖質が少ない上に効果・効能が豊富
  12. 韓国のコーン茶は飲み過ぎなどに気をつければ危険はない

韓国のコーン茶(とうもろこしのひげ茶)は危険なの?

コーン茶にはとうもろこしの実を乾燥させて作る焼きとうきび茶と、とうもろこしのひげを乾燥させて作るとうもろこしのひげ茶の2種類があります。今回は韓国でよく飲まれているコーン茶(とうもろこしのひげ茶)の安全性について説明します。

韓国のコーン茶が危険と言われる理由は?

出典:https://twitter.com/bcafe_akihabara/status/1497795909064998913

韓国では親しまれているコーン茶ですが、日本では韓国料理店で出てくるイメージが強いです。では、韓国で親しまれているコーン茶がなぜ危険と言われてしまうのでしょうか。

①韓国製品に対する漠然とした不安

一つは韓国製品に対する漠然とした不安を持っている人がいるからです。韓国では2016年に「輸入食品安全管理特別法」が施行されるまで、輸入食品の安全管理に対する制度が不十分でした。そのことから、韓国製品の安全性に疑問を持つ人がいましたが、現在は厳格に決められた基準のもと安全な食品が輸入されています。

輸入食品の安全性を確保すべく、多様な政策手段を体系的に一つに統合し、かつ輸出国現地の安全管理を強化した「輸入食品安全管理特別法」が 2015年2月3日に制定され、2016年2月4日に施行された。

②飲み過ぎなどによる副作用

コーン茶を飲んだ時の副作用については報告されているものがありません。ただし、どんな良い飲み物でも大量に摂取すると副作用がでる危険あります。コーン茶も過剰な摂取は控えて適量を飲むようにしましょう。

韓国のコーン茶の飲み過ぎによる副作用は?1日の摂取量はどのくらい?

出典:https://twitter.com/majiko0718/status/1496088848753115137

韓国製に限らずコーン茶を飲み過ぎてしまうと、どんな副作用が出るのでしょうか。実際にコーン茶は1日にどのくらい飲んでも大丈夫なのか説明していきます。

①アレルギーの可能性

とうもろこしやイネにアレルギーのある人はコーン茶を飲むのは危険なのでやめましょう。とうもろこしのヒスタミンによるアレルギーは皮膚のかゆみやじんましん、腹痛などを起こすことがあります。また重度のアレルギーになるとアナフィラキシーショックを起こす危険があります。

②カリウムによる利尿作用

カリウムが豊富に含まれているコーン茶は利尿作用が高い飲み物です。むくみが気になる人に嬉しい利尿作用ですが、飲みすぎると頻尿になる恐れがあります。夜にコーン茶を飲む場合には、飲み過ぎないように量に注意しましょう。

③食物繊維過多による腹痛・下痢

食物繊維の取り過ぎにより腹痛や下痢を引き起こすことがあります。コーン茶には食物繊維が含まれています。適度な量であれば便通を良くしてくれる食物繊維ですが、摂りす過ぎると水分量が過剰になり下痢を引き起こす危険があるのです。

関連する記事

×