コアントローとはどんなお酒?リキュール?味・飲み方も紹介!

コアントローとはどんなお酒か知っていますか?今回は、コアントローについて〈味・度数〉や〈ホワイトキュラソー・リキュール〉などの特徴を、飲み方や代用できるのかとともに紹介します。コアントローを使ったカクテル・お菓子のレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コアントローとは何?リキュール?味は?
  2. コアントローとはリキュール「ホワイトキュラソー」の一種
  3. コアントローの種類
  4. コアントローの味わい・香り
  5. コアントローのアルコール度数
  6. グラマニエとの違い
  7. コアントローの飲み方・使い方は?お菓子にもおすすめ?
  8. 使い方①食前酒・食後種
  9. 使い方②カクテル
  10. 使い方③お菓子
  11. コアントローを使ったカクテル5選!
  12. ①コアントローノワール ノルマンディ
  13. ②コスモポリタン
  14. ③XYZ
  15. ④コアントローオレンジ
  16. ⑤サイドカー
  17. コアントローを使ったお菓子レシピ3選!
  18. ①コアントロー香るチョコレートケーキ
  19. ②桃とコアントローのティラミス
  20. ③マンゴームース
  21. コアントローの代用品も知っておこう
  22. 代用品①ホワイトキュラソー
  23. 代用品②オレンジリキュール
  24. 代用品③ブランデー
  25. コアントローを使ってみよう

コアントローとは何?リキュール?味は?

コアントローは、お菓子のレシピでもよく見かけるお酒の名前ですが、どんなお酒か知っている人は少ないです。ここでは、コアントローがどんなお酒かにあわせて、おすすめの飲み方やレシピなども紹介します。

コアントローとはリキュール「ホワイトキュラソー」の一種

コアントローは、ホワイトキュラソーの一種で、フランスで生まれた果実系リキュールにあたります。フランス語での表記は「cointreau」で、フランス菓子のレシピでもよく登場します。蒸留酒に色々なボタニカルで香りや味をつけたリキュールの中でも、コアントローを含むホワイトキュラソーはオレンジの皮で風味をつけているお酒です。

コアントローの種類

コアントローには、以下の3種類があり、それぞれに特徴が違います。

・コアントロー
・コアントローノワール
・コアントロー ブラッドオレンジ


コアントローは、一般的なコアントローというときに指す種類で、無色透明でオレンジの香りもすっきりして甘みが抑えられています。上質なオレンジを使用しているため、氷を入れると白く濁るところも特徴です。

コアントローノワールは、名前の通りやや琥珀色のコアントローで、コニャックというブランデーをブレンドして作られたお酒です。ブランデーが加わることで、独特のナッツのような香りやバニラに似た香りがつきます。

最後の、コアントローブラッドオレンジは、甘みの強いブラッドオレンジを使った、飲み心地も軽い種類です。コアントローブラッドオレンジもフルーティーな香りが強く、甘めで口当たりも良いので人気があります。

コアントローの味わい・香り

コアントローはオレンジの香りや味わいをつけたリキュールで、柑橘系のさわやかな風味と、オレンジの甘さやまろやかなアロマが感じられます。レモンやライムとは違う、フレッシュで心地よい香りですが、上品さも感じられて香りを引き立たせる甘味もあります。カクテルなどに加えても、味の広がりが出て、ふくよかなお酒の風味がつけられるお酒です。

コアントローのアルコール度数

一般的なコアントローのアルコール度数は40%で、コアントローノワールも40%です。一般的なウイスキーやリキュールと同じくらいのアルコール度数で、ビールなどよりも高いので飲み方には注意が必要です。コアントローブラッドオレンジは、少し低めの30%で、コアントローの中ではやや飲みやすい種類になります。

グラマニエとの違い

コアントローとよく間違えられるお酒にグランマニエがあげられますが、両者の違いは使うベースのお酒にあります。コアントローは基本的に中性スピリッツにオレンジを使って風味をつけますが、グランマニエはコニャックにオレンジで味をつけています。

そのため、グランマニエの方が香りが複雑で、ブランデー由来の深みや、まろやかな風味を持っているところが特徴です。アルコール度数も同じ40度ですが、コアントローに対してグランマニエの方が価格が高く、高級品として扱われています。値段もコアントローの方が手軽で、コニャックは少し高価な値段が付けられることが多いです。

また、コアントローは色も無色でホワイトキュラソーに含まれますが、グランマニエは琥珀色をしているのでオレンジキュラソーに分類されています。コアントローの方がグランマニエより糖分が高く、グランマニエの方が口に含んだ時に苦味を感じるところも両者の違いのひとつです。

コアントローの飲み方・使い方は?お菓子にもおすすめ?

コアントローはオレンジの風味がついたリキュールで、アルコール度数も高めですが、どんな使い方をすればよいのでしょうか。ここでは、コアントローのおすすめの飲み方や使い方も紹介します。

使い方①食前酒・食後種

コアントローは、以下のような飲み方で手軽に味わいのもおすすめのリキュールです。

・ストレート
・ロック
・水割り
・ソーダ割り


コアントローはストレートでもオレンジのすっきりした甘さが楽しめるお酒なので、カクテルに使わなくてもロックや水割りで飲むと美味しいです。コアントローを氷を入れたグラスで楽しむロックは、グラスに注ぐだけで準備できるので自宅で気軽に楽しめます。アルコールに強い人は、そのままストレートで飲むのもおすすめです。

後味がすっきりする風味の良いリキュールなので、ロックやストレートなどの飲み方は食前酒や食後酒として飲むのに向いています。また、炭酸水で割ったソーダ割りは、のど越しが良くなり、飲みやすいので食中酒に良い飲み方です。使う炭酸水の種類によっても、味わいが加わりますが、甘めのお酒が好きな人はトニックウォーターで割ると飲みやすいです。

使い方②カクテル

コアントローは上品で程よい甘みのあるリキュールなので、カクテルに使うのもおすすめです。コアントローと指定がないレシピでも、ホワイトキュラソーと書かれていれば、コアントローに置き換えられます。特に、一般的なコアントローは色がついていないのでカクテルの色を邪魔せず風味だけが付けられて便利です。

使い方③お菓子

コアントローはお菓子に使うのもおすすめの使い方で、クリームや生地に少し加えるだけでも仕上がりが良くなります。洋酒らしい高級感のある上品さも感じられ、手作りのお菓子を本格的な味に代えてくれる使い方です。マドレーヌやシフォンケーキ、チョコレートケーキに合わせることが多く、特にチョコレートとの相性が抜群です。

コアントローを使ったカクテル5選!

ここでは、コアントローを使ったおすすめのカクテルを紹介します。コアントローを使うカクテルには有名なものの多く、特別な道具がなくても作れるレシピや、身近な材料だけで作れるカクテルもあるので参考にしてください。

①コアントローノワール ノルマンディ

出典:https://cookpad.com/recipe/6624786

【材料】
・コアントロー ノワール:20ml
・アイスコーヒー:70ml
・アップルジュース:30ml
・コーヒーミルク:1個分
・シナモンスティック:1本


コアントローにコニャックなどのブランデーをブレンドして作られたコアントローノワールは、一般的なコアントローよりも深みのある風味でコーヒーと相性抜群です。オレンジの香りもコーヒーによく合い、りんごやシナモンのフルーティーなフレーバーやスパイシーな香りで、より一層複雑で美味しいカクテルです。

コアントローノワール ノルマンディ by レミーコアントロー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

②コスモポリタン

出典:https://cookpad.com/recipe/6360330

【材料】
・ウォッカ:30ml
・コアントロー:10ml
・クランベリージュース:10ml
・ライムジュース:10ml


コスモポリタンも、よく知られる有名なカクテルで、ウォッカをベースにクワンベリージュースを加えるきれいなカクテルです。クランベリーやライムジュースに、まろやかな甘みを持つコアントローが加わり、女性的で優しい風味が楽しめます。

コスモポリタン by ターケンパパ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

③XYZ

出典:https://cookpad.com/recipe/6722856

【材料】
・ホワイトラム:35ml
・コアントロー:13~14ml
・フレッシュレモンジュース:11~12ml


印象的な名前でおなじみのXYZも、コアントローを使ったレシピで作れます。ホワイトラムがベースで、すっきりした酸味のあるレモンジュースも加えます。ラムのさとうきび由来の甘みにコアントローとまろやかな風味が組み合わさると、口当たりも良くなり美味しいです。材料をシェークして作る、ショートカクテルです。

意味深カクテル、XYZ by そしてほ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

④コアントローオレンジ

出典:https://cocktaillog.com/ja/recipes/cointreau_orange

【材料】
・コアントロー:30ml
・オレンジジュース:90ml


シェーカーなどがなくても手軽に作れる、おすすめのカクテルで、コアントローとオレンジジュースを混ぜるだけです。コアントローはオレンジの風味のお酒なので、オレンジジュースと相性抜群です。いつものオレンジジュースに大人っぽい深みのある風味がつきます。

コアントロー・オレンジ | カクテルログ (CocktailLog)

⑤サイドカー

出典:https://cookpad.com/recipe/6719099

【材料】
・ブランデー:45ml
・コアントロー:12~13ml
・グランマルニエ:5ml
・レモンジュース:8ml


サイドカーはブランデーをベースに、ホワイトキュラソーを使うカクテルで、コアントローにしても美味しいです。ブランデーにオレンジの風味をつけたグランマニエも加えると、より豊潤で深いオレンジの風味がつき、贅沢な味わいのカクテルに仕上がります。ブランデーの濃厚な味を、すっきりとバランスよくするコアントローが決め手です。

サイドカー by そしてほ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

コアントローを使ったお菓子レシピ3選!

ここでは、コアントローを使ったおすすめのお菓子のレシピを紹介します。コアントローは香りも豊かで、お菓子に良い風味が付けられるのでよく登場します。いつものお菓子が一層美味しくなるおすすめの使い方なので、参考にしてください。

①コアントロー香るチョコレートケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/2015823

コアントローのオレンジの風味はチョコレートと相性抜群で、チョコレートケーキに加えると、チョコの風味が引き立ちます。生地を混ぜるだけの簡単なレシピで作りやすく、大人っぽいアルコールの香りが味に深みを出し、カカオの香ばしさや苦みもバランスよく美味しくなります。

コアントロー風味のWチョコケーキ by お気楽人生 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

②桃とコアントローのティラミス

出典:https://cookpad.com/recipe/6611250

コアントローをつかったシロップで味付けするフルーティーなてティラミスのレシピです。コーヒーの風味とは違う、さわやかな桃の味わいが楽しめるお菓子です。黄桃とコアントローのオレンジの風味がよく合い、こってりしたチーズクリームにすっきりした上品な風味がつきます。

ネクタリンとコアントローのティラミス by レミーコアントロー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

③マンゴームース

出典:https://cookpad.com/recipe/3925604

マンゴーやヨーグルトー牛乳などを固めて作るムースに、コアントローを加えるレシピです。アルコール独特の高級感のある味わいがつき、マンゴーの甘みもオレンジの風味が引き立たせます。マンゴーの濃厚な甘みも、コアントローの風味で後味がすっきして、バランスが良くなります。

トロピカルマンゴームース by natsu_max2 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが372万品

コアントローの代用品も知っておこう

コアントローはお菓子にもカクテルにも使えるので、用途が多いお酒ですが、代用品はあるのでしょうか。ここでは、コアントローが手に入らない時の代用品を紹介します。

代用品①ホワイトキュラソー

コアントローはホワイトキュラソーの中の銘柄の一つなので、コアントローがない時はホワイトキュラソーで代用できます、同じ中性スピリッツにオレンジの風味をつけたアルコールで、カクテルやお菓子など、どんな使い方にも対応できる代用品です。

代用品②オレンジリキュール

オレンジリキュールとは、オレンジで風味をつけたリキュール全般のことを指す場合が多いので、コアントローやグランマニエなども含まれます。ブランデーにオレンジで味をつけたオレンジキュラソーや、レッドキュラソーなども代用品に使えるので参考にしてください。特にコアントローノワールなど、色も再現したい時におすすめの代用品です。

代用品③ブランデー

ホワイトキュラソーなどのお酒がない時は、ラム酒かブランデーにレモン果汁やオレンジ果汁を加えたものでも代用可能です。コアントローやグランマニエのように漬け込んでいませんが、ブランデーやラム酒の風味に柑橘類の爽やかな香りを足すことで、コアントローに近い味わいが再現できます。

(*コアントローの代用品について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

コアントローの代用品10選!ホワイト・オレンジキュラソーは代わりになる?

コアントローを使ってみよう

コアントローはカクテルやお菓子作りによく利用されるお酒ですが、飲み方は幅広く、色々な楽しみ方ができます。アルコール度数が強いので、アルコールが苦手な人は飲み方に注意も必要です。しかし、コアントローを使ったカクテルやお菓子は上品で深い広がりのある味に仕上がります。紹介した使い方や飲み方を参考に、コアントローを使ってみてください。

関連する記事

×