夜寝る前のナッツはNG?太る?消化時間が長くて睡眠に悪い?

夜寝る前にナッツを食べるのはいけないのでしょうか?消化時間が長い・太るなどのデメリットはあるのでしょうか?今回は、寝る前に夜食としてナッツを食べた時のデメリットや、ダイエットに効果的な食べ方・タイミングを紹介します。ナッツ以外で夜寝る前に食べると良いもの・いけないものも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 寝る前の夜食にナッツを食べるのはNG?太る?
  2. 寝る前にナッツ類がダメな理由は?太る?
  3. ①消化時間が長いため寝る直前に食べると睡眠の質が落ちる
  4. ②食べ過ぎると太る原因になる
  5. ナッツを夜食べた時の効果・メリットは何もないの?
  6. ナッツを食べる時間に注意すれば健康効果もある
  7. ナッツの食べるタイミングはいつがベスト?効果的な食べ方は?
  8. ①夜食べる場合は寝る2〜3時間前までにする
  9. ②空腹時や食事の30分〜1時間前に食べるのがおすすめ
  10. ③よく噛んでゆっくり食べる
  11. ④素焼きなど味付けされてないものを食べる
  12. 寝る前に食べると良い・いけないものも知っておこう
  13. ナッツを寝る直前に食べるのは避けよう

ナッツの食べるタイミングに気をつけるだけで、ダイエットや睡眠の質向上などの嬉しい健康効果が得られます。ここでは、ナッツの食べるタイミングのおすすめや食べ方を紹介するので参考にしてみて下さい。

①夜食べる場合は寝る2〜3時間前までにする

アーモンドやピスタチオは消化に2〜3時間程度かかり、寝る前に食べると睡眠の質の低下や太る原因になるので注意が必要です。夜食としてナッツを食べる場合には、寝る2〜3時間前までにすると消化が行われ、睡眠に影響することは少ないでしょう。

②空腹時や食事の30分〜1時間前に食べるのがおすすめ

ナッツを空腹時に食べるとお菓子などの間食が減り、ダイエットに効果があるのでおすすめです。おやつの代わりに食べることでナッツのビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を摂取でき、美容や健康にも嬉しい効果が得られるでしょう。また、ナッツを食事の30分〜1時間前に食べると血糖値の急上昇を防ぐことができるのでおすすめです。

ナッツに含まれる食物繊維によって血糖値がコントロールされ、食後の空腹感が軽減されやすくなります。他にも食前にナッツを適量食べておくことで、食事量が自然と減り、ダイエットに効果的です。

③よく噛んでゆっくり食べる

ナッツは歯応えがある食品なので、よく噛んでゆっくり食べると満腹中枢が刺激され、満足感を得られやすくなります。しかし、ナッツは良質とは言え脂質が多く含まれているので食べ過ぎると太りやすく、健康を害する危険性があります。

消化が緩やかな食材で腹持ちも良く、食べ方に注意すればダイエット向きなので、ポイントを押さえて食生活に取り入れてみましょう。

④素焼きなど味付けされてないものを食べる

出典:https://item.rakuten.co.jp/calinuts/n-1g-010/

味付けされている有塩タイプのナッツは、むくみの原因になるので寝る前には避けると良いでしょう。素焼きタイプのナッツはナッツ本来の味が楽しめ、栄養素をそのまま摂取できるのでダイエット中や健康を意識したい人におすすめです。

[送料無料]3種 ミックスナッツ 無添加 850g 産地直輸入 くるみ アーモンド カシューナッ 無塩 香料・保存料不使用 防災食品 非常食 保存食 備蓄食 常備食

寝る前に食べると良い・いけないものも知っておこう

寝る前に最適な食べ物や、向いていない食べ物を知っておくと健康な身体作りのために良いでしょう。

【寝る前に食べてはいけない食べ物】
・揚げ物
・ハンバーグ
・コーヒー

【寝る前に食べると良い食べ物】
・お粥
・豆腐
・味噌汁

寝る前に脂質の多い揚げ物やハンバーグなどの食品を食べると消化不良を引き起こしやすい上、太りやすくなるので注意が必要です。またコーヒーなどのカフェインを含む飲み物は、睡眠の質を低下させたり、寝つきが悪くなるので避けるようにしましょう。寝る前におすすめの食品は、お粥や豆腐、味噌汁などの消化に良い食べ物です。

他にもノンカフェインの温かい飲み物や食べ物もよく、寝つきが向上したり、快眠効果が得られるので試してみて下さい。

ナッツを寝る直前に食べるのは避けよう

ナッツは、不飽和脂肪酸やビタミンなど健康やダイエットに効果的な栄養素が含まれている食品です。しかし、寝る前に食べることで睡眠の質を低下させたり、消化不良を引き起こして太る原因になります。ナッツを寝る直前に食べるのは避け、日中の効果的な時間に食べるようにしましょう。

関連する記事

×