バームクーヘンのカロリー・糖質を店別に比較!太りにくい食べ方なども紹介!

【管理栄養士監修】バームクーヘンのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、バームクーヘン(1個・ホール)のカロリー・糖質量を他のスイーツ類と比較しながら紹介します。バームクーヘンのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. バームクーヘンのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. バームクーヘン(ホール・1切れ)のカロリー・糖質や栄養価
  3. バームクーヘンのカロリー・糖質量を他のスイーツと比較
  4. バームクーヘンのカロリー消費に必要な運動量
  5. ショートケーキ【店・商品別】のカロリー・糖質は?
  6. バームクーヘン【コンビニ別】のカロリー
  7. バームクーヘン【市販の商品別】のカロリー
  8. バームクーヘンの太りにくい食べ方は?
  9. ①夜に食べない
  10. ②間食に1カットだけ食べる
  11. ③ランチ後のデザートとして食べる
  12. ④温かい飲み物と一緒に食べる
  13. バームクーヘンを自宅でカロリーオフして作るには?
  14. ①小麦粉をおからパウダーに代替する
  15. バームクーヘンのカロリーに注意して食べよう

バームクーヘンのカロリー・糖質は高い?太る?

焼き菓子の中でも人気の高いバームクーヘンは、どのくらいの糖質やカロリーなのでしょうか。大きさやコンビニ、店別でカロリー・糖質量を比較してみます。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量はカロリーSlismを参照しています

バームクーヘン(ホール・1切れ)のカロリー・糖質や栄養価

カロリー 糖質 脂質 1日のカロリー摂取量に占める割合
バームクーヘン(100g) 361kcal 29.0g 24.6g 14%
バームクーヘン
(1ロール)
888kcal 71.3g 60.6g 40%
バームクーヘン
(1切れ:1/8ホール)
111kcal 8.9g 7.6g 5%

1ロールは246g、1切れは30gとして計算しています。バームクーヘン1ホールのカロリーは、1日の摂取カロリーの4割に相当します。1/8ホールでも100kcalを超えていて、あまり低カロリーな食品とは言えません。バームクーヘンは砂糖や小麦粉、卵などを使用するため糖質や脂質も高く、ダイエットにはあまり向かないようです。

竹本友里恵

管理栄養士

バームクーヘンの発祥の地はドイツで、”バーム”は”木”で”クーヘン”は”ケーキ"という意味です。バームクーヘンの断面は木の年輪の模様のように何層にも重なっており、これが木のケーキに見える事から名付けられました。樹木の年齢は長い年月を経て作られ、長寿や力強さ(繁栄)などの象徴的な意味を持ちます。また、日本では年齢には幸せを重ねるという意味があり、幸福の象徴やめでたいお菓子として広く認知されています。バームクーヘンの発祥はドイツですが、世界でバームクーヘンの消費が最も盛んな国は、実は日本です。バームクーヘンは昔から、日本人に深く愛されているお菓子です。

バームクーヘンのカロリー・糖質量を他のスイーツと比較

カロリー 糖質
フィナンシェ 376kcal 38.08g
バームクーヘン 361kcal 28.97g
ショートケーキ 308kcal 24.06g
シュークリーム 197kcal 23.22g
(100gあたり)

他のスイーツと比較をすると、バームクーヘンは少し高めのカロリーである様です。フィナンシェよりは若干カロリーが低いですが、糖質量は他のスイーツ同様に高めなので糖質制限中でも注意が必要でしょう。ダイエット中に食べるなら、あらかじめ食べる量を決めておくのがおすすめです。

竹本友里恵

管理栄養士

同じお菓子でも”バウムクーヘン”と”バームクーヘン”の二種類で表記されており、厳密にこれらは違う商品です。バウムクーヘンは国立ドイツ菓子協会の規定の材料・製法で作られてもので、職人が1本1本手作りしています。対してバームクーヘンは、大量生産ができるように日本独自で発展したもので、材料や作り方は自由だそうです。バウムクーヘンを作る場合は材料に多くの規定があり、配合を卵2:小麦粉1:砂糖1:バター1にし、ベーキングパウダーや添加物の使用が不可となっています。本場ドイツのバウムクーヘンはずっしりと重たい仕上がりで、日本のバウムクーヘンはふわふわして甘めの味付けです。

バームクーヘンのカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 42分
ジョギング 25分
自転車 16分
ストレッチ 50分
階段登り 14分
掃除機かけ 36分
(バームクーヘン1/8 30gあたり)

バームクーヘン1カット30gあたりのカロリー消費に必要な運動量は15~50分ほどです。自転車や階段上りのような運動なら約15分で消費できるので、日常生活で積極的に体を動かすことを意識すれば消費は難しくないでしょう。

ショートケーキ【店・商品別】のカロリー・糖質は?

バームクーヘンのカロリーと糖質を、コンビニ別で比較します。

バームクーヘン【コンビニ別】のカロリー

商品名(店名) カロリー
チョコがけバームクーヘン(セブンイレブン) 388kcal
しっとりバウムクーヘン(ミニストップ) 345kcal
発酵バターを使ったふんわりバウムクーヘン(ローソン) 259kcal
発酵バターを使ったこだわりのバウムクーヘン(ファミリーマート) 253kcal

最も高カロリーな商品は、バームクーヘンの表面にチョコレートがコーティングされたセブンイレブンの商品です。その他の商品は材料や見た目にあまり大きな違いはありませんが、サイズによってカロリーに差が出るので注意しましょう。

関連する記事

×