韓国焼酎「チャミスル」の原材料・成分や製法とは?日本の蒸留酒と違いは?

チャミスルの原料を知っていますか?日本の蒸留酒との違いが気になりますね。今回は、韓国焼酎「チャミスル」の原料や日本の蒸留酒との違いを、〈竹〉など製造方法の特徴とともに紹介します。〈度数・糖質・カロリー・成分〉などチャミスルの基本情報も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 韓国焼酎「チャミスル」の原料・成分は?竹が入ってる?日本の蒸留酒との違いは?
  2. チャミスルのベースの原料は米と麦
  3. チャミスルの原料に竹は入っていない
  4. 日本の蒸留酒との違い
  5. チャミスルの製造方法は?日本の焼酎との違いは?
  6. チャミスルの製造方法
  7. チャミスルの原料以外の基本情報も知っておこう
  8. ①チャミスルの種類
  9. ②チャミスルのアルコール度数
  10. ③チャミスルの糖質・カロリー
  11. チャミスルの原料・製法を知っておこう

韓国焼酎「チャミスル」の原料・成分は?竹が入ってる?日本の蒸留酒との違いは?

出典:https://twitter.com/noision_chan/status/1539579410403442688/photo/1

緑の瓶が特徴的な韓国焼酎チャミスルは韓国ドラマでも度々登場し、日本でも人気に火がついたお酒ですが、韓国焼酎チャミスルは何の原料からできているのでしょうか。日本の蒸留酒との違いや、原料・成分についても紹介します。

チャミスルのベースの原料は米と麦

チャミスルは韓国を代表するお酒のひとつで、日本でも人気があり様々な場所で販売されています。日本の焼酎で代表的な原料といえば芋や米、麦ですが、チャミスルの原料は米と麦を主に、さつまいもやタピオカ、とうもろこしなど複数の原料を混ぜて作られているのが特徴です。

チャミスル以外でも韓国で造られている焼酎は、原料を数種類混ぜて造られているものが多いのです。

チャミスルの原料に竹は入っていない

チャミスルは竹焼酎と呼ばれていますが、原料に竹を使っているわけではありません。竹炭を使って濾過をする方法が使われていて、何度も竹炭濾過することで、不純物が取り除かれまろやかで飲みやすいお酒になります。しかし実際に竹を粉状にしたパウダーを原料として焼酎に混ぜ込むことで、竹本来の独特の風味を生かした焼酎も出てきました。

竹の中に焼酎を入れて熟成させる手法や、さらに竹そのものを原料として造られらた焼酎もあり、竹焼酎は時代によって進化を遂げています。

日本の蒸留酒との違い

日本の蒸留酒とは穀物などの原料を発酵させ、蒸留した飲み物のことで焼酎やウイスキーのこと指しています。蒸留酒と韓国焼酎チャミスルでは、原料に大きな違いあるのが特徴です。日本の焼酎はひとつの穀物を原料としていますが、チャミスルは複数の原料を混合して造られます。

原料の違いはあるものの、チャミスルは日本の焼酎甲類の製造方法と同じため似ているところもあります。

チャミスルの製造方法は?日本の焼酎との違いは?

出典:https://twitter.com/homunculus_bsc/status/1537042807956721664/photo/1

チャミスルは日本の焼酎と原料は異なりますが、日本の焼酎甲類と呼ばれる焼酎と同じ製造方法で造られていて韓国では主流の方法です。チャミスルの詳しい製造方法の手順や、日本の焼酎とチャミスルの違いを紹介します。

チャミスルの製造方法

チャミスルは日本の蒸留酒と同じ精製方法で作られています。

【製造方法】
1、原料である米や麦などの穀物由来の糖蜜を発酵させる
2、連続蒸留機で蒸留する
3、生成されたアルコールに水を加え、アルコール度数を調整する


チャミスルは、日本の蒸留酒の中でも焼酎甲類と呼ばれる焼酎の製法を使っています。しかし、日本の製法と違いもあり、チャミスルは竹の活性炭を使用し何度も濾過の工程を繰り返すことが特徴です。濾過の工程があることで、雑味がなく口当たりのいい澄み切った味わいのお酒に仕上げています。

チャミスルの原料以外の基本情報も知っておこう

出典:https://twitter.com/t_kimoto/status/1537599863243698176/photo/1

韓国焼酎チャミスルの原料や製造方法について紹介してきました。チャミスルにはフルーツのフレーバーを原料に加えたお酒があります。どのような種類があるのか、アルコール度数、カロリーについて気になる情報も紹介するので、チャミスルの飲むときに参考にしてください。

①チャミスルの種類

チャミスルにはフルーツフレーバーを原料に加えて造られたお酒もあります。チャミスルの10種類の豊富なラインナップを紹介します。

・チャミスルfresh16°
・チャミスルピーチ
・チャミスルマスカット
・チャミスルグレープフルーツ
・チャミスルストロベリー
・チャミスルすもも
・チャミスルオリジナル20.1°
・チャミスル16.9°
・チャミスルトクトクマスカット
・チャミスルトクトクすもも


チャミスルの定番チャミスルfresh16°を中心とし、果汁の甘みが爽やかな飲み心地のフルーツを原料に加えたフレーバータイプなど様々な味わいが楽しめます。

さらに、アルコール度数が20.1%のオリジナル、アルコール度数が5%のトクトクシリーズなど、お酒への感受性に合わせて選ぶこともできます。トクトクは韓国語でシュワシュワという意味で、炭酸の爽やかさが飲みやすいシリーズです。

②チャミスルのアルコール度数

チャミスルのアルコール度数は13〜20.1度と高めのお酒ですが、飲みやすくすっきりとした味わいです。冷やしてストレートで飲む飲み方もありますが、ジュースや紅茶、炭酸で割って飲んでも美味しく飲めます。チャミスルトクトクシリーズのアルコール度数は5%なので、女性やお酒の弱い方でも飲みやすくなっています。

③チャミスルの糖質・カロリー

焼酎などの蒸留酒は、蒸留する時に糖質が取り除かれるので糖質がほぼなくなります。日本の焼酎と同じ製法で造られているチャミスルも糖質がほとんど含まれていません。チャミスルfreshは100mlあたり約136kcalで、1本が約490kcalということになります。

成分の公開がされていないため詳しいことは不明ですが、フレーバータイプは甘みのあるお酒なのでチャミスルfreshよりカロリーが高いと考えられます。

(*チャミスルのカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チャミスルのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット中の飲み方も紹介!

チャミスルの原料・製法を知っておこう

韓国焼酎チャミスルの原料や製造方法、種類について紹介しました。焼酎と聞くとアルコールが強いお酒のイメージがありますが、チャミスルは味の種類も多く、竹炭を使って濾過することですっきりとした味わいを生み出し飲みやすくなっています。美味しい韓国焼酎チャミスルを、ぜひ一度味わってみてください。

関連する記事

×