豆腐の食べ過ぎは危険?病気や生理不順になる?1日の摂取量目安など紹介!

【管理栄養士監修】豆腐を食べ過ぎるとどうなるかと知っていますか?病気になるのは本当でしょうか?今回は、豆腐の食べ過ぎによる〈下痢・太る・生理不順〉 など悪影響の例を原因とともに紹介します。豆腐の食べ過ぎになる量の目安も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. 豆腐の食べ過ぎに注意?
  2. 糖質制限・ダイエットで豆腐を食べ過ぎる傾向にある
  3. 豆腐の食べ過ぎでどうなる?病気になる?
  4. ①下痢・腹痛
  5. ②おならがでやすくなる
  6. ③生理不順になることがある
  7. ④貧血
  8. ⑤腎臓に負担をかける
  9. ⑥太る
  10. 豆腐の食べ過ぎになる量の目安は?
  11. 一丁は食べ過ぎ
  12. 一丁の半分・三分の一が適量
  13. 豆腐を適量食べた場合の効果・効能は?
  14. ①便秘改善・整腸効果
  15. ②更年期障害の改善
  16. 豆腐は適度な量を食べよう

整腸効果や更年期障害の改善など、さまざまな効能や効果を持つ豆腐ですが、食べ過ぎは健康を害する恐れがあります。1日の適切な量を守って食べるようにしましょう。

関連する記事

×