酵素玄米をやめた人の口コミ|食中毒・危険などデメリットも紹介!

酵素玄米はやめた方がよいと言われる理由を知っていますか?デメリットが気になりますね。今回は、酵素玄米のデメリットや〈食中毒・危険・効果なし〉などやめた人の口コミを紹介します。酵素玄米の効果も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 酵素玄米はやめた方がよい?危険・効果なしとの声も?
  2. そもそも酵素玄米とは
  3. 酵素玄米をやめた人の口コミ
  4. 酵素玄米のデメリットは?食中毒になるからやめた方が良い?
  5. ①玄米は毒を含むという意見がある
  6. ②下痢・便秘になる
  7. ③食中毒のリスクが高まる
  8. ④炊飯器が追加で必要になる
  9. ⑤白米と比べて味が劣るとの意見も
  10. 酵素玄米にはメリットもある?
  11. 酵素玄米はやめた方が良いという声もある

酵素玄米はやめた方がよい?危険・効果なしとの声も?

健康やダイエットに良いとされる酵素玄米ですが、やめた方が良いとの声があるのも事実です。酵素玄米を食べるデメリットを感じたり、危険視したりする人がいるのにも理由があるようです。ここでは酵素玄米とは何かについて、やめた人の口コミも交えて説明します。

そもそも酵素玄米とは

そもそも酵素玄米とは発酵玄米や寝かせ玄米と呼ばれることもあり、玄米に小豆と天然の塩を混ぜて炊飯器で炊いて作ります。酵素玄米は炊飯器で炊いてから3~4日は保温した状態を保ち、熟成発酵させる必要があるのです。酵素玄米は稲の実からもみ殻を取り除き、ぬかや胚芽が残った状態の玄米とは大きく異なります。

色がつき栄養価が高い点は関わらないものの、普通の玄米より酵素玄米の方が食感が柔らかくもちもちとしているのが特徴です。酵素玄米は味よりも、もちもちとした食感を好んで食べる人が多いといわれています。

酵素玄米をやめた人の口コミ

健康や美容に良いと注目を集めた酵素玄米をやめた人の口コミを見ると、以下のようなコメントがあがっています。

・白いごはんの方が美味しい
・小豆の味が苦手
・ごはんの味が強いのでおかずと合わない
・炊飯器で保温し続けるとお金がかかる


酵素玄米をやめた人の多くが栄養価は高くても味が苦手で、続けにくいと感じているようです。また玄米と小豆と塩を混ぜて炊いた酵素玄米は炊飯器で保温し発酵させる過程で、電気代がかさむことに難色を示す人もいます。酵素玄米には食べても効果なしあるいは危険であるなどの声があるのも事実です。酵素玄米のその他のデメリットについては次章で詳述します。

しばっち

@hokatabi

玄米でいろいろググってると「酵素玄米」とかいう大変スピリチャルなものが散見されてアレ。作り方は玄米ご飯を炊飯器で3日保温し続けるらしい。もうダメだ

Keiko@人生迷ってるぜ

@keikob0c

巷で流行りの酵素玄米作ったんだけど、あんま美味しくないからリピはなしで。
姉御が作るとうまいんだけどな〜

いた子

@itaitaco

友達から酵素玄米を貰ってここ3日食べてたんだけど昨日から下痢😖調べたら早食い大食いだと下痢になるそう…私には向かない😔美味しかったから余裕できたら御釜買って本格的に取り組もうかなと思ってたのに残念😢でも早食いしたら下痢になるって小さい子供がいるお母さんは悠長に噛んでらんないよね🤨

酵素玄米のデメリットは?食中毒になるからやめた方が良い?

発酵玄米とも呼ばれる酵素玄米をやめた人たちに、作り方や含まれている栄養成分の影響によりデメリットがあると指摘されているのも事実です。ここでは酵素玄米を食べるデメリットややめた方が良いとされる理由について、詳しく説明します。

①玄米は毒を含むという意見がある

玄米と小豆と塩を混ぜて作る酵素玄米にはヒ素やフィチン酸、アブシジン酸が白米より多く含まれている農林水産省が警鐘を鳴らしています。酵素玄米に限らず玄米が白米より多くのヒ素を含んでいると発表する一方で、日本においては健康への悪影響は認められていません。

また酵素玄米を含めた玄米には鉄分や亜鉛などのミネラルの吸収を阻害する、フィチン酸も含まれていることをデメリットとする人もいます。しかし日本の食品薬品センターは安全性を確認したと発表しており、がんあるいは血栓症の予防やデトックス効果に注目しているのも事実です。

さらに酵素玄米並びに玄米には適切な時期まで栄養成分を閉じ込め、外敵から身を守りつつ芽が出るのを抑える発芽抑制因子も含まれています。玄米の発芽抑制因子が人間のミトコンドリアを傷つけるとの説があり、危険視する人もいるようです。しかし内閣府の食品安全委員会がは、アブシジン酸を含めた直物調整剤の安全性を確認しています。

②下痢・便秘になる

玄米と小豆と塩で作る酵素玄米は、白いごはんと比べると硬めに仕上がります。また酵素玄米にはぬかや胚芽も残り食物繊維が豊富なので、よく噛んで食べないと消化不良を起こし下痢の原因となる点もデメリットです。また酵素玄米を過剰摂取すると食物繊維の摂り過ぎにより、便秘の原因になることもあります。

③食中毒のリスクが高まる

酵素玄米は炊きあがってから3~4日は保温状態のままおき発酵させて作るので、食中毒のリスクが高くなると指摘されているのもデメリットです。一方で炊飯器は保温モードにすると70度を保つので、酵素玄米は雑菌が繁殖しにくいとの意見もあります。

しかし炊飯器の蓋を開閉する時に酵素玄米に雑菌が混入する可能性はあるので、季節によっては食中毒の原因となるかもしれません。

④炊飯器が追加で必要になる

酵素玄米は炊き上がってから3~4日は炊飯器で保温しておく必要があり、その間に食べるごはんを用意したい時には炊飯器が追加で必要になることもデメリットといえるでしょう。酵素玄米が炊き上がった後も、賞味期限とされる1週間は保温状態を続けなければなりません。炊飯器を複数持ったうえで1台は酵素玄米の保温状態を続けると、確実に電気代が増えます。

⑤白米と比べて味が劣るとの意見も

酵素玄米は白米と比べて味が劣るとの意見があるのも、デメリットといえるでしょう。酵素玄米はもちもした食感が人気ですが、白いごはんのような甘味は感じられません。酵素玄米と一緒に食べると美味しさを感じるのが難しい料理があるのも事実なので、白米派の人には食べにくいと考えられます。

酵素玄米にはメリットもある?

これまで酵素玄米のデメリットを紹介してきましたが、以下のようなメリットもあります。

・美肌効果
・デトックス効果
・むくみの解消
・イライラの抑制
・血糖値の上昇を抑制
・アンチエイジング効果
・がん予防


酵素玄米にはビタミンやミネラル、食物繊維など様々な栄養成分が含まれているので上記のような効果が期待できます。酵素玄米は玄米と小豆を天然塩を混ぜて炊いて熟成発酵させる過程で生み出される酵素により、GABAのように栄養価が上がる栄養成分もあるほどです。

また酵素玄米は完全食に近いとされており、一汁一菜でも必須アミノ酸すべてを摂取できるといわれています。近年は酵素玄米を炊く専用炊飯器やレトルトごはんも販売されているので、上手に活用するのも良いでしょう。

(*酵素玄米の効果について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

酵素玄米(寝かせ玄米)の効能は?ダイエット効果あり?口コミやデメリットなども紹介!

酵素玄米はやめた方が良いという声もある

健康や美容に効果があるとされる酵素玄米には、やめた方が良いとの声があるのは事実です。味覚や体質によっては酵素玄米を食べるとデメリットを感じやすい人もいるので、まずはレトルトなどで試してから続けるか否かを検討すると良いでしょう。

関連する記事

×