チンジャオロース(青椒肉絲)のカロリー・糖質は?ダイエット中の食べ方も紹介!

【管理栄養士監修】チンジャオロースのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、チンジャオロース(1人前)のカロリー・糖質量を他の炒め物と比較しながら紹介します。チンジャオロースのカロリーを消費するのに必要な運動量やダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. チンジャオロースのカロリー・糖質量は?
  2. チンジャオロース(1人前)のカロリー・糖質
  3. チンジャオロースのカロリー・糖質量を他の炒め物と比較
  4. チンジャオロース(1人前)のカロリー消費に必要な運動量
  5. チンジャオロース【具材別】の栄養価と効能は?
  6. ①牛肉(タンパク質)
  7. ②ピーマン(ビタミンC)
  8. ③タケノコ(食物繊維)
  9. チンジャオロースをカロリーオフして作る方法は?
  10. ①調味油を使わない
  11. ②牛肉を鶏ささみ肉に置き換える
  12. ③牛肉の量を減らす
  13. チンジャオロースのダイエット向きの食べ方は?
  14. ①一緒に食べるご飯を減らす
  15. ②よく噛んでゆっくり食べる
  16. チンジャオロースを食べる際の注意点
  17. 塩分過多によるむくみ・高血圧
  18. チンジャオロースのカロリーに注意して食べよう

ピーマンには、レモンの3倍ものビタミンCが含まれ、脂肪の代謝促進や疲労回復にくわえ、シミやそばかすを防いでくれるので美肌にも効果的です。

熱を加えると壊れやすいとされるビタミンCですが、熱や酸化から守ってくれるフラボノイドであるビタミンPがピーマンに含まれており、ビタミンPの働きで壊れにくくなっています。

また、ピーマンはカプシエイトという脂肪の燃焼を助けてくれる成分や、香り成分のピラジンが血流を良くして冷え性の改善にも効果があります。(※4)

住吉彩

管理栄養士

ピーマンにはビタミンEと言う栄養素も含まれています。ビタミンEには、血行良くしてくれる働きがあるので、代謝を高め痩せやすい体を作ってくれる働きがあります。他にもクロロフィルと言う成分が、腸内の有害物質を吸着して排出してくれるのでデトックス効果もあります。

③タケノコ(食物繊維)

タケノコに含まれる食物繊維は、腸の動きを活発にして便意を促し便秘の改善に効果があります。また、食物繊維には腸の中の善玉菌を増やして腸内環境を整える作用もあるのでダイエット中は意識して摂りたい成分です。

タケノコには高血圧やむくみに効果があるカリウムやストレス耐性のあるホルモンの分泌を高めてストレスに強い体を作るパントテン酸が含まれているので、ダイエット中のがまん対策にも効果的でしょう。(※5、6)

チンジャオロースをカロリーオフして作る方法は?

高カロリー、高脂質のチンジャオロースですが、カロリーを抑えてダイエット中でも食べられる方法を紹介します。

①調味油を使わない

チンジャオロースは食材を油通しをすることで味が良くなりますが、食材に油が入るためカロリーが高くなってしまいます。カロリーオフにするなら油通しをしないで作る方法を選びましょう。

肉の下味にでんぷんを少量混ぜて沸騰したお湯に湯通ししてから他の野菜と炒めれば、さっぱりとしたチンジャオロースができるのでお勧めです。さらに、テフロン加工のフライパンを使えば炒め油も減らすことができるでしょう。

②牛肉を鶏ささみ肉に置き換える

カロリー 脂質 糖質
鶏ささみ肉 105kcal 0.8g 0g
牛もも肉 182kcal 9.6g 0.5g

チンジャオロースには牛肉の細切りを使うのが定番ですが、牛肉は輸入肉で100gで182kcalと高カロリーです。牛肉を鶏ささみ肉に置き換えれば100gあたり105kcalになるので大幅にカロリーオフできるでしょう。

また、鶏ささみ肉は脂質も少ないので、カロリーと共に脂質の摂取量も減らすことができます。低カロリー・低脂質の食材を選べばダイエット中でもボリュームのあるチンジャオロースを愉しむことができるでしょう。

③牛肉の量を減らす

チンジャオロースの具材として使われる牛もも肉のカロリーは、100gあたり182kcalなので使用量を半分にすれば100kcal近くカロリーオフできます。ダイエット中でもチンジャオロースが食べたいという方は、牛肉の量を減らしてカロリーを抑えミネラルの豊富なキクラゲなどで栄養バランスを整えれば、無理なくヘルシーなチンジャオロースをいただけます。

チンジャオロースのダイエット向きの食べ方は?

チンジャオロースをはじめ中華料理はカロリーが高く、ダイエット中は避けることも多いでしょう。そんなダイエット中でもストレスフリーで満足感を得られる方法を見ていきましょう。

①一緒に食べるご飯を減らす

チンジャオロースには一緒にご飯も食べるので、カロリー・糖質量に注意が必要です。ご飯1杯のカロリー・糖質は以下のとおりで、いかに高カロリー・高糖質かがわかります。

ごはん(1杯160g)269kcal、糖質58.9g
ごはん(1杯120g)202kcal、糖質44.2g

ダイエット向きに食べるなら、食前にサラダを食べて血糖値の上昇を抑え、軽めのご飯でチンジャオロースをいただくようにしましょう。

②よく噛んでゆっくり食べる

関連する記事

×