ヤクルトを飲み過ぎると死亡する?致死量は?下痢・腹痛などデメリットを紹介!

ヤクルトを飲み過ぎると死亡するという噂は本当でしょうか?致死量はあるのでしょうか?今回は、ヤクルトの飲み過ぎによる〈下痢・腹痛・病気・吐く〉 など悪影響の例を原因とともに紹介します。ヤクルトの飲み過ぎにならない1日の量や、適量飲んだ場合の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ヤクルトの飲み過ぎると死亡するって本当?致死量は?
  2. ヤクルトの飲み過ぎで死亡する可能性は低い
  3. ただし15~20本以上の大量に一気飲みは血糖障害の危険性がある
  4. ヤクルトを飲み過ぎたらどうなる?体に悪い?吐く?
  5. ①太る
  6. ②下痢・腹痛
  7. ③糖尿病など病気の恐れも
  8. ④虫歯になる恐れ
  9. ヤクルトの飲み過ぎにならない適量は?1日何本?
  10. ヤクルトは1日1本を継続的に飲むのが効果的
  11. ヤクルトは適量であればメリットも?期待できる効果は?
  12. ヤクルトは適度な量を飲んでみよう

ヤクルトの飲み過ぎると死亡するって本当?致死量は?

ヤクルトは日本のみならず、世界中で飲まれている乳酸菌飲料です。味が美味しく、1日に何本も飲む人もいるようですが、飲みすぎると死亡するとの噂もあるようです。ここではヤクルトを飲みすぎることで、死ぬことはあるのかを説明します。

ヤクルトの飲み過ぎで死亡する可能性は低い

ヤクルトを飲み過ぎることで死亡する可能性は低く、非常識とも言える量を飲まなければ問題はないでしょう。ヤクルトを飲み過ぎると体への悪影響があることから、死亡するといった説が浮上したと考えられます。

ただし15~20本以上の大量に一気飲みは血糖障害の危険性がある

ヤクルトを15本~20本以上一度に飲むことで、血糖障害の危険性があります。血糖障害とは血糖値が高すぎる状態が続き、しびれを感じたり感覚がマヒしたりすることで、実際に30本を一気に飲んだ人が動悸やめまいを起こしています。ヤクルトは小さな容器に入っていますが1本あたりの甘味が強いため、一度に大量に飲めば血糖値は高くなるでしょう。

ヤクルトを飲み過ぎたらどうなる?体に悪い?吐く?

ヤクルトを飲みすぎることで死亡すると言った噂は嘘のようですが、それでも飲みすぎることで健康への悪影響はあるようです。ヤクルトを飲みすぎることによる健康への影響は、どのようなものなのかについて説明します。

①太る

ヤクルトを飲み過ぎることで肥満の原因になるため、一日に大量に飲むのは避けた方が良いでしょう。ヤクルトは65mlの容器に入っているのが特徴ですが、1本のカロリーは50キロカロリー、炭水化物量は11.4gと小さい割にカロリーや糖質が高いことがわかります。

ヤクルト1本の糖質はコカ・コーラ100mlに相当する量となっており、ヤクルトを大量に飲めば太るのは明白と言えます。

②下痢・腹痛

乳酸菌が豊富に含まれるヤクルトは、乳糖不耐症と呼ばれる症状がある場合、飲み過ぎることで下痢や腹痛を起こす恐れがあります。乳糖不耐症は多くの日本の成人が患っているとされており、牛乳やヨーグルトなどに含まれる乳糖が消化できずに腹痛などを引き起こす病気です。

ヤクルトも乳酸飲料の一つであるため乳糖が含まれておりますが、許容範囲を超えずに飲めば問題ありません。しかし、乳製品を飲むことでお腹が緩くなりやすい人は、特に飲み過ぎには注意が必要です。また、大量のヤクルトを飲むと糖分の摂り過ぎによって気分が悪くなり、吐き気を催すこともあります。

③糖尿病など病気の恐れも

ヤクルトはカロリーや糖質が高いため、飲み過ぎると糖尿病などの病気にかかる恐れもあります。糖分は体に取り込まれることでインスリンが分泌され、エネルギーに変換されて血糖値を下げる働きを行います。

しかし、分泌されるインスリンよりも糖分の量が増えると血液の中の糖が多くなり、血糖値を下げることができません。その結果糖尿病にかかると、疲労感や手足の痛みなど体に様々な悪影響を及ぼします。

④虫歯になる恐れ

ヤクルトは糖分の含有量が高いため、飲み過ぎると虫歯になる恐れもあります。液体であるヤクルトを飲むと歯と歯の間に付いた糖分が歯に残りやすくなるため、継続して大量に飲み続けることで、虫歯のリスクは高くなります。

ヤクルトは子供も飲める飲料ですが、子供の乳歯は永久歯よりも柔らかく虫歯にもなりやすいので、ヤクルトの与え過ぎには注意してください。

ヤクルトの飲み過ぎにならない適量は?1日何本?

関連する記事

×