人参の食べ過ぎは危険?最悪死亡する?1日何本かや妊娠中に注意すべき理由など紹介!

【管理栄養士監修】人参を食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は、人参の食べ過ぎによる〈消化不良・柑皮症・太る〉など悪影響の例を原因とともに紹介します。人参の食べ過ぎになる量の目安や、妊娠中の方が特に注意すべき理由も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 熊橋麻実
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・...
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・記事執筆などの活動をしながら、現役で園児の給食管理を行っています。これまでの経験を活かし、栄養学の知識をわかりやすくお伝えできればと思います。

目次

  1. 人参の食べ過ぎに注意?
  2. 人参を適量食べた時の効果・効能
  3. 人参を食べ過ぎるとどうなる?最悪死亡する?
  4. ①消化不良
  5. ②柑皮症
  6. ③ビタミンAの過剰摂取【妊娠中は要注意】
  7. ④太ることはない
  8. 人参の食べ過ぎにならない量の目安は?
  9. 1日につき人参1本がちょうど良い?
  10. 人参の食べ過ぎによる症状の対処法・予防策は?
  11. ①カロチノイド色素を含む食材を食べる
  12. ②茹でて食べる
  13. 人参の食べ過ぎ以外の懸念点は?
  14. ビタミンCを破壊するといわれている
  15. 人参は適度な量を食べよう

人参は栄養豊富な野菜ですが、は食べ過ぎてると健康に悪影響を及ぼします。1日の適度な摂取量を適切な調理法で食べるように心掛けましょう。

関連する記事

×