蒸留酒とは?醸造酒と違いは?種類の一覧や飲んでも太らない秘密を解説!

蒸留酒はどんなお酒か知っていますか?醸造酒と違いあるのでしょうか?今回は、〈ワイン・ウイスキー〉など、蒸留酒の種類一覧や飲み方のおすすめを紹介します。蒸留酒が太らないと言われるのは本当かも紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. 蒸留酒とは?どんなお酒?
  2. 蒸留酒はお酒の3つの作り方のうちの1つ
  3. 蒸留酒と醸造酒の違い
  4. 蒸留酒と混成酒の違い
  5. 蒸留酒の種類の一覧
  6. ①ウイスキー
  7. ②ブランデー
  8. ③焼酎
  9. ④ウォッカ
  10. ⑤テキーラ
  11. ⑥ジン
  12. ⑦ラム酒
  13. 蒸留酒の飲み方は?
  14. ①ストレート・ロック
  15. ②お湯割り・水割り・ソーダ割り
  16. ③ショットガン
  17. 蒸留酒は太らないって本当?
  18. 蒸留酒のカロリー・糖質を見てみると?
  19. 蒸留酒は糖分が含まれないため太りにくいとされる
  20. 蒸留酒を飲んでみよう

蒸留酒とは?どんなお酒?

世界にはさまざまなお酒がありますが、その中で蒸留酒とはどのようなお酒なのでしょうか。蒸留酒という名称を耳にしたことがあっても、詳細を知っている人はあまりいないかもしれません。まずは蒸留酒の作り方や、醸造酒・混合酒との違いについて解説します。

蒸留酒はお酒の3つの作り方のうちの1つ

蒸留酒はお酒の3つの作り方のうちの1つである、醸造酒を蒸留させる作り方で作られます。醸造酒は、専用の蒸留器で加熱すると、沸点の低いエタノールが水よりも先に気化します。この気化した蒸気を集めて冷却し液体に戻したものが、エタノールが濃縮されたアルコール度数の高い「蒸留酒」です。

蒸留酒は、蒸留直後は香りが強すぎて飲用できないことが多いので、一定期間貯蔵して熟成させるのが一般的です。木製の樽を使用して熟成することでお酒に木の香りや色が移りさらに美味しくなるものもあります。

蒸留酒と醸造酒の違い

醸造酒は、ぶどうなどの果実や穀物をそのまま使用するか、または糖化させたあとに酵母菌の働きによってアルコール発酵させたお酒のことです。蒸留酒と醸造酒の違いはアルコール度数で、前述の通り蒸留酒は蒸留することによって最大96度まで高くなりますが、醸造酒は5~15度程度までとなります。

醸造酒の代表的なものは大麦が原料のビール、果物が原料のワイン、米が原料の日本酒やマッコリ、もち米が原料の紹興酒などです。醸造酒の中でも糖化させたものは糖分が多くなるため甘みが強いですが、蒸留することでアルコール成分だけを取り出した蒸留酒は糖分を含まず甘みがありません。

蒸留酒と混成酒の違い

混成酒は再製酒とも呼ばれ、蒸留酒や醸造酒に香料や果実、ハーブや薬草、甘味料を添加して作ったお酒のことです。代表的なものとして梅酒・リキュール・ベルモット・シェリー酒・薬酒・みりんなどが挙げられます。混成酒のアルコール度数は一般的に梅酒は8~20度、リキュールは15度~55度、みりんは12~15度です。

蒸留酒の種類の一覧

世界各地に、地域に応じたさまざまな種類が存在する蒸留酒ですが、具体的にはどのような種類の蒸留酒があるのでしょうか。次は蒸留酒の種類について紹介します。

①ウイスキー

ウイスキーの定義は原料・製法・熟成期間などさまざま各国で定められています。ウイスキーの一般的な定義は「穀類が原料で、糖化と発酵の後に幾度か蒸溜を行い、樽の中で貯蔵熟成させてできるお酒」です。ウイスキーに使われる穀物は、大麦麦芽(モルト)・大麦や小麦・ライ麦・トウモロコシで、産地によっても製造方法が異なります。

②ブランデー

ウイスキーが穀物を原料にしているのに対し、ブランデーはもともとワインを蒸留したものをブランデーと呼んでいました。現在では果実を原料にしているものをブランデーと呼び、ワイン原料のブドウ以外にも、リンゴ・洋ナシ・杏・プラム・チェリー・すもも・フランボワーズなどのベリー系などさまざまな果実で造られることも多いお酒です。

ブランデーはそのまま飲む以外にも洋菓子の香りづけや、肉のフランベに使うなど用途が広いのが特徴です。

(※ブランデーとウイスキーの違いについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ブランデーとウイスキーの違いは?原料は一緒?カロリー・糖質や値段・味など比較して紹介!

③焼酎

焼酎は低コストでの大量生産ができるため昔から庶民の間で親しまれている蒸留酒です。焼酎はそのまま飲む以外にチューハイなどのベースで使われたりカクテルを作る際に用いられたり、ウォッカなどの代用品として使用されたりすることもあります。

焼酎は原材料が米・麦・芋・黒糖・蕎麦・栗・ジャガイモ・トウモロコシなどさまざまな種類があるお酒です。それぞれ味や香りに個性があり好みも分かれやすいのが焼酎の特徴ともいえます。

④ウォッカ

ウォッカは大麦・小麦・ライ麦などの穀物を原料とした蒸留酒ですが、途中の工程で白樺の炭で濾過するためエタノール成分以外は、ほぼ無味無臭で無色のお酒です。そのためカクテルに使われることが多く、モスコミュールやスクリュードライバーなどさまざまなカクテルのベースになっています。最近は甘みや香りを添加して各社工夫を凝らしているものも多いです。

⑤テキーラ

テキーラはそのまま飲むほかに、マルガリータやテキーラ・サンライズなどのカクテルのベースにも使われています。産地ではそのまま飲むことが多く、ライムを口へ絞りながらテキーラを口に運び、最後に食塩を舐めるのが正統な飲み方です。ただし最近では高級テキーラの香りや味わいを楽しむために、ワイングラスなど口の広いグラスで飲む方法も増えてきています。

⑥ジン

ジンは、大麦・小麦・ライ麦・ジャガイモなどの穀物を原料としている蒸留酒です。もともとオランダでは利尿剤などの薬用酒として造られていたお酒で、嗜好品ではなかったと言われています。ところがイギリスに持ち込まれた際にその清々しい飲み口から、味わいを楽しむお酒として一般的になりました。

さらにその後アメリカに渡った際にカクテルのベースとして使われるようになり、今ではカクテルにはなくてはならないお酒のひとつです。ジンを使った代表的なカクテルはジン・トニック、マティーニ、ギムレットなどがあります。また、ジンはウォッカの次に二日酔いになりにくいお酒だと言われています。

(※ジンとウォッカの違いについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ジンとウォッカの違いは?原料は同じ?味・作り方などの比較や飲み方のおすすめを紹介!

⑦ラム酒

一般的なラム酒は、サトウキビを精製した後の副産物である廃糖蜜をアルコール発酵させて、これを原料として製造しています。ラム酒を熟成するときは木樽に入れて樽香を移しながら熟成されることが多いですが、必ずしも木樽を使うわけではなく、ガラス瓶に詰めた状態でもラム酒の熟成は進みます。

ラム酒はサトウキビ由来のお酒で、カラメルのような甘く香ばしい風味と甘味が特徴の蒸留酒です。ラム酒はカクテルのベースとして使用されますが、洋菓子の風味づけにも用いられています。また、ラム酒はブランデー、赤ワインの次に二日酔いが酷くなりやすいお酒です。

(*ラム酒について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ラム酒とは?美味しい飲み方・割り方は?原料や色・風味別での種類なども紹介!

蒸留酒の飲み方は?

それぞれ特徴をもつ蒸留酒はどういった飲み方があるのでしょうか。次はさまざまある蒸留酒の飲み方について紹介します。

①ストレート・ロック

ストレートはお酒に何も足さず、常温でそのまま飲む楽しみ方で、お酒本来の風味や味わいを楽しめます。熟成期間が長くて高価な蒸留酒はストレートでの飲み方がおすすめです。また蒸留酒はアルコール度数が高いので、一気に飲まずに少しづつゆっくり飲みましょう。

一方でロックはワイングラスのように広口のグラスに、お酒と氷を入れた飲み方です。お酒がすぐに薄まらないように、氷は大きくて不純物が少なく溶けにくいものを選ぶとより美味しく飲むことができます。

②お湯割り・水割り・ソーダ割り

お湯割りはお酒をお湯で割る飲み方で、焼酎を飲むときに多くみられます。お湯割りはでき上がりの温度を人肌より少し熱いぐらいの約40〜45℃にすると、香りが広がり飲み口がまろやかになって甘みや旨味も引き立ちます。また焼酎をはじめとする蒸留酒のお湯割りの方法は、70~85℃まで冷ましたお湯を先に器に入れて、その後にお酒を入れるのが基本です。

水割りはグラスに水と氷、お酒を入れる飲み方ですが、氷は不純物の少ない溶けにくい氷を使うことがおすすめです。ソーダ割りはお酒を炭酸水で割る暑い夏などにおすすめの楽しみ方で、好みでレモンを絞っても美味しいでしょう。

③ショットガン

ショットガンはアルコールが40度程度のテキーラやウォッカ、ラムなどの蒸留酒と炭酸水を1対1で割って飲む方法です。

ショットガンの飲み方はユニークで、まずショットグラスに蒸留酒と炭酸水を入れて手の平でグラスに蓋をします。その後テーブルにグラスの底を叩きつけるとその衝撃でお酒と炭酸が混ざるので、発泡しているのを確認したら手を離して一気に飲み干します。

発泡の勢いが強いときに飲むとお酒が苦手な人も比較的飲みやすいですが、炭酸水で割っているとはいえアルコール度数が高い飲み方なので飲み過ぎないように気をつけてください。二日酔いが怖い場合は、ショットガンは最も二日酔いになりにくいウォッカで作るのがおすすめです。

蒸留酒は太らないって本当?

醸造酒を蒸留して造る蒸留酒は太らないという話を聞いた事がある人は多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。次は蒸留酒のカロリーや糖質、太りにくいと言われる根拠について解説します。

蒸留酒のカロリー・糖質を見てみると?

カロリー 糖質
焼酎 140kcal 0g
ウイスキー 225kcal 0g
ブランデー 225kcal 0g
テキーラ 230kcal 0g
ウォッカ 240kcal 0g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

こちらは100mlあたりのカロリーと糖質になりますが、どのお酒もカロリーはあるものの糖質は全て0gです。前述した通り蒸留酒は醸造酒を蒸留して作りますが、原料の醸造酒にはその種類による含有量の差はあるものの糖質が含まれています。しかし、蒸留酒はそこからアルコール成分だけを蒸発させて抽出するため、糖分は含まれないのが特徴です。

蒸留酒は糖分が含まれないため太りにくいとされる

蒸留酒は前述の通り糖分を含まないので太りにくいお酒だと言われています。ただし、蒸留酒をジュースなどの甘い飲み物で割れば、その分糖質量は増えるので注意しましょう。また、蒸留酒はアルコール度数が高めですが、アルコールは食欲を増進させます。蒸留酒と一緒におつまみを食べ過ぎることも太る原因になるので注意してください。

蒸留酒を飲んでみよう

蒸留酒は、糖質を含まない太りにくいお酒だということが分かりました。ただし、蒸留酒は基本的にアルコール度数が高めなので二日酔いには注意が必要です。特にラム酒のように二日酔いになりやすいとされる蒸留酒の種類もあるので、蒸留酒を楽しむ際は上手に種類も選びましょう。

関連する記事

×