ゼラチンが有害・体に悪いって本当?添加物で危険?1日の摂取量や効果も紹介!

ゼラチンが有害・体に悪いのは本当でしょうか?添加物で危険なイメージもあります。今回は、ゼラチンが有害・体に悪いとされる理由や、取り過ぎるとどうなるかを1日の摂取量と紹介します。ゼラチンの健康効果・メリットや安全なおすすめ商品についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゼラチンは有害?添加物で体に悪い・危険って本当?
  2. そもそもゼラチンとは?原料は?
  3. ゼラチンは食品衛生法で使用・安全性が認められている添加物
  4. ゼラチンが有害・体に悪いとされる理由は?取り過ぎNG?
  5. ①人工甘味料
  6. ②原料の家畜が遺伝子組み替えの餌で育っている
  7. ③タンパク質の過剰摂取の恐れ
  8. ゼラチンの1日の摂取量は?毎日摂取はNG?
  9. ゼラチンの1日の摂取目安量は5〜10g
  10. ゼラチンは適量なら健康効果・メリットがある?
  11. ①関節・骨の状態改善
  12. ②美肌効果
  13. ③ダイエット効果
  14. 安全なゼラチンのおすすめ商品は?無添加・オーガニックはある?
  15. ①ゼラチンパウダー(1,944円)
  16. ②ゼラチンパウダー黒(2,100円)
  17. ③ゼラチンパウダー(1,280円)
  18. ゼラチンは有害ではないが取り過ぎは体に悪い!

ゼラチンは一般食品なので摂取量に制限はありませんが、1日の摂取量の適量は5~10gが目安となります。健康維持の為にも、ゼラチンを料理などに上手に取り込んで、毎日でも適量を摂取することをお薦めします。

ゼラチンは適量なら健康効果・メリットがある?

ゼラチンの主成分はコラーゲン由来のタンパク質で、全体の86%以上を占めています。ゼラチンは取り過ぎずに適量を摂取していれば、良い健康効果やメリットがあるのでしょうか。ここでは、ゼラチンを適量摂取した時の効果や効能について紹介します。

①関節・骨の状態改善

ゼラチンを摂取することによって体内でコラーゲンが作られやすくなり、骨粗鬆症の予防および改善や、関節炎の改善に繋がります。コラーゲンは細胞同士をつなぎ皮膚や骨・軟骨などの結合組織の構成成分であり、しなやかで丈夫な骨を作るために重要な役割を担っています。

②美肌効果

ゼラチンはコラーゲンの塊であり、肌の土台である真皮は70%がコラーゲンで出来ているので、ゼラチンを摂取することでシワやたるみの改善に効果が期待できます。潤いのある肌の為に必要なコラーゲンの摂取量は1日に5gで、肌の潤いや弾力の向上・シワ改善などの美肌効果のためには、5gずつ1週間取ることで効果が現れやすくなります。

③ダイエット効果

ゼラチンに含まれるコラーゲン由来のタンパク質は、筋肉を作り基礎代謝を向上させるので、ダイエット効果が期待できます。また炭水化物や脂肪もほとんど含まれていないのでカロリーが非常に低く、ゼラチンを摂取することで満腹感を高めるので、ダイエットに役立ちます。

安全なゼラチンのおすすめ商品は?無添加・オーガニックはある?

ゼラチンを毎日適量を毎日摂取するなら、体に悪影響を与えない安全な物を取りたいものです。ここでは無添加・オーガニックの安心で安全なゼラチンのおすすめ商品を紹介するので、参考にしてください。

①ゼラチンパウダー(1,944円)


*購入サイト|楽天市場*
ゼラチン 顆粒 220g

自然食・健康食の原材料・半製品の卸販売を行っている自然健康社の、香料や保存料などを使用していない無添加のゼラチンです。豚皮由来の純粋な顆粒ゼラチンを無添加で製品にしているので、安心して摂取することができます。

②ゼラチンパウダー黒(2,100円)


*購入サイト|楽天市場*
ゼリエース 粉末 ゼラチン 業務用 無添加 無着色

関連する記事

×