麦焼酎のカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット中の飲み方を紹介!

麦焼酎のカロリー・糖質は高くて太るのでしょうか?今回は、麦焼酎のカロリー・糖質を〈水割り〉など麦焼酎の飲み方や〈いいちこ・二階堂・かのか〉など銘柄別に比較しながら紹介します。麦焼酎1杯のカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい飲みも紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 麦焼酎のカロリー・糖質は高い?太る?
  2. 麦焼酎のカロリー・糖質を飲み方別に比較
  3. 麦焼酎のカロリー・糖質を他の種類の焼酎と比較
  4. 麦焼酎のカロリー・糖質を他のお酒と比較
  5. 麦焼酎(1杯:100ml)のカロリー消費に必要な運動量
  6. 麦焼酎のカロリー・糖質は銘柄によって異なる?
  7. 麦焼酎のカロリー・糖質に銘柄別の違いはほぼない
  8. 麦焼酎の太らないダイエット向きな飲み方は?
  9. ①高カロリーなおつまみを避ける
  10. ②水割りなど割って水でカサ増ししてから飲む
  11. ③チェーサーと一緒に飲む
  12. ④飲み過ぎない
  13. 麦焼酎のカロリー・糖質には気をつけよう

麦焼酎のカロリー・糖質は高い?太る?

麦焼酎は、クセのない味わいとすっきりとした飲み口で幅広い年代に人気ですが、ダイエット中に飲む際など太るのかどうか気になります。そこでここでは、麦焼酎は太る飲み物か、カロリー・糖質成分を様々な視点から比較します。

麦焼酎のカロリー・糖質を飲み方別に比較

100mlあたり カロリー 糖質
麦焼酎(ストレート) 144kcal 0g
麦焼酎(水割り) 86.4kcal 0g

※水割りの比率は最もおいしいとされる焼酎6:水4
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

お酒はアルコール度数が高いほど、含むカロリーも高くなります。麦焼酎は、25~30度とアルコール度数が高いため、カロリーも高いです。ただし、そのまま飲むストレートに比べ、カロリーの無い水で割った水割りやソーダ割りにするとカロリーも低くなります。一方で、麦焼酎は糖質がゼロで、痛風の主な原因のひとつであるプリン体も含まれていません。

麦焼酎のカロリー・糖質を他の種類の焼酎と比較

100mlあたり カロリー 糖質
麦焼酎 144kcal 0g
芋焼酎 144kcal 0g
米焼酎 144kcal 0g
栗焼酎 144kcal 0g
蕎麦焼酎 144kcal 0g
甲類焼酎 203kcal 0g

蒸留酒である焼酎は、製造方法によって乙類・甲類と分類されます。乙類は、単式蒸留という昔ながらの方法で作られる焼酎で、麦焼酎をはじめ芋焼酎・米焼酎・栗焼酎・蕎麦焼酎など様々な種類があります。甲類は連続式蒸留という方法で作られており、乙類が原料の風味豊かな味わいを持つのに対し、甲類は純粋でクセや風味のない味わいです。

麦焼酎をはじめ、乙類の焼酎は、泡盛をのぞいて原料が違ってもカロリーは同じです。甲類の焼酎は乙類の焼酎に比べてカロリーが高く、さらに甘口のチューハイやカクテルとして飲まれることが多いので、太りやすく注意が必要です。製造方法によってカロリーに差はありますが、蒸留酒である焼酎は乙類・甲類とも糖質を含まないのが特徴です。

麦焼酎のカロリー・糖質を他のお酒と比較

1杯あたり カロリー 糖質
麦焼酎(100ml) 144kcal 0g
ビール(100ml) 39kcal 3.1g
日本酒(100ml) 102kcal 3.6g
赤ワイン(100ml) 68kcal 1.5g
ウイスキー(100ml) 234kcal 0g

同量を飲む場合、最もカロリーが高いのはアルコール度数の高いウイスキーで、麦焼酎はその次に高カロリーなお酒です。しかし、カロリーは高くても、蒸留酒である麦焼酎とウイスキーは糖質を含みません。最も糖質が高いのは日本酒で、次いでビールが高くなっています。いずれも、お酒の種類や飲み方によってカロリー・糖質は変わるため、注意しましょう。

麦焼酎(1杯:100ml)のカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 54分
ジョギング 33分
自転車 21分
ストレッチ 65分
階段登り 18分
掃除機かけ 47分

厚生労働省が推進する健康日本21によると、節度ある適度な飲酒量として麦焼酎の適量は100mlとされています。麦焼酎100ml当たりのカロリーは144kcalで、ごはん茶碗一杯程度のカロリーがあるため、表のような運動量が必要になります。たくさん飲めばそれだけ消費するのに必要な運動量は増え、痩せにくくなるので、飲み過ぎには注意しましょう。

麦焼酎のカロリー・糖質は銘柄によって異なる?

麦焼酎とひとくくりに言っても、スーパーや酒屋には様々な銘柄が並んでいますが、ダイエットをしたい場合はなるべくカロリーや糖質の低いものを選びたいものです。そこでここでは、麦焼酎の代表的な銘柄3種を比較し、カロリー・糖質が異なるのかを探ります。

麦焼酎のカロリー・糖質に銘柄別の違いはほぼない

100mlあたり カロリー 糖質
いいちこ【20度】 114kcal 0g
二階堂 114kcal 0g
宝焼酎 139kcal 0g
かのか 146kcal 0g
百年の孤独 225kcal 0g

麦焼酎の糖質は、銘柄にかかわらずいずれもゼロです。一方カロリーは、銘柄ではなくアルコールの度数によって変わります。表の銘柄の二階堂はアルコール度数が20度・宝焼酎とかのかは25度・百年の孤独は40度で、度数が同じならば銘柄によるカロリーの差はほとんどありません。ダイエット中はなるべく度数の低いものを選ぶとよいでしょう。

麦焼酎の太らないダイエット向きな飲み方は?

麦焼酎は糖質を含まないため、糖質制限ダイエットに向いていますが、カロリーが高いのが気になります。そこでここでは、麦焼酎を飲みながら痩せる、ダイエット向きの飲み方について説明します。

①高カロリーなおつまみを避ける

麦焼酎はどんなおつまみにも合いやすいですが、痩せるためには以下のような低糖質かつカロリーが低めのおつまみを合わせるとよいでしょう。

・冷奴
・枝豆
・焼き鳥


冷奴など豆腐料理は、カロリー・糖質が少ないうえ、ダイエット中に積極的に摂りたいタンパク質が豊富です。枝豆は、食物繊維とタンパク質を豊富に含み、ビタミンやミネラルも摂取することができます。焼き鳥も、食べ応えがありタンパク質豊富で低糖質なダイエット向きのおつまみですが、カロリーや糖質を抑えるためタレより塩を選ぶようにしましょう。

②水割りなど割って水でカサ増ししてから飲む

ストレートで飲むとカロリーの高い麦焼酎も、水割りなど割って飲めば、同量飲んだ際にカロリーが大きく抑えられます。ただし、甘いジュースなどで割ると、カロリーや糖質が高くなる可能性があります。痩せたい場合は、カロリーや糖質の無い水やお湯・無糖の炭酸やお茶などで割るようにしましょう。

③チェーサーと一緒に飲む

チェーサーとは、一般的には強いお酒を飲む際の箸休め的なものですが、痩せたい場合は麦焼酎とチェーサーを一緒に飲むようにしましょう。アルコールを摂取し過ぎると、アルコールの分解が優先されて脂肪が合成されてやすくなりますが、チェーサーを意識的に飲むことでアルコールの過剰摂取を防ぐことができます。

④飲み過ぎない

麦焼酎は、度数が高く酔いが回りやすいお酒であり、酔うと気が大きくなりつい飲み過ぎたりおつまみを食べすぎたりしてしまいます。また、せっかく麦焼酎を水で割ってカロリーを抑えても、飲み過ぎればカロリーは高くなります。痩せるためには、何よりも飲み過ぎないことを心掛けましょう。

麦焼酎のカロリー・糖質には気をつけよう

麦焼酎は、アルコール度数が高いためカロリーも高いですが、糖質を含まないためダイエットに向いているお酒と言えます。ダイエット中のお酒は避けるのが無難ですが、息抜きや付き合いなどで飲みたいときもあります。そんな時は、度数の低い麦焼酎を選び、水割りにするなど飲み方に気をつけ、飲み過ぎないようにして適度に息抜きを楽しんでください。

関連する記事

×