チューハイのカロリーは低い?居酒屋では?太りにくい飲み方やおすすめ商品も紹介!

チューハイのカロリーを知っていますか?高いのか低いのか気になりますね。今回は、チューハイのカロリーが高いのか・低いのかを、〈ビール〉など他のアルコール類との比較やカロリーの低い缶チューハイのおすすめランキング5選とともに紹介します。居酒屋で飲んだ時のチューハイのカロリーや太るのを防ぐ飲み方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. チューハイのカロリーは高い?低い?居酒屋では?
  2. チューハイのカロリーは割る物によって異なる
  3. 缶チューハイの種類別のカロリー比較
  4. チューハイのカロリーをビールなど他のアルコール類と比較すると?
  5. 居酒屋のチューハイは高カロリーになりやすいので注意
  6. 缶チューハイのカロリーが低いおすすめ商品5選!
  7. 5位:烏龍チューハイ(87.1kcal)|サントリー
  8. 4位:本搾りチューハイレモン(133kcal)|キリン
  9. 3位:タカラ焼酎ハイボール特製サイダー割り(101.5kcal)|宝酒造
  10. 2位:氷結ZEROシチリア産レモン(112kcal)|キリン
  11. 1位:Slatすらっとグレープフルーツサワー(70kcal)|アサヒ
  12. チューハイのカロリーで太るのを防ぐ飲み方も知っておこう
  13. ①就寝前の飲酒は避ける
  14. ②自分で割って作る・割り材は低カロリーな飲み物を選ぶ
  15. ③高カロリーなおつまみは避ける
  16. チューハイのカロリーで太らないよう注意しよう

チューハイのカロリーは高い?低い?居酒屋では?

チューハイは、居酒屋で注文したり家で飲むためにコンビニで購入したりなど、日常的によく飲まれているお酒です。ここでは、チューハイのカロリーは高いのか低いのかや、居酒屋で提供されるチューハイについて紹介するので参考にしてください。

チューハイのカロリーは割る物によって異なる

チューハイのカロリーが高いか低いかはアルコール度数にもよりますが、それ以外では割り材によって大きく異なります。また、各お店やチューハイの種類によってもカロリーはさまざまです。健康な身体作りやダイエットなどをしている人は、割り材にも注意して太りにくいチューハイを選ぶようにしましょう。

缶チューハイの種類別のカロリー比較

350ml缶1本当たり カロリー 糖質
99.99クリアレモン 210kcal 8.4g
ほろよい白いサワー 199.5kcal 34.3g
タカラcanチューハイレモン 199.5kcal 9.8g
-196℃ストロングゼロダブルレモン 189kcal 1.75~3.5g
檸檬堂定番レモン 168kcal 16.8g
男梅サワー 164.5kcal 16.45g
氷結シチリア産レモン 154kcal 12.6g
贅沢搾りレモン 150.5kcal 16.45g
こだわり酒場のレモンサワー 147kcal 1.4~3.15g
焼酎ハイボールレモン 147kcal 0g

缶チューハイにはさまざまなものがあり、種類やメーカーなどによってカロリーも異なります。缶チューハイのカロリーを平均すると、350mlの大きさ1缶で150kcal程度です。

ただし、缶チューハイの中には糖質やアルコール度数が高いものもあり、そのような缶チューハイは総カロリーも高くなっています。350mlを1缶飲むだけでカロリーが200kcalを越えることもあるので、ダイエットをしている人は缶チューハイを選ぶときに注意しましょう。

チューハイのカロリーをビールなど他のアルコール類と比較すると?

100gあたり カロリー 糖質
チューハイ(ソーダ割り) 40kcal 0g
チューハイ(ジュース割り) 50kcal 3.0g
ビール 39kcal 3.1g
日本酒 106kcal 4.5g
焼酎 206kcal 0g
ウイスキー 234kcal 0g
白ワイン 75kcal 2g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

チューハイのカロリーは、他のアルコール類と比較してもそれほど高くはありません。チューハイは、アルコールとしての原料が焼酎であることが多い飲み物です。醸造酒であるビールや日本酒、ワインは糖質が含まれていますが、焼酎はウイスキーと同じように蒸留酒に分類され糖質は0gとなっています。

焼酎はアルコール度数が高い分カロリーはありますが糖質は含んでおらず、このことがチューハイのカロリーを抑えている要因です。しかし、ジュースなど甘い割り材で割ったチューハイは、注意する必要があります。ジュースで割ったチューハイは、アルコール度数が高いだけでなく糖質が多く含まれるため、必ずしもカロリーが低いとは言い切れません。

居酒屋のチューハイは高カロリーになりやすいので注意

居酒屋のチューハイは、高カロリーになりやすいので注意が必要です。居酒屋などのお店では、チューハイを作るときに飲みやすくするために、甘いシロップやジュースなどで割ることが多いようです。そのため、居酒屋のチューハイは糖質やカロリーが高くなっている可能性があります。

缶チューハイのカロリーが低いおすすめ商品5選!

缶チューハイはカロリーや糖質が含まれていますが、中にはこれらが低いものも多く販売されています。ここでは、缶チューハイのうちカロリーオフのものなどカロリーが低いおすすめ商品を5つ紹介するので、太りにくい缶チューハイを選ぶときの参考にしてください。

5位:烏龍チューハイ(87.1kcal)|サントリー

出典:https://item.rakuten.co.jp/felicity-wine/sun0068-2/

味わいがすっきりとしており飲みやすいため、食事にも合う缶チューハイとなっています。アルコール度数は4%と低いため、特にお酒を軽く飲みたい人におすすめです。またこの烏龍チューハイは、糖質が0gと無糖で無着色、無香料なのも嬉しいポイントです。カロリーにおいても、100mlあたり26kcalと低い商品で太りにくいお酒となっています。

サントリー 烏龍チューハイ 335ml缶 24本×2ケース(48本):FELICITY Beer&Water【楽天市場】

4位:本搾りチューハイレモン(133kcal)|キリン

出典:https://item.rakuten.co.jp/nomnomenter/hyou-h20/

この商品は果汁が多く含まれており、リアリティーのある果実の美味しさをしっかりと楽しめる缶チューハイです。カロリーは100mlあたり38kcal、糖質は0.2~1.4gとなっており、缶チューハイの平均よりも低いので太りにくいでしょう。また糖類や香料、酸味料などの添加物が含まれていないため、添加物が気になる人にもおすすめです。

キリン 缶チューハイ 本搾り レモン 350ml 24缶入 2ケース(48本)※PPバンド:のむのむ楽天市場店【楽天市場】

3位:タカラ焼酎ハイボール特製サイダー割り(101.5kcal)|宝酒造

出典:https://item.rakuten.co.jp/likaman/710116-24/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_115_1_10002357

この商品は、元祖焼酎ハイボールの味わいを追求したチューハイとなっています。糖質ゼロ、プリン体ゼロ、甘味料ゼロで飲んでも太りにくい商品です。また、100mlあたりのカロリーは29kcalで、350mlを1缶飲んでも100kcal程度とカロリーも低めになっています。辛口でキレ味が爽快な強炭酸ですが、ほんのりサイダーの味を楽しみたい人におすすめです。

宝 サイダータカラ焼酎ハイボール 特製サイダー割り 350ml缶×24本1ケース 1本あたり122円(税別):お酒の専門店リカマン楽天市場店【楽天市場】

2位:氷結ZEROシチリア産レモン(112kcal)|キリン

出典:https://item.rakuten.co.jp/chaplin0038/10002611/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_115_1_10002357

この缶チューハイは、レモンの爽やかな味を楽しみたい人におすすめの商品です。シチリア島のレモンを主に使用しており、糖質ゼロやプリン体ゼロ、人工甘味料ゼロが特徴です。カロリーは100mlあたり32kcalと低いため、350mlを1缶飲んでもカロリーの摂取量が抑えられます。また、ビタミンCが摂れるのも、この缶チューハイの嬉しいポイントです。

キリン 氷結 ZERO(糖質ゼロ)シチリア産レモン 350ml ケース(24本入り):酒のチャップリン楽天市場店【楽天市場】

1位:Slatすらっとグレープフルーツサワー(70kcal)|アサヒ

出典:https://item.rakuten.co.jp/likaman/704188-24/

この缶チューハイは、グレープフルーツ果肉のつぶつぶとした味わいを楽しめることが特徴的です。アルコール度数は3%、100mlあたりのカロリーは20kcalで、糖質は0.6gとなっています。この数値は缶チューハイの中でもとても低いため、太りにくい缶チューハイを探している人におすすめです。

アサヒ Slat すらっとグレープフルーツサワー350ml缶×1ケース(24缶):お酒の専門店 リカマン楽天市場店【楽天市場】

チューハイのカロリーで太るのを防ぐ飲み方も知っておこう

チューハイは、カロリーやアルコール度数が高いものから低いものまでさまざまです。ここでは、チューハイで太るのを防ぐ飲み方について詳しく紹介します。チューハイのカロリーで太りにくい身体を作るためにも、ぜひ参考にしてください。

①就寝前の飲酒は避ける

就寝前にチューハイなどを飲酒することは、太る原因になるので避けましょう。チューハイなどのお酒には糖質が含まれており、カロリーも高いことがほとんどです。また、就寝前は昼間に比べると活動量が少なく、摂取したカロリーが消費しにくくなっています。そのため、就寝前に飲酒することによって、身体に脂肪がつきやすくなってしまいます。

②自分で割って作る・割り材は低カロリーな飲み物を選ぶ

チューハイなどのお酒は、自分で割って作るとカロリーが調節できるのでおすすめです。その際、お酒の割り材は以下のような飲み物を選びましょう。

・烏龍茶
・緑茶
・無糖の炭酸水
・無糖のコーヒー
・レモン汁


烏龍茶や緑茶などのお茶はカロリーが低いため、おすすめの割り材となります。そのほか、無糖のものを選ぶようにするのも太りにくいチューハイを作るポイントとなります。

また、フルーツジュースは甘くて美味しいですが、その分糖質が多く含まれていることがほとんどです。そのため、ジュースを割り材として使用するときは、レモン汁やレモンジュースを選ぶのがおすすめです。

③高カロリーなおつまみは避ける

おつまみは以下のようにさまざまなものが挙げられます。

【高カロリーなおつまみ】
・フライドポテト
・唐揚げ
・カマンベールチーズ

【低カロリーなおつまみ】
・野菜スティック
・冷やしトマト
・冷奴
・枝豆


チューハイなどのお酒を飲むときは、カロリーの高いおつまみを避けましょう。フライドポテトや唐揚げなどの揚げ物は、カロリーが高いおつまみの代表です。その他、カマンベールチーズにも脂質が多く含まれているので、注意が必要なおつまみとなります。

一方で、野菜スティックや冷やしトマトなどはカロリーが低く太りにくいためおすすめです。これらの野菜系のおつまみから、ビタミンやミネラルを摂取することができます。また、冷奴や枝豆などの大豆製品は、糖質が低くたんぱく質源になります。特にアルコール度数の高いお酒を飲むときは、消化吸収の手助けとして野菜や大豆製品を積極的に摂取しましょう。

チューハイのカロリーで太らないよう注意しよう

チューハイは種類がとても多く、アルコール度数やカロリーも商品によってさまざまです。缶チューハイの中にはカロリーや糖質が高い商品もありますが、一方でカロリーや糖質に配慮した太りにくいチューハイもたくさん販売されています。チューハイのカロリーで太らないよう注意しながら、チューハイを楽しんでください。

関連する記事

×